【ウィッチャー 3】アクションRPGの最高峰を辛口レビュー!

 ランク(順位) 拳闘王(26394
 経験値  3,498
獲得バッジ
レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開10カテゴリーの記事公開10週連続記事公開まとめ記事を10記事公開50記事達成

ウィッチャー 3とは?

皆さん『ウィッチャー 3』というゲームを知っていますか?

正式名称は『The Witcher 3: Wild Hunt』という名前のゲームで、『The Witcher 3』と短縮して言われることもあります。

しかし、この記事は1番分かりやすい『ウィッチャー 3』という表記でご紹介していきます。

『ウィッチャー 3』の基本情報はこちらの表の通りです。

タイトルThe Witcher 3: Wild Hunt
ジャンルアクションロールプレイング
対応機種Windows、PS4、Xbox One、Nintendo Switch
発売元スパイク・チュンソフト
プレイ人数1人
発売日2015年5月21日

この記事をざっくりまとめると!

  1. 『ウィッチャー 3』とは大人気シリーズのオープンワールドゲーム!
  2. 全ての面で優秀なので名作!
  3. 特に素晴らしい点は無いため面白さに欠ける

この記事は約5分で読み終わるので、是非最後まで読んでいってください!

どんなゲームなのか

ウィッチャー3の風景

まずは『ウィッチャー 3』をレビューしていく前に、そもそもこの『ウィッチャー 3』とはどのようなゲームなのかご紹介していきます!

オープンワールド!

ウィッチャー3の会話の様子

『ウィッチャー 3』はオープンワールドです!

マップ上には薬草やアイテムが落ちていたり、野犬やモンスターがウロウロしているなど、危険かつ重要なフィールドです。

そんなフィールドを自由に、徒歩や馬で移動できるようになっています。

もちろん村や街なども存在!

そこに住む人たちと話したり買い物もできます!

ストーリー

ウィッチャー3のあらすじムービー

ストーリーは簡単に言うと、恋人のイェネファーを探すため旅をしている主人公のゲラルト

イェネファーは見つかったものの、今度は弟子のシリが危険ということで探すため様々な手がかりを探していく。

そのようなストーリーとなっています。

ウィッチャーシリーズを見ている・プレイしている人には嬉しいキャラクターが多く登場します!

システム面のレビュー!

ウィッチャー3の装備画面

これからは具体的な『ウィッチャー 3』のレビューをしていきます。

まずは1番重要な、『ウィッチャー 3』のシステム面についてのレビューをご紹介!

難易度がいつでも変更可!

まず良い所だと思った点として、難易度がいつでも変更可能だということ!

これがあるので、簡単すぎるなと思ったら難易度を上げられるし、難しいと思ったら難易度を下げることもできます!

なので、自分に合わせて、いつでも難易度を変更できるのは良い点だと思います。

戦闘システムが中途半端

ウィッチャー3の戦闘風景

番ゲームの面白さにつながるアクション、つまり戦闘システムの評価ですが、中途半端という印象を受けます。

敵に合わせた武器の変更はいいと思うのですが、敵の攻撃を避けたり、ガードしたりする行動が非常にやりにくい・・・

これは、カメラ操作が不便なことや、ターゲット固定がやりにくいなど、結構な理由があります。

戦闘をもう少し軽くするなら、敵の攻撃を受ける時は何かのボタンを押すなどの『アサシンクリード』のようなシステムに。

戦闘をもう少しガッツリするなら、もっとカメラ操作やターゲット固定などを洗練して『Dark Souls』のようなシステムのどちらかの方がよかったと思います。

『ウィッチャー 3』の戦闘は、ちょうどその間のようなものなので、中途半端という印象に繋がります。

ファストトラベルが使いにくい

ウィッチャー3のワールドマップ

次に感じたこととして、何かと不便なシステムが目立つ!

最たるものがファストトラベル!

オープンワールドゲームのゲームは、プレイしていくうちにどんどん行動範囲が広がっていくのでファストトラベルが重要になってきます。

しかし、この『ウィッチャー 3』は特定の場所から特定の場所までのファストトラベルしかありません・・・

特定の場所までファストトラベルは何も感じないのですが、特定の場所まで行かないとファストトラベルできないのはつらい・・・

これは MOD を入れることで解消できますが、最初からできるようにして欲しかったと感じます。

システムが複雑

これもシステムが不便だと感じた理由なのですが、ともかくシステムが複雑だということ。

特に装備関係。

どこに装備できるのか、何をセットできるのか、これは一体何の数値なのかがとにかく分かりにくい。

セットできるもの以外を隠すとか、アイコンや形なのでセットできるものを分かりやすくするなどの、対処が欲しかったと思います。

グラフィック・ストーリー面のレビュー!

次にグラフィックやストーリー面のレビューをご紹介していきます!

グラフィックが綺麗

ウィッチャー3の風景

『ウィッチャー 3』のグラフィックは綺麗だと思います。

他にも綺麗なゲームもたくさんありますが、その中でも上位に入るくらいの綺麗さだと思います。

手軽に綺麗なグラフィックを楽しみたいという人は『ウィッチャー 3』がオススメです!

前作までを知っていたほうが楽しめる

『ウィッチャー 3』のストーリーについてですが、前作までを知っていたほうが楽しめるというのは強く感じました。

そのキャラが出てくる時、主人公とどのような関係なのか、ちょっとした説明はありますが、どうしても不足しがち。

なので、筆者のように『ウィッチャーシリーズ』を知らないで、『ウィッチャー 3』だけをプレイした場合、あまりキャラを理解できないことも。

そのため、『ウィッチャー 3』を本当に楽しみたい!という方は、前作までをプレイしたりして、キャラクターの関係や背景を予習しておくのがいいと思います!

総評!

ウィッチャー3のスキル画面

前章までで各部分でのレビューをご紹介してきたので、次に全てまとめた『ウィッチャー 3』の総評をご紹介していきます!

全ての面で優秀な作品

この記事では『ウィッチャー 3』の悪いところをメインでご紹介しましたが、他のゲームと比較したとき、全ての面で優秀な作品だと思います。

グラフィックも素晴らしく、システムもしっかりしてバグが少ない、そしてストーリーも作りこまれています!

なので、ゲームとして名作なのは間違いありません!

反面尖って面白いところはない

ただ全ての面で優秀なのですが尖った部分がないので、面白さは少ないと感じました。

賛否が分かれやすいストーリー抜きで評価した場合、どれも優秀ではあるのですが、目立った部分がありません。

特に戦闘システムが微妙だったのが、個人的には面白さの低下につながったと思います。

そのため、個人的に名作ではあるのですが、面白いところはないというのが総評となります。

さいごに

『ウィッチャー 3』は最高峰のアクションロールプレイングゲームです。

グラフィックが非常に綺麗で、オープンワールドなのにバグも少ないという非常に完成度の高いゲームです。

しかし、全てが優秀な反面、尖っている部分が無いため面白さが少ないとうのが『ウィッチャー 3』の総評となります。

高難易度ゲームをやりたい方必見!おすすめのソウルライクなゲーム5選!

 

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

TomoG
RPGやシューティングゲーム、シミュレーションゲームが大好きなPCゲーマーです。
『Dark Souls シリーズ』や『Metal Gear TPP』、『Kenshi』、『Satisfactory』、『Raft』等々、幅広いジャンルのゲームをプレイしています。
楽しく読みやすい記事を目指していますので、最後までご覧いただければ嬉しいです!

個人でブログも運営しています!ご興味ある方はこのツイッターから!URL:https://twitter.com/tomog_game12
ゲーム関連で書いてほしい記事があればツイッターまで!