ジブラルタル 使い方・立ち回り講座

【ApexLegends】ジブラルタル使い方・立ち回り講座

 ランク(順位) 傭兵(110377
 経験値  445
獲得バッジ
1記事で1万PV1つのカテゴリーで10記事10記事達成

ジブラルタル 使い方や立ち回りについて一挙に説明!

ガンシールドやドームシールド、さらにはパッシブアビリティでの鉄壁を保有する防御の要たる ジブラルタル ですが、移動速度が遅く感じたり、ヒットボックスの大きさに戸惑ったりしてしまいうまく使えない方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなジブラルタルを使いたいけど使い方が分からないといった方向けにジブラルタルの使い方やおすすめの武器構成、立ち回りについてまとめていきたいと思います。

ドームファイトや基本ポジションにも触れておりますので、気になった方は是非最後まで閲覧いただけると嬉しいです。

本記事では以下の内容について記載しております。

  • ジブラルタルの基本情報
  • ドームファイトの戦い方
  • ジブラルタルの立ち回り方

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいって下さいね!

ジブラルタル (Gibraltar) 基本情報

まずジブラルタルの基本情報についてまとめていきます。

ジブラルタルについて知識のある方であればこの章は飛ばしてくださって構いません。

ジブラルタル (Gibraltar)

ジブラルタル
  • レジェンド名:ジブラルタル(Gibraltar)

※地名から取られたと予想されております。
ジブラルタルにはザ・ロックと呼ばれる巨大な岩山があり、ジブラルタルの鉄壁を想像させます。

  • 本名:マコア・ジブラルタル
  • 性別:男(Male)
  • 年齢:30歳

スキル

  • 鉄壁

被弾ダメージを15%軽減。さらに被弾による移動速度低下を受けない。

  • パッシブスキル

ガンシールド
照準器越しにエイムを行うとガンシールドが展開し、被弾を防ぐ。

エイムを行うことでシールドを手元に張ることができ、50ダメージ防ぐことができます。

クールタイム:10秒

  • 戦術アビリティ

プロテクトドーム
内側と外側両方の攻撃を15秒間ブロックするドームシールドを展開する。

外から内、内から外への一切の攻撃を15秒間封じるドーム状のシールドを展開します。

Apexをプレイしているプレイヤーならだれでも聞いたことのある、「ドームファイト」はこのプロテクトドームの周辺で戦闘を行うことを指しております。

「ドームファイト」については以降の章で説明しております。

クールタイム:20秒(効果が切れてから)

  • アルティメット

防衛爆撃
マークした地点に迫撃砲の集中攻撃を要請する。

開けた場所で使用すると強力な威力を誇るアルティメットですが、戦術アビリティと組み合わせて使用することで、自分への被ダメージを無くすことができます。

色々な使い方ができるアルティメットですが、最終円での使用がとても有効で、屋外の場合は相手がよけにくく強力な攻撃手段となります。

しかし1度使用してしまうと次に使用できるまで4分30秒もかかってしまうため、ラウンド4以降に2度使用したい場合はアルティメット促進剤を持つようにしましょう。

クールタイム:270秒(4分30秒)

ジブラルタル 特徴

ジブラルタルの特徴としてはなんといっても防御力の高さです。

ガンシールドで50防げるため同じシールドを着ていたとしてもアドバンテージが取れているため優利です。さらに鉄壁の被ダメージ15%カットもありますので、対面で1対1になると相当優利なレジェンドです。

どのくらい優利か以下で体力を計算しております。

白シールドの場合
100(体力)+50(シールド)+50(ガンシールド)=200
被ダメージ15%軽減のため 200÷0.85=235.29…
実質 HP:235.3

白シールド同士で戦うときにジブラルタル対鉄壁のないレジェンドで戦うと約85ダメージ分のアドバンテージがあります。

もちろんヒットボックスが大きいので、弾あたりはでは負けてしまいます。

そこをAIMと立ち回りでカバーすることでジブラルタルの強みを生かすことができるのです。

ドームファイト 戦い方編

Apexの動画などを見ているとよく聞く「ドームファイト」ですが、いったどんな戦い方なのでしょうか。ドームファイトのおすすめの戦い方を解説していきます。

ドームファイト とは

ジブラルタルの戦術アビリティであるプロテクトドームを使用して(主にショットガンで)ドームの縁を使って、被弾を抑えながらダメージを与える戦闘方法のことです。

ドームファイト

ドームファイトの基本ポジション

ドームファイトを行う上で重要なのは自分が以下のどっちのタイプなのか知ることです。

  1. ドームの内側で待っていて入ってきた敵を打つor一瞬外に出ながら打ってすぐに内側に戻る
  2. ドームの外側で待っていて出てきた敵を打つor一瞬中に入りながら打ってすぐに外側に戻る

基本的にどちらかになるかと思います。この二択は自分の好みの問題ですので、プレイしながらしっくりくる方をお勧めいたします。

色々な面から考えるともちろん内側を基本ポジションにするのが有利ではあるので、もしどちらでもよい場合や、これから練習をしようと思っている場合には基本内側にいることをイメージして行うと良いです。

また基本ポジションが内側であれば以下画像のポジションです。

外側であれば、ドームのギリギリ外側になります。

ジブラルタル _ ドームファイト02

極力ドームの境界付近に立って、一発撃ったらドームの境界を跨いで敵からの被弾を避ける。

また少し顔を出して撃って跨ぐ、この繰り返しです。

言葉で表すのは簡単ですが、実際にやると中まで入りすぎてしまったり、入り方が足りず弾がドームに阻まれたりとなかなか難しい戦闘方法です。

ドームファイトをうまく使いたい場合は練習をしましょう。

ドームファイトの練習法

ドームファイトの練習は実践あるのみです。

最初は射撃訓練場のデコイorフレンドがいる場合には、射撃訓練場でフレンドリーファイヤをオンにしてフレンドと練習してみてください。

ある程度戦えるようになったらマッチに移行します。

実際に使用するのはマッチでボイチャも繋いでいない敵ですので、相手の息を読むことが大事になります。

YouTubeなどの動画サイトでジブラルタルを練習している人がドームファイト1000本ノックというマッチでドームファイトを1000回するという動画を目にしたことがあります。

だんだんと上手くなっていくさまが見られて、練習にはもってこいなのではないかと思います。

気になった方はご自身で試してみてはいかがでしょうか。

少しハードルを下げて100本ノックでも十分身になると思います。

是非試してみて下さい。

ジブラルタル (Gibraltar)立ち回り編

ポジション編

ポジションは基本的に中衛、引き気味で戦闘する方は後衛です。

ジブラルタルはAIMしていないときはガンシールドも発動せず、せっかくの防御力を生かすことができません。

基本的には味方の近くで陣取りましょう。

引くときはプロテクトドームを使用して遮蔽物を作りながら引きましょう。

しかし攻めるときは敵の近くでドームを立ててあげたほうが味方が戦いやすくなります。

そのため味方が詰める場合はプロテクトドームを残しておいた方が良いので、味方の息を読むことが大切になります。

味方が詰めたい雰囲気の時は戦術アビリティのプロテクトドームを残しておき、アルティメットなどで相手から撃たれないようにしてから詰めるようにしましょう。

戦闘編

近距離の敵と戦う際はドームファイトで戦いましょう。ショットガンを持っていると優利に戦うことができます。
中遠距離の場合はしっかりとAIMしながらガンシールドを発動させて戦いましょう。
また、ヒットボックスが大きいため、遮蔽物の近くに陣取ることを忘れないでください。

~詰める編~

詰める際はジブラルタルは的になってしまうため、以下の選択肢が取れます。

  1. 遮蔽物を使って敵に詰める
  2. アルティメットを使用し、敵が撃てない隙に詰める
  3. 味方の戦術アビリティや、アルティメットを使用して詰める

ジブラルタル自身の戦術アビリティのプロテクトドームは戦闘で使用するために温存しましょう。

上記のどれかで詰めて近づいたところでドームファイトです。一人ずつ確実にノックダウンさせていきましょう。

~引く編~

引きながら戦う、というのはジブラルタルには難しいので、危なかったらすぐに引くという意識を常に持ちましょう。できれば〇ダメージ以上のダメージを受けたら引くなどの指標を立てたほうが良いです。

また、引く際のしんがりは機動力のある味方のレジェンドに任せ、安全なポジションまで移動しましょう。引く際の補助としてプロテクトドームを使用するのもよいと思います。

さらに敵との距離が離れて安全なところまで行ったら、味方を援護してあげましょう。

おすすめ武器構成編

おすすめの武器構成は近距離武器+中距離武器です。

近距離武器はドームファイトのためのショットガンがおすすめです。

AIMはした方が良いので、EVA-8というよりはマスティフやピースキーパーの方がいいでしょう。

中距離武器は主に味方の援護用や、ドームファイト以外での攻撃に使用するため、汎用性の高い使いやすい武器がいいと思います。

人によりますが、R-301やフラットラインがおすすめです。

また、引いて後衛として戦う場合は遠距離武器としてマークスマン武器を持ってもいいと思います。

G7スカウトやボセックボウなどです。

ショットガン+汎用性の高い武器にしましょう

「Apex Legends」撃ち合いで有利になる武器スキン4選!

 

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

志村
志村
主にApexに関する記事を執筆しております!
ご満足のいただける記事をこれからも書き続けますので応援よろしくお願いいたします!
過去に投稿した記事を確認したい際は以下をクリック!