【BEMANI】音ゲーの金字塔!歴史から最新ゲームまで

BEMANIシリーズの歴史!

今やゲームセンターで見かけないことはないほどに、定番的なアーケードゲームとなった音楽ゲーム。

その中でも、最も代表的なのがコナミの BEMANI シリーズではないでしょうか?

今回は、その BEMANI シリーズの歴史について掘り下げて行こうと思います。

  1. BEMANI の名前の由来となった beatmania についてとその歴史
  2. 代表的な BEMANI シリーズについて
  3. 現在稼働している最新シリーズについて

この記事は5分で読めますので、是非とも最後までお付き合いください。

BEMANIとは、ゲーム略称だった!

BEMANI  シリーズとは、コナミによる音楽ゲームのブランド名です。

これはシリーズの第一作目となる beatmania  (ビートマニア)の略称を使ったものになります。

ビートマニアについて

1997年12月、当時の Club Music のブームに乗り、ゲームセンターの突如登場したのがビートマニアである。

シリーズ第一弾として登場してから、人気のアーケードゲーム機となり、独自の進化を遂げながら、次々と続編を生み出していきます。

ビートマニアだけでなく、その他の音楽ゲームも BEMANI シリーズとして様々なものが登場していきました。

それでは beatmania の歴史を表で見てみましょう。

タイトル登場月特徴
beatmania1997年12月シリーズ第一弾
beatmania 2ndMIX1998年3月ダブルプレイやヒドゥンモードが登場
beatmania 3rdMIX1998年9月バトルプレイ、ミラーモード、アナザーが実装
beatmania completeMIX1999年1月インターネットランキングシステム導入
beatmania 4thMIX -the beat goes on-1999年4月コンシューマー版のデザインやシステムを大幅に取り入れた
beatmania 5thMIX -Time to get down-1999年9月譜面の速度が速くなるモードや、サドゥンモードが実装
beatmania completeMIX22000年1月曲数が大幅にアップ、新機能も搭載
beatmania ClubMIX2000年3月ソニー・ミュージックエンタテイメントと提携し、曲調がポップに
beatmania featuring DREAMS COME TRUE2000年6月ドリームズ・カム・トゥルーとコラボレーション
beatmania CORE REMIX2000年11月家庭用の5鍵バージョンの最終作
beatmania 6thMIX -THE UK UNDERGROUND MUSIC-2001年7月イギリスのアーティストとのタイアップ
beatmania 7thMIX -keepin’ evolution-2002年1月日本語のヒップホップも収録、一回転スクラッチの登場
beatmania THE FINAL2002年7月全189曲という大ボリューム、最終作

5年間で13作というハイペースで続編が作られて行ってますね。当時の人気が伺えます。

代表的なBEMANIシリーズについて

セカンドデラックス

BEMANI シリーズの2作目であり、beatmania は鍵盤が5つだったのに対し、セカンドデラックスは鍵盤が7つになっています。

今でも稼働しているシリーズで、「ビーマニ」と言えば、このセカンドデラックスを指すことも多いです。

ビートマニア3について

beatmania そのままに、鍵盤が5つのというスタイルです。

今まで以上に豪華なエフェクト機能に加え、音質の向上もしています。

現在では完結したシリーズとなっています。

その他のBEMANIシリーズについて

ダンスダンスレボリューション

DanceDanceRevolution 」上下左右の矢印が示されたパネルを踏んで、まるでダンスをしているかのようなプレイスタイルの音楽ゲームです。

ポップンミュージック

pop’n music 」カラフルな9つのボタンを操作する音楽ゲーム。

枠に捕らわれない幅広い音楽ジャンルを楽しむことができます。

ギターフリークス

GuitarFreaks 」3つのボタンとピックレバーを使って、ギター型の専用コントローラーでギタリストになりきって楽しむことができる音楽ゲーム。

ギターフリークスは稼働終了したが「 GITADORA 」シリーズとして移行し現在も稼働している。

ドラムマニア

drummania 」ドラムを模した5つのパッドと1つのペダルを操作して、ドラマーになりきって楽しむことができる音楽ゲーム。

ドラムマニアは稼働終了しましたが「 GITADORA 」シリーズとして移行し現在も稼働しています。

その他

他にも多くのシリーズがあり、数々のスタイルの音楽ゲームがアーケードで稼働してきました。

  • KEYBOARDMANIA
  • ParaParaParadise
  • Dance Maniax
  • MAMBO A GO GO
  • Toy’sMarch
  • DANCE 86.4 FUNKY RADIO STATION
  • マリンバ天国
  • jubeat
  • REFLEC BEAT
  • SOUND VOLTEX
  • ミライダガッキ
  • BeatStream
  • MUSECA
  • ノスタルジア
  • DANCERUSH STARDOM

見てみると非常の多くのシリーズがアーケードゲーム業界を盛り上げていますね。

現行の最新機種について

現在稼働している BEMANI シリーズの中でも特に有名な IIDX・GITADORA シリーズは、「 beatmania IIDX 29 CastHour 」「 GITADORA NEX+AGE 」です。

ゲームセンターで見かけたら是非一度プレイしてみましょう。

まとめ

BEMANI シリーズ、特にシリーズの始まりとなった beatmania についての歴史を簡単にですがご紹介してみました。

BEMANI シリーズは登場して以来人気を博し、様々なシリーズが生まれて行きました。

新しい機種が出るたびに、私達を楽しませてくれた BEMANI シリーズ。

今後もどんどんと進化して行くのが楽しみですね。

「リアル」ウマ娘はじめませんか?

ウマ娘にハマっている方、必見です!

ウマ娘のあとは、本物の「競馬」はいかがでしょうか?

競馬は、まさに「リアル」ウマ娘との出会いになるかもしれません…!

青い空、芝の匂い、馬の足音、客の歓声…!

ウマ娘と同じ興奮がそこにあります!

ただ、競馬場に行くのは気が引ける…

という、そこのあなた!

オッズパークでは、スマホで家にいながら地方競馬の馬券が買えるのでご安心下さい!

そんな手軽さが、幅広い層にウケています!

入会費・年会費が無料のこの機会に、競馬にチャレンジしちゃいましょう!

\ まずは気軽にお試し /

オッズパーク公式ページはこちら