【Caligula2/カリギュラ2】キャラクター別解説~編木ささら編~

 ランク(順位) 召喚術士(21379
 経験値  2,897
獲得バッジ
50記事達成10週連続記事公開3つのカテゴリーで10記事攻略記事を40記事公開

帰宅部のおっとり大人女子!「編木ささら」とはどんな人物?

編木ささら」はフリューの学園ジュブナイルRPG作品「Caligula2/カリギュラ2(以下:カリギュラ2)」に登場するキャラクターです。

後悔無き仮想現実の世界「リドゥ」の中で主人公と出会い、リドゥの世界から現実の世界に帰るために活動する「帰宅部」のメンバーとして共に戦う仲間です。

中高生で構成された帰宅部の中では最上級生である三年生であり、唯一の三年生女子となっています。

おっとりとした性格で、どこかズレたような発言も多い天然系キャラ

いつでもどこでものんびりとした言動を忘れず、柔らかい雰囲気で帰宅部メンバーを支えてくれる、帰宅部の癒し系です。

しかし戦闘中はそのおっとり癒し系のような言動からは想像ができない「タンク」性能キャラ。

苛烈な攻撃から、仲間を自らの肉体を盾にして守るという戦闘スタイルでパーティに貢献します。

今回はそんなおっとり系年上女子タンクキャラ、編木ささらのキャラクター解説、戦闘時の特徴や、キャラクターエピソードの解説などを行っていきます。

尚、今回の記事は一部にネタバレを含む記事となっています。

ネタバレをする場合は改めて表記しますので、ネタバレを確認したくない場合はネタバレの項目を避けることを推奨します。

  1. 編木ささらは「帰宅部」の部員として登場するキャラクター!加入は第一章と早め!
  2. 戦闘時は「タンク」として活躍し、敵の攻撃を引き付けて戦う!
  3. マイペースでのんびり屋!決して怒らないおっとり癒し系大人女子の正体は…?

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

帰宅部の最上級生の一人!編木ささらの基本情報

楽士「マキナ」によって封鎖された「興玉駅」構内で出会い、帰宅部として主人公らと行動を共にする「編木ささら」。

加入は第一章と非常に早く、「能登吟」共々最序盤から戦闘に参加します。

その詳しいプロフィールは以下の通りとなります。

名前(ふりがな)編木ささら(あみき ささら)
愛称ささらさん、編木、ささら先輩、ねえさん
性別女性
年齢18歳
立場楯節学園高等部三年生
声優諸星すみれ

以上です。

マイペースでのんびり屋!天然気味の癒し系先輩

リドゥを守るオブリガードの楽士「マキナ」によって封鎖された「興玉駅」内で主人公らとして出会い、帰宅部に入る先輩がささら。

リドゥが現実ではないということもあっさり受け入れ、帰宅部として現実に帰ることを積極的に迷いなく行っていきます。

どこかふわふわとした印象を抱かせる言動を繰り返し、ワンテンポ遅れ気味の、独特の世界を生きる女性。

言うなれば「ド天然」であり、帰宅部の中では言動共々ゆるふわな癒し系として君臨します。

他人に対しては大きな慈愛を持って接し、争いごとや喧嘩を好まず、怒ることも滅多にないという広い心の持ち主です。

その人間性は「風祭小鳩」曰く「ブランケットのような包容力を持つ人」。

その言葉を聞いたささらも「なんでも包み込むよー」とノリノリでした。

どこか歪な献身性を持つ、自己犠牲精神の塊

分け隔てのない慈愛を振りまくささらですが、その慈愛の精神は時に危うい行動を巻き起こすことも。

「部員のみんなを愛している」と度々口にするささらは、とにかくみんなを現実に返すという行動にこだわる部分があります

そのためならば自分の身を犠牲にしても良いと考えている節があるのです。

そんな自己犠牲精神は、「死ぬなら私から」という発言の他、自らを危険の真っただ中に置くという戦闘スタイルにも表れています。

時には楽士にすら向けられてしまう深い献身の心の理由。

彼女の言動の端々に現れる自己犠牲の理由。

それらは彼女のキャラクターエピソードで明かされていきます。

編木ささらの戦闘時の性能

ささらの扱う武器は「薙刀」。

その他、天女の羽衣のような黒い布と、朽ち果てて大胆なことになったロングスカートが特徴のカタルシスエフェクトです。

彼女の自己犠牲精神と献身を現した、タンク&ヒーラーとして戦闘に参加します。

高い耐久力を誇る防御型キャラクター!

ささらの最大の特徴はパーソナリティにもある通り、高い精神力と体力

そのおかげで、全キャラクターでもトップクラスの耐久力を誇ります。

防御側のキャラは他に「釣巻鐘太」や「風祭小鳩」がいますが、ささらはその二人よりも圧倒的な耐久性能。

更に技の中に防御力や最大HPを上げるもの、攻撃しつつ回復を行うものがある他、普通の回復スキルも持っています。

それらの技の存在が、更にささらの耐久力を底上げしてくれるでしょう。

「死ぬなら私から」という発言に反して、普通に戦わせるとその死ににくさは帰宅部随一です。

その反面やや攻撃力が低く、敏捷性と技巧が低め。

鈍足で攻撃力が低い、完全防御特化型のキャラクターです。

ちなみに専用の技名は全て「格言」や「ことわざ」がモチーフ。

派生技は全てささららしいのんびりとした発言を技名にしています。

ガチガチの防御で味方を守る盾役!

ささらのロールは「タンク」。

自らの身を犠牲にし、敵の攻撃を引き付けて、味方を守る役割を持っています。

同じタンク系キャラクターとしては「月島劉都」が存在しますが、あちらは敵の攻撃を避けて反撃を行う「回避タンク」。

ささらのように攻撃を全面的に受けてカウンターを返したり、敵の攻撃を引き付ける役割は「防御タンク」と言います

回避タンクとは反対に、攻撃を受けていくことが前提の性能です。

前作にも攻撃を受けて反撃を返すスタイルのキャラはいましたが、ささらはその性能を更に強化したタイプ。

攻撃を受けて反撃する技だけでなく、一定範囲内の攻撃を全て自分が肩代わりする技なんてものも

HPが減れば減るほど攻撃力が上昇する攻撃技「窮鼠猫を噛む」の存在もあり、積極的に攻撃を受けていくことが利点になります。

また、前作のタンクキャラに比べると攻撃の振りが速いため、能動的に攻撃に加われるのも良いところ

攻撃力は低いものの、物理カウンターや射撃カウンター、ガードブレイクなども駆使できる便利なキャラクターです。

回復役としても一級品!

ささらは盾役として前線に出るキャラクターではありますが、数多くの補助スキルのおかげでヒーラーとしても役に立てます

回復スキルはオーバードーズスキルである「鶴は千年亀は万年」を除いて単体回復しかできませんが、その回復量はかなり多め。

パッシブスキル次第ではHPを75%も回復するスキルを扱う他、数少ないHP完全回復スキル「リヴァイヴ」を扱えるキャラクターになります。

また、専用スキル「魚心あれば水心」で味方の最大HPを底上げしつつ、回復も行えるという、耐久バフと回復をまとめて行うことも可能。

復活スキル「リザレクションフェザー」も比較的早い段階で覚えますので、いるといないでは安定感が違います。

「能登吟」や「宮迫切子」などといった撃たれ弱いメンバーを運用していくなら、一人いるとかなり戦いやすさが変わるでしょう。

タンクスキルの多用は厳禁!?

高い耐久力で味方の攻撃を肩代わりするという、盾役を担うささら。

特に撃たれ弱いメンバーと一緒に運用を行うと心強い存在となります。

ですが、その耐久力も万能ではありません。

いくら高い耐久力を誇るとは言え、ささらの防御スキルは基本自分が全て攻撃を受けることが前提のもの。

回復などのケアも無しに使い続けると、当然息切れしてしまいます

この場合の息切れはSP切れではなく、戦闘不能

攻撃を無計画に受け続けると、冗談無しに結構あっさりと倒れます。

特にカリギュラ2は敵の攻撃が苛烈で強力なものも多いため、高レベルの相手との戦闘ではかなり倒れやすくなってしまう印象。

ボス戦や高レベルの相手と戦う場合は、いつも以上にケアとサポート、そして戦闘の計画性が必要不可欠

ただ守らせればその役割を全うできるというキャラクターではありません。

そのため、罠で相手の行動を制限しやすく、回復スキルを多数持つ「駒村二胡」との相性は良いと言えるでしょう。

二胡は耐久力が低いので、ささらで守りつつ、ささらのケアを二胡で行うという戦法で戦いを進められます。

両者共に状態異常の敵に対する派生技を持つこともあり、状態異常攻撃が豊富な「能登吟」との相性も良いですね。

編木ささらのキャラクターエピソード

ここからは編木ささらのキャラクターエピソードの全選択肢と、エピソードのあらすじを紹介します。

全編通してネタバレとなりますので、ネタバレを踏みたくない人は閲覧を控えてください。

また、選択肢の中で選ぶとエピソードが停止する失敗の選択肢は、「オレンジのマーカー」でマーキングしています。

選ぶとエピソードロック(進行不能)となってしまうので、台詞が見たい時を除いては選ばないようにする方がいいでしょう。

エピソード1

帰宅部として絆を深めた先輩「編木ささら」。
その独特の空気感は学園においても同じだった。
ある日主人公は学園の入り口でささらと出会い…

▼選択肢1

・おはようございます

・いい天気ですね

エピソード2

駅前でささらと出会う主人公。
スマホで写真を撮るのが趣味だという彼女の写真を見せてもらう。
ささらは気に入った写真を送りたいと言うが…?

▼選択肢1

・こんにちは

・誰かと待ち合わせですか?

▼選択肢2

・写真撮るの上手ですね

・この花、きれいですね

エピソード3

学食でささらと出会う主人公。
二人で一緒に食事をとることにする。
やけに嬉しそうなささらの理由は…?

▼選択肢1

・あーん!

・あー…ん!?

・それはちょっと…

エピソード4

日頃の疲れがたまって、キィトレインで一休みしていた主人公。
キィの声によって目が覚めると、ささらが膝枕をしてくれていた。
ささらは無理をしがちな主人公を心配して…

▼選択肢1

・帰宅部のみんなは?

・膝枕…

エピソード5

駅の構内でささらと出会う主人公。
その直後、ささらと主人公は大量に現れたデジヘッドに囲まれてしまう。
二人では逃げ切れないと判断したささらは…?

▼選択肢1

・冗談じゃない!

・自分だけ逃げるなんて

▼選択肢2

・死ぬつもりだったんですか!

・助かったけど嬉しくない

▼選択肢3

・命の価値は平等だ

・納得できない

エピソード6

先日の行為が納得できない主人公とキィ。
屋上にささらを呼び出し、改めて話し合いをすることに。
そこで主人公とキィは、ささらの真実を知ることになる。

▼選択肢1

・はい

いいえ

▼選択肢2

・はい

いいえ

▼選択肢3

・だったらリドゥで死んじゃ駄目だ

・はやく帰らなきゃ…

▼選択肢4

…わかった

・そんなの納得いかない

エピソード7

先日の話し合いで、どこか気まずい気持ちのまま別れたささらと主人公。
ぎくしゃくした関係のまま、時は過ぎていく。
ある日ささらが主人公に声をかけてくるが…?

▼選択肢1

・…

・こんにちは

エピソード8

未だどこかぎくしゃくした関係が続く主人公とささら。
ささらとの会話はWIREで行われていた。
ある日送ったWIREの通知音が近くで聞こえて…

▼選択肢1

・いい天気だね

・今日の昼はカツ丼でした

▼選択肢2

・ごめんね

・ささらのことどう思う?

▼選択肢3

・もう怒ってません

・ちゃんと話をしましょう

エピソード9

主人公がささらの真実を知った屋上にて、再び自らの想いを語るささら。
改めて、自分がどうあるべきかを主人公に告げる。
「わかってほしい」という彼女の言葉に、主人公は…

▼選択肢1

わかった

・わからない

▼選択肢2

・それでも死んでほしくない!

ささらの心の中に踏み込みますか?

ここから先は完全ネタバレ要素です。

編木ささらの正体について記述します

閲覧に関しては自己判断となりますので、ご了承ください。

編木ささらの正体

編木ささらの正体は「86歳の老女」。

現実では余命幾ばくもない人物でした。

旦那は既に他界、子供も全員独り立ちし、孫も成人しています。

現実での後悔や辛い出来事は全て自ら乗り越えた後であり、彼女が本来リドゥに来る理由は一切ありません

ですが、ある日自分の古い日記帳を発見。

その日記帳の中身を見て、過去の思い出に浸ったことで、その思いが「後悔」として受け取られ、リドゥに招かれてしまったようです。

トラウマ名は「終活(トゥルーエンド)」。

天女の羽衣のようなカタルシスエフェクトは、天に招かれる象徴、朽ちたロングスカートは自らの衰えた肉体の象徴だと思われます。

さいごに

カリギュラ2のキャラクター「編木ささら」は帰宅部に所属する最上級生の女性です。

おっとりとした天然な性格で癒し系キャラクターとして登場し、常にどこかズレた言動で場を和ませてくれます。

慈愛に満ちた性格の持ち主ですが、その慈愛が行き過ぎた結果、極端な献身と自己犠牲精神を露にすることもあります。

戦闘スタイルはその極端な献身と自己犠牲精神を露にした「タンク」役

自らの身を犠牲にして、パーティを守ります。

高い耐久力とヒーラー性能を誇りますが、パーティの支えを無くしては成り立ちません。

考えなしな突貫を控えつつ、彼女のケアをしていきましょう。

その正体は意外性がありつつも、彼女ののんびりとした言動でわかる人はわかるのではないでしょうか。

徐々に明かされていく彼女の心の内も含めて、キャラクターエピソードは必見の内容となっています。

カリギュラ2でも序盤に登場することから、思い入れが激しいという人も多いだろうささら。

もし彼女が気になったなら、是非ともパーティに入れて運用してみるのがおすすめです。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

カンダカズマ
カンダカズマ
幅広いゲームが大好きな、ゲーマー歴20年以上の女ヲタク「カンダカズマ」です。
海外ゲームから国内ゲーム、アクションからRPGまでいろいろ嗜みます。
マニアックなメーカーの作品を遊ぶことも多いので、マニアックでマイナーなメーカーの作品(特にエクスペリエンス社の作品)の面白さを共有できればと思います。
みなさまのゲーム選びの参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。