【アークナイツ】イフリータの性能まとめ|超高火力のスキル持ち範囲術師

 ランク(順位) 戦士(43370
 経験値  1,509
獲得バッジ
1記事で1万PV25記事達成1つのカテゴリーで10記事攻略記事を20記事公開

星6範囲術師オペレーター「イフリータ」の特徴を解説

星6オペレーター「イフリータ」の完成形ができたので、そちらの性能を紹介します!

直線5マス (自身マス含め6マス) という特殊な攻撃範囲を持つ範囲術師のイフリータ。

アークナイツでは唯一無二の攻撃範囲であり、刺さるステージでは利用価値が高いオペレーターです!

攻撃力が非常に高く、全オペレーターの中でも10本の指に入る火力の持ち主。

そんな「イフリータ」のメリットとデメリットについて、当記事では紹介します!

端的にイフリータの特徴を上げると…

  1. 少ないSP量で2500以上のダメージを与えるスキル2「爆炎」
  2. 毎秒1400を超える術ダメージを20秒も与えるスキル3「灼獄」
  3. 範囲内の敵を一層する力を持つ素質「精神融解」
  4. SPの溜まるスピードが早くなる素質「精神融解」

この記事は3分程度で読み終わりますので、最後まで読んでいって下さいね。

イフリータのメリット

まずは、イフリータのメリットを紹介します!

スキル2「爆炎」

1つ目のメリットは、スキル2「爆炎」が強力という点です!

こちらは、次の攻撃時に攻撃力250%の術ダメージを与えるというもの (特化3) 。

「潜在2・レベル90・信頼度200」のイフリータは攻撃力1,015なので、2,500ダメージも与えられます!

また、敵には「3秒間は防御力-300・継続ダメージを受ける火傷状態」の効果を付与。

これにより、雑魚敵はもちろんのこと、高防御の敵だろうが面白いように溶けていきます!

特化3時の必要SPは7と低く、そのうえ3回のチャージが可能なので、連発して打つこともできます。

欠点は自動発動なことですが、通常ならびにイベントのステージで困ることは基本的にありません。

仮に困っても、そのステージだけは後述しますスキル3が手動発動なので、切り替えれば問題ないでしょう。

筆者の感想を述べれば、基本運用に最適であり、特化3にされるのがおすすめです!

スキル3「灼獄」

2つ目のメリットは、スキル3「灼獄」もエゲつない点です!

こちらは、攻撃範囲内かつ地面にいる敵全員に攻撃力140%の術ダメージを与えるというもの (特化3) 。

1発のダメージは爆炎に劣るものの、こちらは毎秒 (継続時間20秒) ダメージを与えるものなので、総計でいえば灼獄の方が上になります!

単純計算だと「1,015×140%×20秒=28,420」もの術ダメージ。

外装の整う高防御の敵だろうが、まとめて溶かすという意気込みを感じます!

このスキルが凄いのは、発動時に敵の術耐性をマイナス20にすること。

先述しました28,420以上のダメージを与えられるので、多くの敵は生き延びられません。

これだけのスキルながらSPは28と低く、後述します素質により高回転で放つことが可能。

難易度の高いステージにて重宝すること間違いなしのスキルなので、特化3まで強化されるのがおすすめです!

素質「ライン回路」

イフリータは、素質を2つ持つオペレーターです。

そのうちの1つ「ライン回路」は、SP回復に特化した素質となっています。

どのような素質かというと、5.5秒毎に通常回復とは別にSP2回復するというもの (潜在による強化含む) 。

短時間でSPが満タンになりやすく、つまりは高火力のスキルを何発も発動できるのです!

素質「精神融解」

もう1つの素質「精神融解」は、敵の術耐性を下げるというもの!

攻撃範囲内にいる敵の術耐性を44も下げるので、ただでさえ火力の高いイフリータを前にして立ち続けられる敵は居ません。

この素質と相性が良いのは、これまたスキル3です。

スキル3は発動中に限り敵の術耐性をマイナス20にするので、この素質と合わさると合計64も下げられます!

敵をイフリータの攻撃範囲に誘いこむことができれば、後には微塵も残りません。

前衛ながら術ダメージを与えられる「ムース」や「ソーンズ」。

足止めしつつ術ダメージの攻撃を行える重装「ジュナー」や「アスベストス」。

これらのオペレーターと組み合わせれば、大概の敵には勝てることでしょう!

イフリータのデメリット

続いて、イフリータのデメリットを紹介します。

範囲術師なのでコストが高い

1つ目は、範囲術師の宿命ともいえるコストの高さです。

イフリータの必要数は34と高く、かなりのコストを準備することになります。

潜在によりマイナス2 (コスト32) になるものの、それでも高いことに変わりありません。

そのため、ステージに配置させるとなると中盤~終盤。

序盤に配置させるならば「テンニンカ」や「エリジウム」の採用が必要となるでしょう。

攻撃範囲の好みが分かれる

イフリータといえば、直線5マスという他にはない独自の攻撃範囲です。

これをメリットと感じるかデメリットに思うかは、人によってバラけます。

筆者はメリットに思うので、初見ステージの攻略メンバーに入れるほど、イフリータはお気に入りのオペレーターです!

そんなイフリータですが、あまりに特徴的な攻撃範囲を持つせいか、それを運営も分かっているのか高難易度になるほど刺さるステージが少ない気がします。

ただ、前方1マスでも空きがあればイフリータの攻撃範囲には変わりません。

刺さるステージでの一層する爽快感は無いものの、殲滅力の買っての使用ならおすすめです!

さいごに (総評)

筆者の感想をいえば、イフリータは育てておいて損はありません。

特に「高火力でバチボコに殴る」という脳筋スタイルの人には、相性の良いオペレーターではないでしょうか!

通常とイベントのステージ問わず、十分に活躍してくれるオペレーターです。

危機等級で25以上を目指すとなると他のオペレーターの運用に軍配は上がりますが、18までなら十分に期待できます。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

Ryu
Ryu
在学中にはブログを、卒業後は海外でライター修行をしていました。
ホームページ運営歴7年、Webマーケ歴5年の力を活かし、1日3時間以上はプレイするアークナイツ (Arknights / 明日方舟) の情報を発信します!