【バイオハザード HD リマスター】小ネタ・雑学まとめ10選

 ランク(順位) 精霊術士(27374
 経験値  2,572
獲得バッジ
10週連続記事公開25記事達成まとめ記事を10記事公開

バイオハザードの小ネタや雑学

バイオハザード、個人的には面白くて大好きなシリーズです。

バイオの魅力といえばホラーやサバイバル、登場する個性的なキャラやストーリー。

ですが、この記事ではそういったスタンダードな事は語らず、小ネタや雑学について解説してみたいと思います!

聞いた事があるようなものから、何だそれ?と思うようなものまで集めてみました。

今回は初代バイオハザード( HD リマスター版)がテーマとなってます。

この記事は3分程度で読み終わりますので、是非読んでみて下さいね♪

※バイオハザードが苦手な方はご注意下さい。

  1.  小ネタ・雑学10選
  2. まとめ

小ネタ・雑学10選

バイオハザードはリメイクや移植が多いタイトルでもあります。

その為、その後のシリーズ作品の影響を受けて変わった部分や、リメイク版になった事で大きく違う部分が存在します。

① PS 版バイオのOPは実写だった

実は初代の OP は実写でした。

実写が扱われたのは初代で、バイオハザード2以降は CG での演出になりました。

②リサ・トレヴァーはリメイク版のみ

強烈なインパクトで現れる強敵リサ。

リサもリメイク版からの登場となっており、 PS 版には登場しません。

リメイク版ではグラフィックも大きく向上したので、リサの不気味さがより一層際立っています。

③クリスがハンドガンを持っていない理由

OP では持っていたはずなのに、探索が始まるとハンドガンを持っていません。

理由は、森から洋館に逃げ込む際に落としてしまったから、と言われています。

ハンドガンを持っていない事を周りに伝えず、ナイフ一本で探索しようとした事にビックリです。

④ハンドガンは誰の物?

クリスはハンドガンを持たずに探索していた訳ですが、ホールに戻るとハンドガンが落ちているので、それを使う事になります。

このハンドガンは誰の物なのでしょうか?

ジルは物語終盤で自分の物を所持している為、恐らくジルが落とした物ではありません。

となると、 B.O.W との戦闘データを取りたいウェスカーが置いていった…と私は考えてしまうのですが、本当の所は分からないのです。

⑤クリスは喫煙者

クリスは喫煙者です。

リマスター版にはその演出はないのですが、所持品の中にライターがある事から喫煙者である事が伺えます。

ちなみに、バイオハザードヴィレッジではクリスが喫煙するシーンがあります。

⑥ゾンビの対処に慣れているのはレベッカの方

これは、後にバイオハザード0がリリースされた事で明らかになります。

クリス達が洋館でバイオハザードに巻き込まれるよりも前に、レベッカはバイオハザードを経験しています。

もちろんゲーム中に「0」での出来事を話す事はありません。

けっこう重要な事だと思うんですが…

⑦ t -ウイルスの t は「タイラント」

よく聞く事になる t -ウイルス。

正式名称は「タイラントウイルス」です。

タイラントとはバイオハザード内において、究極の B.O.W と呼ばれる存在で、本作のラスボスでもあります。

物語上でタイラントウイルスと呼ばれる事はほぼなく、「 t -ウイルス」として表される事がほとんどです。

⑧イベント分岐が多く、クリスやジルが生還出来ないエンドがある

バイオハザードには主人公の行動によって分岐する展開が多く、中にはもう一人の主人公を救出出来ないまま脱出してしまうエンディングがあります。

救出の為のキーアイテムは、ゲームクリアに必須のアイテムではありません。

タイムアタックの為に仲間を救出しないのか、何としてでも救出するのか…あなたはどうしますか?

⑨ストーリー上、正しいのはクリス・ジル・バリー・レベッカの生還エンド

演出がわずかに違うだけですが、誰と脱出出来たかでエンディングが変わります。

クリスだけ、ジルだけ、クリス・ジルの二人、クリス・レベッカの二人、ジル・バリーの二人…

結末のパターンは非常に多いです。

ですが、その後のバイオシリーズに全員主役として登場する為、ストーリーとして正しいのは全員生還エンドという事になります。

レベッカだけは「0」「1」以降登場せず、どうなったのか分からないままでしたが、その後の CG 映画で登場してくれました。

⑩扉を開ける演出は緊張感を持続させる為

これは有名ではないでしょうか。

バイオハザードには、マップの切り替えをする際に緊張感が途切れやすい、という問題がありました。

しかし、扉を開ける、階段を下りる、エレベーターに乗るという表現をロード画面に挟む事で、緊張感が途切れにくくなる演出を生み出す事に成功しました。

恐怖特化の作品であるからこその表現ですよね。

まとめ

初代のみに絞って小ネタから雑学までピックアップしてみましたが、そういう括りで言うともっと種類はあると思います。

気になる小ネタが新たな雑学を発見するきっかけになったり…

バイオハザードはシリーズを通して、遊べば遊ぶ程違う見え方が出来るゲームだと思っています。

今後も色々な発見をお伝えしたいと思います!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

しらたま
ゲームが大好き、しらたまと言います!
色々なジャンルを遊んでますが、特にバイオやモンハン、ファイアーエムブレム、DBZドッカンバトルを中心にやり込んでます。
攻略記事はもちろん、ゲームを違った視点で紹介していきたいと思ってます。
記事を読んで、遊んでみたいと思ってもらえたら幸せです!