【アカシッククロニクル】隠れ強キャラを使って特定のキャラに対処しよう【瑠璃色航海も】

 ランク(順位) 戦士長(35388
 経験値  2,045
獲得バッジ
10記事達成攻略記事を10記事公開1記事で1万PV

隠れ強キャラで特定の敵に対処する!

アカシッククロニクルとは、スマホアプリの放置系RPGゲームです。

アカシッククロニクルについて、詳しくはこちらの記事をチェック!→ 【コチラ!

放置系のRPGゲームには必ず行き詰まる瞬間がやってきます。

アカクロとて例外ではなく、「進めねぇ…」となることが多々ありますよね。

私はその時のパターンが2種類であることに気づきました。

そもそも戦力差がありすぎて瞬殺されるパターン」と「あのキャラさえ倒せればいけそうなパターン」です。

前者は配置や戦略ではどうしようもないものですので、大人しく放置してキャラクターが強くなるのを待つのが良いでしょう」。

しかし後者は今からおすすめするキャラクターを育てると簡単に対処できてしまいます!

私も実際にそのキャラを育ててみて世界が変わりました(笑)

ということで今回は!

  1. 「敵のアリス強すぎ!?」アリスの対処法を教えます!
  2. 「バターンって味方だと弱いのに敵だと強くない?」バターンを倒そう!
  3. 瑠璃色航海の「後衛2体を先」「前衛2体を先」に倒す方法!

この記事は3分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってください♪

 

「アリス」の対処法

皆さんはアカクロのストーリーモードをプレイしていて、「敵にアリスさえいなければ…」と感じたことはありますか?

私は数えきれないくらいそんな経験をしています。

レベルも上がってきて色んなキャラクターを育てられるようになったある日、今までに使っていなかったとあるキャラクターを使っていました。

そこで気づいてしまったのです。「あれ?アリス余裕じゃない?」

さて、そのキャラクターはいったい誰なのか、予想をしながら見てみてください!

ちなみに私が以前作った「真の強キャラ早見表」にはランクインしていないキャラクターですよ。

【アカシッククロニクル】上位勢が実際に使う最強キャラとは?【アカクロ】

 

 

正解は「琥珀」でした!

キャラクター名琥珀
レア度SSR
タイプ武術
装備タイプ中装備
クラスハンター

アリスに対処するためのキャラクターは「琥珀」です。

琥珀はバトル開始と同時に敵1体と自身の位置を交換します。

場所を交換した敵を「弱点」状態にして、SPスキルで優先的にその弱点状態の敵を狙います。

つまりうまく使えばアリスのみを自陣に引き込み、周囲の味方と併せて袋叩きにできるのです。

しかも琥珀には体力を最大HPの45%失うと2秒間敵にターゲットされなくなるスキルもあるので、ただ敵陣に突っ込んで負けることもあまりないです。

体感で言うと琥珀は負け試合でも割と最後の方まで生きていることが多い気がします。

戦力差の問題ではなくアリスのみが倒せない(たまに生き残ったアリス1人に全滅させられるなんてことも…)場合には琥珀を使ってみましょう!

注意点としては「アリスのみが強いとき」にしか通用しないところです。

また自陣の後衛に切り込んでくるタイプの敵がいる場合には自陣に敵が溢れるといった状況になってしまうので、使い処に注意が必要です。

 

琥珀を配置する場所に注意しよう

琥珀が自身と場所を入れ替える敵の位置はランダムではなく、敵陣と自陣を対称に見た時同じ位置にいる敵と場所を交換します。

「完全に鏡合わせでないとうまくいかない」ということではなく、あくまで「同じ位置に配置されていること」が重要です。

うまく行かない時には何度か試して狙ったキャラクターと入れ替えられるように調整しましょう。

 

「バターン」のような”かたい前衛”の対処法

どの強キャラランキングを見ても失礼ながら万年下位ランカーのバターン。

私も上位勢が争う「栄光の闘技場」に選抜されたプレイヤーの使っているキャラクターでバターンを見たことがありません。

アカクロプレイヤーの中で共通認識としてあまり強くないとされているバターンですが、敵にいると妙に「かたい」と感じるときがありませんか?

攻撃しても攻撃しても倒れない、スタンさせる系のスキルも効果がない…。

そんなバターンに苦しめられているプレイヤーも少なくないはず。

しかし案外とあるキャラクターをパーティに入れるだけで簡単に勝つことができるのです。

今回紹介するのは3名のキャラクターです。

そこまで強キャラではないものの、たまに使っている人を見かける程度の3名ですので、こちらも予想しながら見てみてくださいね♪

 

①「ニュート」を使ってバターン以外の動きを止める

キャラクター名ニュート
レア度SSR
タイプ科学
装備タイプ中装備
クラスハンター

ニュートは一番近い敵をターゲットし、SPスキル発動後一定時間の経過でそのターゲット以外のキャラクターを4秒間戦闘から排除することができます。

つまりうまくいけばバターン以外のキャラクターの動きを止めることができるのです。

※動きの止まったキャラクターはこちらの攻撃も当たらないので注意

バターンはほとんどの確率で最前衛に配置されているため、ニュートのこのスキルを使えば袋叩きにすることができます。

注意点としてはニュートの防御が低いためにやられやすいことです。

SPスキルを発動する前にニュートがやられる、SPスキル発動したけど一定時間経つ前にニュートがやられるなんてことはザラにあります。

ニュートの安全を確保してから使うように注意しましょう。

 

②「ハーリー」を使ってバターンを封じ込める

キャラクター名ハーリー
レア度SSR
タイプ元素
装備タイプ軽装備
クラスサポート

ハーリーは戦闘開始時に一番戦闘力の高い相手に向かってマジックハットを飛ばします。

マジックハットに閉じ込められると6秒間戦闘から排除されます。(ニュートのスキルと同様)

このスキルでバターンを閉じ込めることができれば、バターン以外のキャラクターを先に倒すことができます。

バターンの厄介さは異常なまでのかたさですが、複数の味方で袋叩きにすることができれば簡単に倒すことができます。

注意点としては、マジックハットを飛ばす相手が指定できないことです。

敵単体の戦闘力はわからないので、バターン以上に強いキャラクターが敵陣にいるときは使えない手法です。

 

③「オーロラ」を使って運任せ

キャラクター名オーロラ
レア度SSR
タイプ元素
装備タイプ軽装備
クラスメイジ

「このゲームオーロラゲーじゃん」と一部の人に言わしめるほどのスキルを持ったオーロラ。

オーロラのスキルのターゲットになった相手を、20%の確率で2秒間凍結します。

つまり20%を引けば引くほど「敵の動きを止めて殴り放題」のような状況に持っていけるのです。

ただ、確率が下振れした時には瞬殺されたりもします(笑)

何度も何度もチャレンジしていればそのうち勝てるかもしれない、まさに運ゲーなのが特徴です。

今回紹介した3名はバターン以外にも「アルゴス」「ウラノス」「カーディアン」のようなかたい前衛すべてに有効だったりします。

敵の前衛が倒せない時にはぜひ使ってみてください。

 

「瑠璃色航海」を攻略しよう!

瑠璃色航海とは定期的に開催されているイベントのことです。

決められた条件で敵を撃破すると報酬がもらえる仕様となっています。

「20秒以内に勝利する」や「秩序ヒーローを4体以上出陣させる」などは簡単に攻略できても、つまずきがちなのが「敵の前衛/後衛2体を先に倒す」だと思います。

そこで先ほどの応用編として、狙った敵から倒す方法を簡単に紹介したいと思います。

 

敵の前衛2体を先に倒すには?

敵の前衛から先に倒す場合は、できるだけ火力の出にくいパーティを組んで徐々に削ってく必要があります。

①前衛を防御力の高いパーティで固める(ロイン、ウラノス、カーディアンなど)。

②後衛に火力が高いかつ敵の前衛から狙えるキャラクターを配置する(ヴェルス、ニュートなど)。

③残りのキャラクターはサポートに徹する(アンジェラ、アーカーシャ、花火など)。

ヴェルスは中衛に配置すると広い範囲の敵を攻撃することができますが、最後衛に配置することで敵の前衛にしか攻撃が届きません。

敵の後衛を倒してしまわないように前衛のキャラクターは攻撃力が低く防御力が高いキャラクターを選びましょう

 

敵の後衛2体を先に倒すには?

敵の後衛から倒す場合は、敵陣に切り込めるキャラクターを活用するようにしましょう。

①前衛を防御力の高いパーティで固める(ロイン、ウラノス、カーディアンなど)。

②後衛に切り込めるキャラクターを配置する(隼、セイバー、ランスロットなど)。

③残りのキャラクターはそれらのキャラクターのサポート、もしくは後衛のキャラクターから狙えるキャラクターを選ぶ(琥珀、神楽、天照など)。

単純に後衛に切り込むキャラクターを複数組み込んだパーティでも可能ですが、人数が足りない場合は琥珀、神楽、天照などを活用しましょう。

神楽は敵の一番HPの低いキャラクターを攻撃するので、敵陣の後衛を少し削っておけばそのキャラクターを追加で攻撃します。

天照は自身から一番遠い敵を攻撃するので、単純に敵の後衛から狙うことができます。

(琥珀は本記事で詳しく紹介しているので割愛します。)

育てているキャラクターと照らし合わせながらパーティを組んでみてください。

 

最後に

今回紹介したのは特定のキャラクターに対処するための方法でした。

シンプルに戦力が足りない場合は諦めが付くものの、敵1体のせいで行き詰まるとモヤモヤしますよね。

強キャラとまではいかないキャラクターだとあまり注目されないため見逃しがちですが、この記事を読んでぜひ色んなキャラクターを育ててみてほしいです。

他にもおすすめキャラをチェックしたい人は➡ 【こちら!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト