サンデーの人気作品『烈火の炎 THE GAME』を徹底レビュー!

 ランク(順位) 神Lv23(2388
 経験値  14,068
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

『烈火の炎 THE GAME』を徹底レビュー

今回遊ぶゲーム

みなさん『烈火の炎 THE GAME』というゲームをご存じでしょうか?

『烈火の炎』は知ってる!という人は沢山いらっしゃると思いますが、この作品を遊んだことがある人は少ないかもしれません。

今回は、『烈火の炎 THE GAME』を再度プレイして、良ゲーだったかを検証したいと思います!

ちなみに、今回の記事をざっくりまとめると!

  • サンデーの人気漫画が格闘ゲームに!
    原作のあの技が自分の手で出せる!
  • CPUの弱さやプレイアブルキャラの少なさはあるものの
    シナリオをクリアしつつ技を覚えていくのはテンションが上がる
  • ストーリーは原作未読ではシナリオを理解不能!

この記事は3分で読み終わりますので気軽に最後まで読んでみてくださいね!

こちらの記事もオススメ!

[clink url=”https://chara.ge/character-game-reviews/what-is-the-best-character-based-fighting-game/”]
[clink url=”https://chara.ge/character-game-reviews/fighting-spirit-allstars-review-ps2/”]

『烈火の炎』とは?

『烈火の炎』は、1995年から2002年まで、週刊少年サンデーで連載された「安西信行先生」の人気少年漫画です。

忍者にあこがれる『花菱 烈火(はなびし れっか)』が、『佐古下 柳(さこした やなぎ)』との出会いから、魔道具の存在、『柳』を狙う者たちとの闘いなど、熱い展開の多い作品です。

この作品の魅力は、多種多様な魔道具を使った戦闘、その魔道具をもつ術者たち、そしてその中で見えるドラマにあると思います。

1997年にアニメ化があったものの、地方では途中で放送が打ち切られてしまったりと、ファンにとっては悲しい出来事もありました。

『烈火の炎』は「面白いのに不遇な扱いを受ける作品」という印象があり、ファンとしてゲーム化はワクワクしたものです。

『烈火の炎 THE GAME』の概要

タイトル烈火の炎 THE GAME
ジャンル格闘アクション
対応機種ゲームボーイアドバンス
発売元コナミ
プレイ人数1~2人
発売日2001年12月20日

ゲーム性からみる『烈火の炎 THE GAME』

ゲーム内容ですが、敵と1対1で戦闘を行い、ステージを進める形となっています。

必殺技は、「必殺技ゲージ」を下ボタンで貯めたあと、簡単なボタン入力で使用できます。

誰でも原作のあの技が出せる!という点では、評価されるかもしれません。

ファンとして必殺技について言いたい事

必殺技はストーリーモードで、特定の条件をクリアしないと手に入りません。

条件をクリアしないと、必殺技なしで戦うことになります。

シナリオクリアしながら、技を手に入れていく構成自体は悪くありません。

しかし、原作では「SODOM編」の時には、既に使えるようになっていた力を、改めて取得させられるという点に、原作ファンとしては違和感を覚えました

また、必殺技についても、

・『烈火』が原作でよく使用している「円(バリア)」が出てこない。
・使用頻度の高い「崩」と「砕破」は通常技にまぎれている。

など、言いたいことが山ほどある状態でした。

CPUが弱い…

CPUが、ものすごく弱いのもマイナスかもしれません。

必殺技を使わなくても、ただ遠くから遠距離攻撃をするだけでパーフェクト勝ちできます。

ゲームを少しでもやる人なら、物足りなさを感じることでしょう。

プレイアブルキャラクターの少なさ

他にも、プレイヤーが使えるキャラクターが少ないのも不満が残ります。

『烈火の炎』の魅力は、多種多様な魔道具とキャラクターです。

しかし、本作で使用できるキャラクターは、初期状態で5人です

「初期状態だからしょうがない!」と納得しても、そのあと追加されるのが4人だけ

ファンとして「色んな魔道具で、色々な闘いがやりたかったのに!」というガッカリ感は、どうしてもマイナスの印象になってしまいます…。

ストーリーからみる『烈火の炎 THE GAME』

原作には、大きく以下のような展開があります。

  • VS影法師編
  • 紅麗の館編
  • 裏武闘殺陣編
  • 封印の地編
  • SODOM編
  • 天堂地獄編

『烈火の炎 THE GAME』は、この中の「SODOM編」をベースに作られています。

そもそも、この当時は「天堂地獄編」まで進んでいなかったこともあり、「SODOM編」を改変したストーリーになっています

原作が未読では面白さは激減!

本作は、原作の途中のストーリーから始まる為、原作未読ではシナリオを理解できません。

原作を読んでいることが前提で、ヒロインの『佐古下柳』が、すでにさらわれた状態からスタートです。

原作を読んでいない方は、シナリオを楽しむことは難しいかもしれません。

また、シナリオ自体もあっさりした印象があり、原作を読んでいるファンが読むと物足りなさを感じます。

アドベンチャーパートがあるのですが、2~3会話して終わりで「正直なくてもいいんではないか?」と思うくらい薄い内容です。

キャラクターの掘り下げを、もっと工夫してほしかったなとガッカリました。

とくに『風子』は、話しかけたらいきなり襲い掛かってきたりと、会話すらしないことが多いです。

キャラクターの関係性を知らない人からすれば、ただの通り魔になりますね。

「既に完結していた裏武闘殺陣編を使えばよかったのに」と、言わざるおえません。

ストーリーの面から見ても、良ゲーとは言いづらい所です。

はたして『烈火の炎 THE GAME』は良ゲーか?

結論から言えば『烈火の炎 THE GAME』は、良ゲーとは言えません!

しかし、このゲームを何度もプレイしています!

文句は言えども、結果楽しめているのです。

『烈火の炎』への愛があれば、不満はあってもプレイして楽しめます。

つまり『烈火の炎 THE GAME』はファン向けの偏った作品だったといえるでしょう。

『烈火の炎』が好きという方は、ぜひ一度『烈火の炎 THE GAME』遊んで欲しい作品です!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA