【APEXLegend】できる初心者に育てるための心得

 ランク(順位) 神Lv23(2388
 経験値  14,066
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

初心者と一緒に遊ぶの難しいんやけど?

シーズンレガシーも後半へ!!新しく遊ぶ人がいるんだけど?

「初心者の友達ができたけど教え方がわからない!」

「立ち回りって何となくでやってるから、教えてといわれてもなぁ・・・」

「初心者は何がわからないのかがわからんっ!!」

そんな思い抱えていませんか?

どうも皆さんおはこんばんは!

KarasUです。この記事では、そんな初心者のお友達にAPEXを教えたい方向けの、記事となっています。

初心者がわからないことそれはゲームの遊び方

  • APEXはバトルロワイヤルである
  • APEXはアイテムを漁ることから覚える
  • ペースはよほどのことがない限り初心者に合わせる
  • アイテムの種類と武器の種類を覚えてもらう

バトルロワイヤルとはどのようなものか

「バトルロワイヤル?なんぞや?」と初心者の人は考えます。

細かく教えるのもいいですが、ざっくりと最初は教えることをお勧めします。

なぜかというと、遊んでみないとピンとこないからです。私もそうでしたので・・・。

細かい説明ではなく、ざっくりと「3人パーティー60人の中で、敵を倒して物資を強化して一位になるゲームだよ」と、教えてあげると一番わかりやすいと思います。

その後に、「サポートするから、一緒にやってみようよ。やっていけばわかるよ」と付け足すといいとよりGoodです。

まずは漁りから覚えてもらう

「さあ、初心者さんを連れ出して、まずはキルから取ってもらおう!」・・・っと、ちょっと待ってくださいね。

実は、その考え方って結構危険だったりします。

なぜかというと、「漁り速度」が違う場合、初心者さんはあなたについていくこともできません。

初心者の方は、アイテムを即時に判断することができないので、一つ一つアイテムを見て漁っていくことが多いです。

ですので、最初は漁る速度をある程度早めることから覚えてもらいましょう。

漁りが足らず、みんなが戦う準備ができてからでないと、「実は弾がない」「実は武器がない」といった状態でスタートとなり、

初心者の人はとても厳しい状況に置かれます。APEXは、3人で1チームのゲームです。みんなで足並みをそろえていきましょう。

出来れば経験者の方が敵がいないところに降りてから、漁りを覚えてもらうのが一番いいと思います。

(まあ、経験者の方はちょっとひまっこさんになりますが、我慢ですねっ)

アイテムの特徴は色で覚える

初心者の方は、経験者の人がわかることも全部わかりません。

それどころか、経験者の人が初心者のころにわかったこともわからない可能性があります。

その盲点となるのは、銃の種類と、弾の種類が一致しないとAPEXでも銃を撃つことができないということです。

「え?そんなのわかるっしょ?」そう思いましたか?

実は、多くの初心者の方がここで躓いているのです。

筆者KarasUも、多くの初心者さんを育成してきましたが・・・ほとんどの初心者さんは口をそろえて言います。

「弾拾ってるのに弾切れって言われる」と・・・。結構盲点なのです。ですので、

最初は、「武器の種類には色があって、オレンジがライト系の武器で、オレンジの武器はオレンジのライトアモしか使えないよ」と、教えてあげましょう。

「ヘビーは緑色」「エネルギーは黄緑(黄色)」「スナイパーは青」と覚えるといいと思います。

緊急時以外はできるだけ動きを合わせて

敵が来る、リングが迫ってくるといったハプニングがある場合は別ですが、それ以外の場合は初心者の方の漁り速度にできるだけ合わせてあげると、初心者の人は装備が整いやすくなります。

持っている武器名を聞いて、アタッチメントをピン指ながら、説明してあげたり・・・。

経験者の方はできるだけ早く漁って、敵が来ても撃退できる準備をしておくと、初心者の方は安心してアイテムを漁ることができます。

経験者の人が先に行ってしまうと、初心者の方は道もわからず、迷子になったり・・・。おいて行かれた場所で敵と遭遇した時は大変です。

そうなると、楽しめなくなってしまいますので、経験者の人は初心者の方にできる限り合わせましょう。

ただし、緊急時は別です・・・。思いっきり経験者として初心者の方を守りましょう。その場合は、あなたの思うがままに動いていいと思います。

ただし、その際に初心者の方を怒ったり攻めるでのは無く、「敵たくさん来てびっくりしちゃったね、大丈夫だった?あんな時もよくあるから、その時はごめんね」など、ちょっとした声掛けをしてあげるとなお良きだと思います。

慣れてもらうにはどうしたらいいか

  • 専門用語はできるだけ使わないかすぐに教えてあげる
  • 一回教えて事が抜けてももう一度やんわり教えてあげる
  • できたところは褒めてあげよう
  • できないときは理由を聞いてからアドバイス

簡単な専門用語でも初心者はわからない

「シールド巻いてる」「ここの敵弾くよ」「俺詰めるわ」「ジブラルタル激ローだからフォーカス合わせて」なんて言われて初心者の人はわかるでしょうか?

答えは「わかりません」です。初心者にもわかりやすい、優しい言葉を使ってあげましょう。

「シールド回復するね」「ここの敵こっちこないように撃つから手伝って~」「俺前出て敵に攻撃するね、これそうだった一緒に来て!」「ジブラルタル大分HP無いと思うからみんなであいつに攻撃しよう」

そんな感じでいいともいます。質問されたら答えることも大切です。そして、初心者の人が質問しやすい環境を整えるのも、経験者の方の役目でもあります。

クイズ形式に楽しく教えてあげるのも、楽しいかもしれません。楽しさを意識して教えたながら、専門用語も少しずつ覚えてもらいましょう。

教える回数は覚えるまで優しく

これについては、筆者もあまりできてないので。あんまり偉そうに言えないのですが・・・。

初心者の方は、何度も同じ指摘を受けると自信がなくなってしまうことが多いです。

私は「根気よく何度も教える」とやってきましたが、初心者の方に聞いてみたことろ余計なお世話というか、「怖い」とか「追い詰められてる」と感じる方もいらっしゃいました。

ですので、できなかったり覚えてなくても、「どうしてできないの?」ではなく、そういうものだと割り切ったほうがよさそうです。

大丈夫、初心者の人は、数を重ねるごとに確実に上手くなって、少しずつ覚えていきますので、気長にゆるりとやっていきましょう。

なぜできない?ではなく行動を認めることから

初心者の方は、できないのが当たりまえです。・・・まあそういうと聞こえが悪いのですが・・・。

初心者の人は、大体かなり頑張って、緊張しながら経験者の方についてきてくれます。

そりゃもう大変な思いをしています。「迷惑かけないように頑張らないと」「頑張ってついていかなきゃ」そんな中、経験者の人の思うように一緒に動けないのは当然です。

最初に倒されちゃった。フォーカスする敵が違かった。もうそうなると、大変ですよね。ですが、そうなるには理由があります。

「最初に倒された」=自分の場所に敵がいることに気が付かず敵に囲まれてしまった。または、どうしたらいいのかわからなかった。

「フォーカスする敵が違かった」=後ろにいた敵が気になった。どの敵に撃てばいいのかわからなかった。

行動には、必ず理由があります。初心者の人がなぜそうしたのかをしっかりと聞いてから、アドバイスをしてあげることが大切です。

まずは、相手の立場に立って、できなくても「でもこれはできた」というものを探しましょう。

「最初に倒された」といっても、何が起きたのかを聞けば、もしかしたら「撃ったけど撃ち負けた」と返ってくるかもしれません。

その場合は、「でもしっかりと撃ち合おうとしてあきらめなかったのはすごいよ」とほめてあげ、「次からはもう少しカバーできるようにするから、一緒に頑張ろう?」といってみてください。

きっと初心者の人も、向上心が芽生えるはずです。

何もできなかった場合でも、「ドンマイ」や「ナイスファイト!」と声掛けすることはとても大切です。

そもそも初心者の方はうまくなりたいのかなりたくないのかを確認する

初心者の方は、まれにですが「指摘やオーダーを嫌がる」人がいます。

指摘が要らなくて、ただ自由に遊んでいたい人の場合は、なるべく敵から遠い場所に降りてあげて、自由に会話をしながら戦略なども考えず、本能で遊ぶことをお勧めします。

人によってになりますが、初心者の方の中には、「司令塔」や「オーダー」の事を、「指示」という方もいます。

そんな意味を込めているわけでもないということは、筆者もわかっていますし、昔初心者だった筆者も、初心者の気持ちもわかるという、板挟みで複雑な気持ちなのですが・・・。

そういった場合は、わいわい楽しくといった感じのスタイルが一番かもしれません。

指摘やオーダーを嫌がる場合は、無理にオーダーなどをやってしまうと初心者の人は嫌になってしまいますからね。気を付けたい項目の一つです。

初心者の人がAPEXやめちゃった!一緒に遊んでいたのになんで?

  • 心の壁は初心者の気持ちにそり沿えないこと
  • 「介護プレイ」という単語はは絶対に言わない
  • 絶対置いてきぼりにしない
  • みんなで褒める、みんな声掛け

APEXは初心者に優しくないゲームであることを頭に入れて

APEXLegendsは、とても楽しくて、熱くなれる素晴らしいゲームです・・・。ですが・・・めっちゃくちゃ初心者には優しくありません。

おそらく、初心者の方がやめやすいゲームなんじゃないかなと思います。

始めたばりのころ、「ついていけない」「キルできない」「なにもできない」「挙句の果てには暴言われる」残念ながらAPEXって、そういう風潮が広がっていて、新規プレイヤーさんが定着しにくいゲームなんです。

私も最初にフレンドさんとマッチに入ったときに、何もできずに「Noob(初心者に向けた煽り言葉)」を使われて、1年くらいそこから放置していましたので・・・・

自分がゲームを楽しみたいのであれば、新規ユーザーは絶対に減らしてはいけません。

本来であれば、新規ユーザーの方が快適に遊べるように、経験者の方や運営が環境を作ることが大切です。

なかなか難しいことですが、初心者さんたちをうまく導いて、定着させてあげることでさらに楽しめると思います。

たくさんほめて、動きを認めてあげてください。一緒に笑って、楽しく遊んでいきましょう。

「介護プレイしますよ!」は絶対に言わない

「介護プレイしますよ!」筆者もよく言われました。

実はこれには、「僕らがリードしますよ!」という意味が込められていますが・・・それを知らない人が聞いたらどう思うでしょうか?

あまり良くない気持ちを抱くと私は思います。始めて遊んだゲームで、「介護プレイ」といわれた日には、私だったらゲームをやめたくなります。

「一緒に頑張ろう!」「サポートは任せて!」これでいいんです。

「介護プレイ」は絶対に言わないことです。逆に言われた人たちは、自分が言われてきた+言いたいからという人が多そうですが、やめてくださいね。

何といっても、悲しいですし、そんなこと言われた後では楽しめません。

みんなで楽しく遊べることを目指して

今まで紹介して、思ったことでしょう。

「あー、初心者と遊ぶなんて俺には無理だわwwww」と思った方もいるかもしれません。

これは、筆者が初心者のころに思ったことや、筆者が教えている初心者の方にアンケートをして書いた記事です。

つまり・・・筆者もできていません。偉そうな感じになっていますが、実は初心者の方を育てる、一緒に遊ぶってと~っても難しいんです。

むしろできる人のほうがいません。

ですので、この記事は参考程度に、あなたの教えて方で、やり方で構いません。

初心者の方に、どうか「優しく、遊びやすい環境を作って」あげてください。

私がこの記事で言いたいのは、これです。昔の私には、この環境がありませんでした。

逆に言えば、そこを生き抜いてきた戦士です。(自分で勝手にそう思っていますw)

だからこそ、この記事を書くことができました。

少しでも皆様のお役に立てていれば幸いです。

おわりに

いやー、それにしても・・・ヴァルキリー強いなぁ・・・。

空飛べるし、ミサイル撃てるし・・・登場シーンかっこいいし・・・。

あ、失礼失礼。

やってきました!シーズンレガシー後半戦!

楽しんでますか?楽しんでいるならうれしいですね~。

新しく出たアリーナモードや、マジでおかえりワールズエッジ!って感じで筆者も盛り上がっております。

APEXで新シーズンを盛り上がろう

さあ、というわけで・・・。これを読んでいるあなたも、初心者さんを連れ出して、APEXやってみませんか?

今でしたら、新しく始めた方もたくさんいらっしゃいますし、人気なゲームですのでみんなで盛り上がれること間違いなしです!

新しくできたアリーナモードもやってみてはいかがでしょうか?

さくっと遊べるので、時間が無くても短時間で遊べますよ~

【 Apex Legends 】対面の撃ち合いで勝てない人が意識するポイントはココ!

 

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト