【あつまれどうぶつの森】今年の夏は自宅で豪華な海開き!砂浜を鮮やかに飾ろう!

ゲームの世界で海開き!

今年ももう半分が終わりました。

7月になったら、いよいよ本格的な夏ですね。

夏と言ったら海。

皆さんは海に行く予定はありますか?

コロナの影響で、海に行けないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「あつまれ どうぶつの森」のマイデザインを使って砂浜を彩る方法を教えちゃいます!

  • ハートスタンプを使った簡単な貝殻の書き方!
  • 星スタンプを使った簡単なヒトデの書き方!
  • 応用編!好きなものに立体感を出してみよう!

この記事は5分ほどで読むことができるので、ぜひ最後まで読んでください♪

初級 ~ハートのスタンプを使って貝殻を描いてみよう~

あつもりのマイデザインを開くと、簡単にハートが作れる「ハートのスタンプ」があるのをは知っていますか?

大中小の3つのサイズがあり、向きは変えることができません。

今回はこのハートのスタンプを、誰でも簡単に貝殻に変える方法を紹介していこうと思います!

今回は薄い青色を使って作成しましたが、何色でも作ることができるので色の紹介は省略しています。

ダイヤモンドの形にしよう!

まず、中サイズのハートのスタンプを押します。

ハートの上の部分を同じ色で埋めて、ダイヤモンドの形にしていきます。

ポイントとしては、下の尖った部分には手を加えないこと。

そして、上の部分を埋めるときは、平らではなく気持ち丸みを持たせて埋めることです。

左右対称になるように心がけましょう。

蝶番(ちょうつがい)の部分を書いて、貝殻の形にしよう!

ダイヤモンドの形が完成したら、下の部分に△(正三角形)をくっつけるイメージで貝の形にしていきます。

ここでも、左右対称を心がけましょう。

蝶番の部分が大きくなりすぎないようにすると、自然な貝に仕上がります。

1~3段階ほどあざやかさやあかるさを下げた色で囲み、貝に模様を入れよう!

スタンプに使用した色よりも、1~3段階あざやかさとあかるさを下げた色を使用して、貝に模様を入れます。

ポイントとしては、縁取るように貝殻全体を囲むこと。

そして蝶番の部分を塗りつぶすこと。

ぱっと見で3等分ほどに区切るイメージで線を引くこと。

直線ではなく蝶番の部分に向かうイメージで線を引くことです。

これでハートのスタンプを使った貝殻の完成です。

中級 ~星のスタンプを使ってヒトデを描いてみよう~

次に、星のスタンプを使用してヒトデを描いていきたいと思います。

星のスタンプもハートのスタンプと同様大中小の3つの大きさがあります。

こちらも、向きを変えることはできません。

星をヒトデの形に変えよう!

まず、好きな色を使って中サイズの星のスタンプを押します。

この時、気持ち薄めの色を選択しておきましょう。

今回使用した色は画像の通りです。

スタンプを押したら、画像のように1点を定めて、そこに向かって足を曲げていくイメージで変形させます。

こんな感じに曲げていきます。

左下のキャンバスを見ながら、滑らかな曲線を目指しましょう。

気持ち、元の星よりも足を長めにするイメージで描くといいでしょう。

内側を1トーン濃い色で埋めよう!

最初に描いたヒトデの内側を1トーン濃い色で埋めていきます。

使用した色は画像の通りです。

左下のキャンバスを確認して、はみ出さないように注意しましょう。

ポイントは、はみ出さないようにかつ大胆に埋めることです。

これで星のスタンプを使ったヒトデの完成です。

砂浜に設置する前に、陰影をつけよう!

先ほど完成した貝殻とヒトデを砂浜にそのまま設置すると、立体感がなく見えてしまいます。

よりリアルな貝殻を目指して、先ほど作成したものに陰影をつけてみましょう。

貝の下に影を描こう!

砂浜に貝を置くと、砂に影ができるであろうことを想定し、影を入れていきます。

使用した砂の色はいろあい左から4番目、あざやかさ右から8番目、あかるさ右から5番目です。

右上から光が当たっている想定で、反対側の左下にだけ影を入れていきました。

貝の本体にも陰影をつけよう!

下に影を入れたら、貝の本体にも陰影をつけましょう。

先ほどと同じく右上から光が当たっていることを想定します。

1トーン明るい色を使用して3等分した各模様の右側のみを埋めていきます。

この時真ん中のみ2トーン明るい色を少し入れるとより艶感が出ます。

これで貝殻に陰影が付きました!

ヒトデは本体には陰影をつけず、下にのみ影を入れよう!

ヒトデには、砂との接地面にのみ影を付けましょう。

使用した色は貝殻の時と同じく、いろあい左から4番目、あざやかさ右から8番目、あかるさ右から5番目です。

左上方向から光が当たっている想定で影を付けました。

ポイントとしては、すべての足に影を入れることです。

これも左下のキャンバスを見ながら、変形してしまわないように注意して影を入れましょう。

これで完成です。

応用編 ~流れ着いた瓶を描いてみた~

先ほどの陰影のつけ方の応用編です。

陰影のつけ方がなんとなくわかってきたら、今度は自分の好きなものを作って影を付けてみましょう!

今回私が作成してみたのは、砂浜に流れ着いた瓶です。

半分砂に埋まっていて、右側に海があることをイメージして作成しました。

描くものをイメージする!

頭の中にイメージしたのはこんな感じの瓶です。

わかりやすいように色を変えましたが、A~Eは全て濃淡の違う緑です。

砂は2種類使って濃淡を出しました。

今回は砂の上に瓶があるというよりは、砂に瓶が半分埋まっている感じです。

流れ着いた瓶、完成!

応用編なので描くところは割愛しました。

こうしてイメージした通りに作成していき完成したものがこんな感じ!

ポイントは、左下のキャンバスを見ながら瓶が直線になるように描くこと。

そして砂は2種類をランダムに配置し、のぺっとしないように描くこと、です。

 

こちらのマイデザインは公開していますので、参考にしてみてください!

実際に砂に貼ってみる!

実際にマイデザインを砂浜に貼り、昼と夜で比較してみました。

特に夜に走っていると、一瞬本物かと思うくらいでした。(自画自賛すみません…笑)

皆さんもマイデザインを作って、砂浜を飾ってみてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ライター紹介

ネフェパト
Nintendo Switchのゲームを中心に、マニアックな楽しみ方をお届けしています。
好きなゲームはファイアーエムブレム、ゼルダの伝説、ルーンファクトリー、スプラトゥーン、ポケモンなどです。

ゆるくプレイしながら、ゲームの魅力について伝えていきます!