【アサルトリリィ Last Bullet 】謎の生命体から地球を救え!武器を携えた美少女達の戦いを描いたストーリー!

 ランク(順位) 神Lv23(2388
 経験値  14,066
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

本記事について

本記事は、執筆者がアサルトリリィ Last Bullet をプレイした上での印象を記載したものです。

  • 武器×美少女の魅力がぎっしり詰まった作品
  • ソシャゲと侮ることなかれ、戦略性の高い戦闘システム
  • 初心者にも優しい設計、工夫がありがたい

この記事は5分で読み終わりますので是非、最後まで読んでいってください。

アサルトリリィとは

人類の脅威である謎の生命体「ヒュージ」と戦う、決戦兵器「CHARM(チャーム)」を手にしたリリィと呼ばれる少女達の、死闘を描く物語。

模尾花沢軒栄さんが原作の武器×美少女の世界観を用いた作品

当時は、アニメ化やゲーム化といった予定はなく、1/12 アクションドールやフィギュアとして「アサルトリリィ」が展開されていました。

そこへ、言わずと知れたブシロードが加わり、2019年から「アサルトリリィプロジェクト」としてアニメ化やゲーム化が進んでいくことになります。

武器×美少女をテーマに据えた作品であり、アニメでは、可愛らしさだけに留まらず戦いの苛烈さや、少女達の絆など、見所が満載です。

アサルトリリィ Last Bullet(ラスバレ)とは

ラスバレは、アニメでは語られなかった、他のキャラクター達へも焦点を当てた「ソーシャルゲーム」。

アニメ版のアサルトリリィは、地球の脅威である「ヒュージ」と戦う、百合ヶ丘女学院の「ラーズグリーズ」を中心とした物語の展開です。

しかし、本作「アサルトリリィ Last Bullet(以降ラスバレ)」は、百合ヶ丘女学院だけでなく、その他の学院やキャラクターへ、焦点を当てたゲームです。

「ソーシャルゲーム」という形を取ることで、数多に居るキャラクターの物語を、一つの作品の中で掘り下げることができるようになりました。

タイトルアサルトリリィ LastBullet
ジャンルバトルRPG
対応機種iPhone/Android/PC
発売元株式会社ポケラボ
プレイ人数1~9人
発売日2021/1/20

さらに、本作品はアニメの物語を追体験可能

アニメを見るチャンスがなかった人でも、問題なくゲームを楽しめるよう作り込まれています。

イベントストーリーと違い、いつでも読み直すことができるのも良い点ですね。

ラスバレの魅力

単なる美少女ゲームでは収まらない、戦略性の高いシステムを携えた逸品。

「アニメ版アサルトリリィ」としての魅力を言えば、少女達を中心に描かれる重厚なストーリーやアクションシーンといえます。

アニメにも劣らない工夫も多数

ラスバレは、そんなアニメの重厚さを損なっていません。

その上で各キャラクター達の戦いぶりや、アニメでは語られなかった主人公達の裏話、新たなストーリー展開など、アニメでの魅力をしっかりと活かし、新たな展開へと持ち込んでいます。

また、イベントとして新規のストーリー展開もあり、キャラクター達の個性が一層強く、表に押し出されてきています。

魅力的な「戦略性」

プレイヤーはガチャで入手したキャラクター、リリィをユニットとして編成し、戦闘に臨みます。

このリリィですが、各リリィ毎に「レアスキル」と呼ばれる、戦闘中一度だけ使える特殊能力が存在し、戦う相手によってユニットでの組み合わせを考える必要のある場面があります。

戦略はリリィだけじゃない!

いわゆる攻撃カードのような役割を持つ「メモリア」、武器として装備する「CHARM(チャーム)」、発動することで一定時間味方全体を強化する「オーダー」といった様々な要素があります。

さらに、リリィごとに役割も違うので、編成の仕方次第では長期戦に向いていたり、短期決戦に持ち込んだり出来ます。

この他にも魅力は多数ありますが、一言では語り切れないのでざっくり説明します。

  • ゲーム内でも武器を手に動き回るリリィがかっこいい!
  • 戦闘時、関係性の有無で掛け合いのあるキャラクター達!
  • メモリアごとに設定されている、ちょっとしたストーリーなども見所!
  • 頻繁にコンテンツの追加が行われ、退屈させないゲーム!

物語やバトルを盛り上げてくれる音楽や挿入歌の存在

耳障りの良い音響効果と、音楽、クライマックスシーンで流れる挿入歌により、没頭できるストーリー展開。

ラスバレの魅力としては、音楽の存在も外せません。

日常パートに流れる音楽もそうですが、緊迫した場面で用いられる音楽もまたストーリー展開や、戦闘シーンを盛り上げてくれる重厚な音響が使われています。

私は大抵、ソシャゲの物語を読み飛ばしてしまうのですが、音楽による盛り上がりにより、アニメを見ているような感覚でストーリーを楽しむことが出来ました。

物語と戦いを最高潮まで盛り上げてくれる挿入歌!

クライマックスシーンでは挿入歌が流れることもあるのですが、戦闘シーンでも挿入歌が流れているので、戦いそのものを盛り上げてくれる演出がとても熱かったです。

挿入歌も一つ二つではなく、そのシナリオに関わるものが流れるので、没入感も十分と思いました。

不満点や改善点など

ゲームとしての大きな不満は、特にありませんでした。

フルボイスではないが故の欠点

致し方ないとしても、イベントストーリーではキャラクターの汎用音声が使われています。

使い方に違和感があり、イベントストーリーの盛り上がりに水を差すような場面がありました。

フルボイスにしなくても良いのですが、そこだけが少々残念な点です。

まとめ

全体的に、キャラクターの魅力を引き出し、ゲームとしても楽しめる素晴らしい作品!

不満点を書きはしましたが、やはり最近の美少女主体のソーシャルゲームとしてはキャラクター性が優秀で、個性の埋もれないような作り込みは良いと思います。

ここ最近ではあまり珍しくなくなってきましたが、オート戦闘システムもあるので時間が無くても周回をしやすい機能があったりして、ライトユーザーにも取っ付き易く作られているのも良い点です。

初心者にも優しい設計と、無料ガチャの存在

各種機能を初めて見る時には、丁寧な説明が入るので、初心者にも継続しやすい作りになっているところも、評価できます。

また、毎日一回無料十連ガチャを常時開催してくれていること、天井が割と無料でも到達しやすいことなど、個人的にありがたい点も多々あり、私としてはおすすめの逸品です。

もし「ちょっと耳に挟んだけど触ったことが無い」とか、「プレイヤーの介入なく、純粋に女の子だけの遣り取りが好き」という人にはお勧めできる作品ですので、一度触ってみても良いかと思います。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト