【アークナイツ】シージの性能まとめ|先鋒なのに攻撃力2000を実現!?

 ランク(順位) 軽戦士(45384
 経験値  1,636
獲得バッジ
1記事で1万PV25記事達成1つのカテゴリーで10記事攻略記事を20記事公開

【アークナイツ】シージの性能まとめ

星6の先鋒オペレーター「シージ」の性能を紹介します!

低コストながら高い攻撃力を持ち、先鋒の役割であるコスト回復も務める「シージ」。

最初に配置すれば安定感が生まれ、戦闘を優位に進められる優秀なオペレーターです!

当記事では、そんな「シージ」のメリットやデメリット、性能など詳しく解説します。

  • スキルは2番目が強いので序盤でも使いやすい!
  • 周囲で敵が倒れるとSPを回復するのでスキルを打ちやすい!
  • 最初から最後まで生き残れる高火力の先鋒オペレーター!

この記事は7分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

「シージ」のプロファイル

プロファイル画像
コードNシージ
リアルNヴィーナ
性別
戦闘経験5年
出身地ヴィクトリア
誕生日7月10日
種族アスラン
身長172cm
感染状況非感染者
絵師Infukun
声優川澄綾子
詳細信頼潜在
HP2251××
攻撃力515+60+25
防御力384+25×
術耐性0××
再配置遅い×-4
COST14×-2
ブロック2××
攻撃速度普通××
職業先鋒攻撃範囲
募集条件近距離 / COST回復 / 火力
特性敵を2体までブロック
素質万獣の王配置中、味方【先鋒】の攻撃力、防御力+8%
粉砕隣接4マス内で敵が倒れた時、SP+1

「シージ」のメリット

ここでは、シージの編成するメリットを紹介します!

使用率の高いスキルが2番目の「スカイスマッシュ」

アークナイツでは、最高レア (星6) のオペレーターは非常に強力。

ただ、その多くが「スキル3の使用が前提」という点に目を逸らしてはいけません。

例えば、アークナイツにおいて最強と謳われる以下の4人は、いずれもスキル3の使用が前提です。

  • スルト
  • ソーンズ
  • シルバーアッシュ
  • エイヤフィヤトラ

確かに、これらのオペレーターが放つスキル3は非常に強力なものばかりです。

しかし、昇進2にならないと覚えないことから、育成が追い付かずアークナイツを始めたてのころは使い勝手が悪く感じることも。

一方で、シージの運用はスキル2を採用することが多いため、ある程度の強さを昇進1で確立できます!

序盤で頼りになることが間違いないオペレーターなので、リセマラにもおすすめのオペレーターです。

素質「粉砕」により何度もスキルを打てる

シージは「隣接4マス (上下左右) で敵が倒れたら1sp回復」という素質を持ちます。

これにより、シージは高回転で何度もスキルを実行できる点がメリットです!

上述した通り、シージはスキル2で運用することが多くなると思うのですが、このスキルが「自身の周囲にいる敵全員に340%の物理攻撃」を行うというもの。

敵を倒すことに特化したスキルなので、素質との相性が非常に良い点もメリットに感じることでしょう!

「シージ」のデメリット

ここでは、シージのデメリットと思う点を紹介します。

「万獣の王」の対象が先鋒のみ

シージは「配置中に味方先鋒の攻防+8%にする」という素質を持ちます。

この素質、一見するとメリットに思いますが「先鋒のみ」という点がデメリットです。

そもそも、編成枠12人のうち、先鋒として連れていくのはシージを含めて2人程度。

そのため、戦闘で恩恵を感じられるオペレーターが少ないという点から、デメリットに挙げました。

ただ、あくまでも「少ない」というだけで、配置すれば自然とバフ効果を発動できる点は優秀。

また、このスキルはシージ自身も効果を受けられる対象なので、そういった視点からは非常に有能な素質です!

先鋒の中では配置コストが高い

他の先鋒オペレーターと比べ、シージは配置コストが高い傾向にあります。

例えば、同じ特性 (ブロック2体) の先鋒オペレーターと比較したときの配置コストは、以下の通り。

画像コスト (潜在1)コスト (潜在6)

シージ
1412

ズィマー
1311

テキサス
1311

クーリエ
1210

バニラ
119

フェン
119

スカベンジャー
108

このように、シージは星6だからか、配置コストが多少は高い点には注意が必要です。

ただ、筆者がシージを編成したときの感想を言えば、序盤で配置できず慌ててしまうような差ではないので、そこまで気になりません。

また殲滅力が高いため、低コストながらも火力の弱い先鋒を配置するぐらいなら、シージを配置する方が得策とも思えます。

シージではなく低コストの先鋒を編成するのは、敵の侵攻してくるスピードが速いステージ (例:7-4など) では良いかも知れません。

しかし、それ以外のステージにおいては、シージで十分かと思われます!

コスト回復に長けた先鋒オペレーターではない

先鋒オペレーターの役割に「所持コストの増加」がありますが、この役割がシージには向いておりません。

というのも、シージの編成時は主にスキル2「スカイスマッシュ」を採用することになると思うのですが、そのスキルが所持コストの回復に向いていないからです。

一応、このスキルを発動することで3コストの回復を図れるものの、所持コストの回復に特化したスキルに比べると少々の遅さを感じます。

そのため、コストを急速に貯める必要があるときは、スキル1にするか別の先鋒を (も) 編成されると良いでしょう。

さいごに (総評)

高火力のオペレーターは高コストが多い中で、シージのコストは「14」なので割と低め。

ある程度は所持コストを回復しつつ、高い火力により序盤の敵程度なら一掃してくれるので、編成できれば心強いと感じます。

デメリットを挙げれば、抜きんでるような圧倒的なまでの殲滅力はないことかも知れません。

ただ、先鋒という役割を考えれば、シージ以上に最適なオペレーターは居ないと考えます!

筆者個人の意見を言えば、シージは最も編成する機会の多いオペレーターです。

そのため、手に入れる機会があれば絶対に入手されることをおすすします!

アークナイツの「まとめ」はこちらから!

当サイトには、アークナイツの基礎情報をまとめた記事を用意しています!

こちらでは、各オペレーターの性能から、アークナイツの気になる情報を1つにまとめて掲載。

参考になると思いますので、ぜひ確認してみてください!

アークナイツまとめ情報|ステータス・攻略情報・最強キャラなど解説

また、シージの職業である「先鋒」のオペレーターをまとめた記事も用意してあるので、こちらもご参考ください。

【アークナイツ】先鋒まとめ一覧|育成すべき最強のオペレーターとは

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

Ryu
Ryu
在学中にはブログを、卒業後は海外でライター修行をしていました。
ホームページ運営歴7年、Webマーケ歴5年の力を活かし、1日3時間以上はプレイするアークナイツ (Arknights / 明日方舟) の情報を発信します!