【Papers, Please】新人入国審査官日記【前編】

 ランク(順位) 武闘家(20384
 経験値  3,178
獲得バッジ
10週連続記事公開25記事達成

皆様、プレイしたことはお有りでしょうか?

「Papers, Please」という作品をご存知でしょうか。

わりと、ゲーム実況をなさっている方々がやっていたりする作品でもあるので、実際にプレイした人だけでなく、内容は知っている、タイトルは知っているという方も多そうですね。

私もタイトルだけは知っていました。

でも、ちょっと躊躇していたんですよね。

今回、Steam のサマーセールで安くなっていたこともあり、プレイしてみることにしました。

  1. 買っていたものの、悩んでいたこと
  2. 全くの初見で挑んでみることにしました
  3. 予想以上に、悩む!
  4. これは……このままではまずい!

右も左も分からない初見が四苦八苦している記事になりますので、5分くらいで読み終わるものになっております。

私と同じように躊躇っていた方は自分が楽しめそうかの物差しに、ベテランの入国審査官の方は「そんな時代もあったなあ」と思っていただければ幸いです。

遊ぶまでのお話

正直、この作品については気軽にプレイしたり、実況などを見ていいものかと思っていたんです。

ゲームなのに、と言われるかもしれませんが、ちょっと難しい政治体制の、入国審査官という言ってしまえば「人を選別する」ような立場になってのゲームなわけですから。

ふざけていいゲームという気がしなくて、お手軽なお値段ではありますが躊躇していたんですよ。

少なくとも、子どもが遊ぶような作品ではないでしょうし、悪ふざけをしていいゲームとも思えなかったんですね。

ただ、大人になって、色々と判断したり思考したりすることも含めて、それがこのゲームの楽しみなのかもしれないと考えて……

買ってそのままだったこのゲームをプレイすることにしました。

折角買った作品ですからね、やらないのもゲームに失礼というやつです。

では、いざ入国審査官のお仕事へ!

重厚な OP の映像と BGM にちょっとビビりながら、ゲームを起動しました。

この BGM もなんというか「そういう国っぽい」もので、圧のようなものを感じますね。

一通の手紙には、自分が抽選によって入国審査官になったこと、家族と共に「8等市民」として生活する場所を提供されるということが書かれています。

市民に等級があるんですか……うん、ですよね……

ということは、今までこのゲームの主人公って何の等級だったんでしょう?

色々と疑問はありますが、早く仕事場に行かねばならないらしいので進めていきます。

入国審査官のお仕事って……?

さて、仕事場の画面になりましたが……

チュートリアルらしいものは特になく。

右下の自分の机らしい部分には、やることとやってはいけないことがメモされています。

が、最小限のことしか書かれておりません。

左下の部分は、録音出来るらしい機械とか、時計とか、なんか重さを量るものとか……

何をどうすればいいのやら、全く分からないのは困ります。

大事なお仕事なら、ちゃんと引き継ぎを!ください!

無いならせめてチュートリアルを!

入国審査官ですよ、こんなに投げっぱなしでいいんですか?

……もしかして、主人公は以前この仕事をしたことがある人なんでしょうか。

こう、かな……?

それでも、あちこち操作を確認している間に人が来たので、早速入国審査官としてのお仕事です。

入国してきた方々はそれぞれに「やっと帰れる」「何時間も並んだ」等々、言いたいことを言いっぱなしだったりします。

さて、お仕事お仕事。

えーっと、パスポートを受け取って……

開いて、確認……

アルストツカの人しか入れちゃいけないわけだから、それを確認して……

この人は入国していい人だから、緑のスタンプを押すんですよね?

パスポートの入国ビザの欄に、スタンプが合うように調整して……

スタンプを、ポンッ!

出来たー!!

えーっと、あ、アルストツカに栄光あれ!!!

こういう感じでいいんですよね?合ってますよね?

こうして、ぎこちなく新人入国審査官の1日目は終わるのでした……

これは大変だあ~!!

「こういうことでいいのかな?」と探り探りでお仕事を続け、なんとか1日目のお仕事を終えた後にこんな画面が。

収支管理……?

こんなところまで細かいんですね……

そして、お給料が少ないのもあって、出費が大きい……!

暖房費もそこそこかかりますね?

寒い地方なのか、寒い季節なのか……

まあ、私が手探り状態だったので、仕事が出来ていないのは仕方ないんですが!

ということは、これ「午後6時までにさっさと仕事を終わらせなければいけない」というやつですね……?

というか主人公、義理のお母さんだけでなく叔父さんとも住んでいるんですね……

そうしたことに驚いている場合ではありません、見てくださいよこの残額。

貯金がごっそり減って、これでは家族の暮らしの維持がままなりません!

明日こそは、明日こそは、もっとスムーズにお仕事したいですね!

でも、明日をちゃんと迎えられるかも心配なんですけど……

明日以降のお給料で、生活分をまかなえるかも心配なんですけど……

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

紫陽花
考えごとをしながらゲームをするのが好きなゲーマー兼コスプレイヤーです。
作業ゲーやリズムゲー、色々手を出しすぎて手が足りない日々。
Fate関連作品、ほのぼの系からほのぼのしてない系まであれこれと遊んでおります。
攻略系よりも解説系記事がメインです。