【 Apex Legends 】勝率ワースト1位の新レジェンド「ヒューズ」を解説!

 ランク(順位) 神Lv23(2388
 経験値  14,105
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

登場後すぐに勝率ワースト1位になってしまった「ヒューズ」とは?!

シーズン8で登場した「ヒューズ」ですが、同スプリット1でランパートを抑え勝率ワースト1位を叩き出しました。

Apex の戦闘では重要なグレネードに関する能力だけ見ると強そうなレジェンドですが、敗北を重ね続けています。

そんな「ヒューズ」を知り、自分が使用する場合には勝利をもたらすレジェンドへ敵が使用している場合には攻略できるように解説していきます。

  • ヒューズは有利を維持できるレジェンド!
  • 使い方が分かれば勝てるかも?
  • 運営は強化するつもりなのか?!

ヒューズの長所と短所は?

ヒューズの能力をざっくり解説すると「グレネードを多く持てる」「分裂するグレネード」「円状焼夷グレネード」となっています。

全てにおいてグレネードが関与している程の爆弾魔です。

Apex ではグレネードの重要度が非常に高いハズなのに、なぜ勝率が低いのか長所短所に分けて調べていきましょう。

ヒューズの長所はグレネードで敵を固める!

ヒューズは通常の2倍グレネードを持てるため「投げ放題」とも言えます。

そこで、敵にダメージを与えるグレネードを投げるより、敵を移動させるグレネードの方が有効的です。

最近の Apex では射線を広げて攻撃する戦法が一般化されており、気付いたら囲まれている状況も少なくありません。

そんな中ヒューズが、大量のグレネードナックルクラスターを使って敵を一か所に集めてあげれば、あっという間に囲む事ができます。

遠距離に投げる能力も活用し、敵の上下左右にグレネードを投げて固めて、アルティメットで動けなくできれば完璧です!

ちなみに、ヒューズはグレネードを遠距離に投げられる能力のため、真上投げが強いフラググレネードは持たない方が良いでしょう。

ヒューズの短所は独自の強さが無い!?

ヒューズにはヒューズにしかできない事が無いのです。

一見グレネードに特化しているため独自性が抜群に見えますが、「グレネードを投げられない」レジェンドはいません。

完璧な誘導はできなくても、グレネードで選択肢を減らすくらいであれば他レジェンドでもできます。

また、敵の選択肢を狭めるアルティメットも、ジブラルタルやホライゾン、バンガロールの方が強いです。

ヒューズだから勝てた場面が生まれない限り勝率を上げるのは難しいでしょう。

ヒューズで勝つための使い方

Apexでグレネードを使用するタイミングは、敵を誘導する時が圧倒的に多いです。

なので、ヒューズで勝つためには誘導するグレネードの投げ方を知り、有利に立ち回っていかなくてはいけません。

また、ヒューズはパッシブでグレネードを遠くに且つ正確に投げられるので思った位置に投擲できますが、代わりに近距離へ投擲する難易度は高くなっている特徴を覚えておきましょう。

「誘導する」とは

当然ですが敵にグレネードを投げるとその場から離れるしかありません。

真下にグレネードが転がってきたら逃げる方向は360度ありますが、隣に転がってきた場合はグレネードと逆方向へ逃げるしか無いです。

以上を活かして敵を思うがまま動かすのが「誘導」となります。

誘導を行える場面は限られており、敵を移動させたい場面敵の逃げ道を塞ぎたい場面敵を動けなくして袋叩きにしたい場面、以上3つが行える場面です。

誘導を行い有利に戦闘を運べば例え勝率ワースト1位のヒューズでもチャンピオンへ辿りつけます!

では各誘導場面について解説を行います。

敵を移動させたい場面

敵を移動させたいとは、敵が有利な位置を取っていて戦闘を始める前から不利な場面の事です。

グレネードで一時的に有利な位置から動かせば「最低でも位置だけは」対等な状態で戦闘を行えるようになります。

具体的に何をどうするか例を交えて解説していきます。

まず戦闘を行う前に敵と自分達の位置を確認し、敵がどこへ移動した時に全員で攻撃できるか周りをよく見ましょう。

 

全員が攻撃できる場所は「広く障害物が無い場所」「近くに移動先が無く孤立している家や障害物」です。

早速このような場所へ移動せざるを得ないようグレネードを投げてみましょう。

確実に誘導をするため、戦術アビリティのナックルクラスターや複数のグレネードを使います。

前述の通り、移動させたい方向の逆側にグレネードを投げて徐々に移動させて戦う前から有利になりましょう。

敵の逃げ道を塞ぎたい場面

敵へ大ダメージを与えると逃げるのは当然ですが、グレネードを使えば逃がさない事ができます。

また上手いプレイヤーになれば、戦う位置が不利だと判断した時点で退避する場合も多いです。

そういった時には逃走ルートへグレネードを投げてあげましょう。

敵が逃げても攻撃してもダウンする状況が完成します。

Apex はチーム戦なので自分が撃っている敵に限る必要は無く、味方が戦っている敵の逃走ルートを塞ぐ戦術も強いのでオススメです!

高ランクになるほど敵を確実に仕留める重要性は上がるので大切な戦術となっていきます。

敵を動かしたくない場面

敵を移動させたい場面とは逆に、移動して欲しくない場面も存在します。

具体的には「詰める時」「敵だけ射線を広げられる時」です。

では敵が動けなくなるグレネードとは一体どういったものでしょうか?

正解は、建物なら出入口、岩陰ならば岩の両脇に投げるグレネードです!

ただし例外があり、こちらから一方的に攻撃できる出入口や岩の脇は投げる必要がありません。

理由はシンプルでグレネードを当てるより銃弾を撃ち込んだ方がダメージを与えられるからです。

このグレネードに対して敵が取れる行動は2つ、「アビリティで抜け出す」「動かない」だけです。

動かない場合はこちらの思惑通りに進み、アビリティで抜け出した場合は位置やアビリティの残存数でこちらが有利になります。

このような誘導で有利に戦闘を始め、有利なまま戦闘を終える役割を果たせるのがヒューズです。

どのレジェンドでも可能な戦術ですが、ヒューズは多くのグレネードを持てるため万が一の失敗も無く戦術を実行できます。

顔に似合わず丁寧な戦術で勝ちをもぎ取っていきましょう。

ヒューズが今後強くなる可能性は?

結論から言ってしまえば強化する予定は無いようです。

グレネードを撃てるアビリティや、テルミットグレネードの上位互換であるアルティメットは一歩間違えれば武器が無くても勝てる程強くなってしまいます。

ユーザーの意見として、ナックルクラスターのダメージをフラググレネードと同じくらいにするだとか、アルティメットをドーナツ状にするのではなく完全な円状になるよう中心も炎で燃えるようにするなど出ているようです。

運営が独自に試し調節をしている間は強化が来ないでしょう。

しかし、運営は勝率や使用率で修正を入れていきますので、このまま使用者や勝率が下がっていくようであれば強化が入ると思われます。

ダンディーなおじさんが今後どのように活躍するのか、Apex レガシーで評価は変わるのか楽しみで仕方ありませんね!

さいごに

ヒューズは新キャラにして勝率ワースト1位の偉業を達成したレジェンドですが、スキルを上手く使えば有利な状況を作り出せるおじさんです。

グレネードを使った誘導で敵を圧倒して、「トレーラーのヒューズ」みたいな余裕を見せつけていきましょう!

移動系スキルが重宝される環境の中で攻撃系なヒューズを活かすのは難しいと思われ使用率も下がっています。

しかし、逆に言えば攻撃系スキルで今とは全く異なる立ち回りを開拓できるレジェンドであります。

ぜひトライしてみてください!

APEXの関連記事はコチラ!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト