【ガルパ好き集合】おすすめ音ゲー10選!【BanG Dream!】

 ランク(順位) 神Lv23(2388
 経験値  14,066
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

はじめに

今回はガルパが好きな方に是非ともおすすめしたいゲームをまとめました!

以下の記事では以下の順に紹介していきます。

  • オーソドックスな音ゲーをやりこみたい!
  • 変化球のある音ゲーを楽しみたい!
  • キャラクターやストーリーも楽しみたい!

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

オーソドックスな音ゲーをやりこみたい!

まずはシンプルに「音ゲーが好き」という方におすすめの4選です。

ラブライブ!

こんなゲーム!

  • シンプルな音ゲーの最高峰!
  • レアカードやダイヤが収集しやすい
  • 名曲が多い

まずは絶対外せない王道作品から。

いまやアニメも2.5次元ライブも人気のコンテンツですが、そもそもはこの音ゲーからスタートしています。

昨今は回転したり止まったりと個性的な音ゲーが目立ちますが、こちらは余計な小細工が一切なく、シンプルに音ゲースキルが高い方が高スコアを残しやすいです。

もちろんURレアカードがないときついですが、ログインボーナスやクエスト達成プレゼントが豊富なので、コツコツやればすぐに優秀カードを集められ、無課金でも十分に楽しめるゲームです。
キャッチ―で耳に残る名曲も多いですよ。

ヒプノシスマイク

こんなゲーム!

  • 男性声優好きにはたまらない
  • 基本的にオーソドックスでもギミックにも拘りがある
  • 曲数が多い

男性声優×ラップのプロジェクトとして一世を風靡したアニメのゲーム作品。

ストーリーはアニメ・マンガとは違う完全オリジナルストーリーになっています。

基本的にはオーソドックスな音ゲーですが、DJがモチーフな作品のため「スクラッチノーツ」という、長押ししていると回転するギミックが特徴的です。

このギミックにより好き嫌いは分かれるかもしれませんが、DJ感覚を味わえますし新感覚なので是非挑戦してみてほしいです!

曲数も随時解放型ではなく、初期状態で50曲を超えているので、DL直後すぐに楽しめることもポイントです。

SUPERSTAR YG

こんなゲーム!

  • K-POP好きにはたまらない
  • アーティストカードを収集できる
  • シンプルなゲーム性

YG Entertainmentのアーティストの楽曲がリズムゲームで楽しめるアプリです。

有名どころですと「BIGBANG」や「2NE1」、「BLACKPINK」など。
もちろんそれ以外の注目アーティストたちの曲も遊ぶことができ、新しく好みのアーティストを見つけられる楽しみがあるのがいいですね。

また、「BIGBANG」の曲なら「BIGBANG」のカードしか使えない、など縛りがあるので、沢山プレイして沢山カードを集めることが必須になります。

難しいギミックは特にないので、サクサク楽しめます。

Tap Tap Beat

こんなゲーム!

  • ヒット曲でプレイしたい方におススメ
  • 無課金でもたくさんの曲を原曲のまま楽しめる
  • シンプル且つ難易度高めなゲーム性

なんと全曲本人の原曲で遊べる、カバー曲0の良ゲー

広告が多いのは気になりますが、見ると楽曲が解放されたり報酬が増えたりするので、まぁ許容範囲かなと思います。

心なしか判定が優しい気がすることと、イージーモードでも800近く流れてくるので、なめてかかると意外とやりがいがあって驚くかもしれません。

変化球のある音ゲーを楽しみたい!

逆に、新鮮な感じの個性的な音ゲーをやってみたい方におすすめの4選です。

Arcaea

こんな人におススメ!

  • 上段と下段に分かれた3次元スタイル
  • 絵柄、音質が良い
  • 練りに練られたストーリー

4つのレーンに見せかけてなんと「上段」にも4レーンあるという新しく高難易度なゲームです。

フリックは左右だけでなく上下もある4方向スタイルで、慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、ゲーム性だけではなく美しい絵柄、音質、近未来的な楽曲にもハマる方は激ハマりすること間違いなしです。

音ゲーにしては珍しい、考察サイトが乱立されるほど奥深いストーリーにも注目ですが、課金が必要になりますのでご注意ください。

Phigros

こんなゲーム!

  • ぐるぐる回る盤面
  • 判定ラインも上下に動くため難易度が高い
  • 絵柄、音質が良い

こちらも非常に高難易度。
判定ライン・盤面がすべてぐるぐると動いたり消えたりと、非常に忙しいです。

アニメ曲やボカロっぽい曲が多いのですが、音質絵柄共にとても綺麗なので世界観に溶け込めてしまいます。

曲数は20曲前後から始まるので、目移りしすぎず順々に楽しんでいけます。

VOEZ

こんなゲーム!

  • 曲の途中でも容赦なく変わりまくるレーン数
  • カラフルでスタイリッシュ、シンプルな盤面
  • 音質絵柄共に美しい

こちらもスタイリッシュ且つ綺麗な音質、そしてボカロ調の曲のアプリになります。

最大の特徴は曲の途中でレーン数がものすごい速さで増減しまくること。
当然左右もどんどんズレていきます。

回転はしないものの縦にも横にもどんどん変化するので難易度が高くなっています。

時間限定解放の曲もあるためやりこみたくなってしまう要素もたくさん詰め込まれています。

Drums

こんなゲーム!

  • 曲数がとても多い
  • メロディではなくリズムを刻むので細かく新鮮
  • 楽器の位置を覚えられる

こちらはそれぞれのレーンがドラムの各楽器部分の音が鳴ることが特徴で、曲数の豊富さが魅力的。

ドラムに馴染むにはもってこいですが、恐らくドラムが叩けるようにはならないのだと思います。(笑)

本物のドラムのように手をクロスして叩くわけにいかないのがもどかしいですが、メロディラインを叩くわけではなくリズムを刻むので、非常に細かく流れてくるのが大きな特徴だと思います。

今までとは嗜好を変えたい方におススメです。

キャラクターやストーリーも楽しみたい!

最後に音ゲーの内容というよりも「推しキャラを見つけたい、ストーリー性あるゲームが好き」という方におすすめの2選です。

D4DJ Groovy Mix

こんなゲーム!

  • バンドリ関連プロジェクトの最新作
  • 曲数が豊富、ガルパ曲もDJ風に編曲されている
  • 本物のDJも参画している本格ストーリー

「バンドリ」「スタァライト」に続く音楽プロジェクト。

シンプルに、「ガルパ好きなら最新プロジェクトにも参戦しませんか」っという思いもありおススメです。

アニメ曲もカバー曲も、オリジナル曲もプレイできるのはガルパとも変わらず長所と呼べるところ。
編曲はDJ風にされています。(ガルパではRAS推しの筆者、Expose “Burn out!!!” に歓喜しました)

ガルパに引き続き本物のDJさんを起用しており、DJとしてのよりリアリティなストーリーが追及されていて面白いです。

スクールアイドルフェスティバル

こんなゲーム!

  • 音ゲーには珍しいRPG要素が強い
  • ネットでも様々な意見が散見される注目ストーリー
  • 随時追加されている本格ダンスパフォーマンスをじっくり見れる

一つめに紹介したラブライブ!の続編。

リズムアクションRPGと謡われている通り、音ゲーというよりもRPG要素が強いゲームになります。

今でこそアニメ3期が放映されていますが原作はこのアプリのストーリーです。
過去作の主人公たちから影響を受けた次世代ヒロインたちが活躍しますが、過去作以上に波乱万丈、賛否分かれる、展開の予想しづらい物語になっており、シンプルに面白いです。

音ゲーが簡単になっているからこそ、後ろのダンスパフォーマンスをじっくり見ることができるのも楽しく、新作公開が待ち遠しくなります。

さいごに

どの作品も特徴があり、好きな方には刺さるであろう作品になっています。

ですが「音ゲーが好き」なだけでなく「ガルパが好き」という方には特に、「ラブライブ!シリーズ」が一番おススメです!

なぜかと言うと、そもそもガルパがラブライブ!の大ヒットを参考に始まったプロジェクトだからです。

様々な作品を見てきましたが、楽曲にしてもストーリー性にしてもビジネス展開の仕方にしても、シンプルに一番共通点が多いと思います。

もう既に両作品楽しんでいる方も多いかもしれませんが、まだDLしていない方はぜひ!

きっと楽しめること間違いなしです。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト