【太閤立志伝ⅤDX】本願寺、燃えちゃいました★(400枚目以降の札回収戦術)

 ランク(順位) 精霊術士(34388
 経験値  2,731
獲得バッジ

さいしょ の かいせつ

さて、本日もやってまいりました、ハリマヤホンポがお届けする太閤立志伝最新作の攻略情報。

……早速、題名にも書いてあることを表示いたします。

……本願寺は滅亡しました★

前回の投稿から色々考えてダメ元で攻めてみたら意外とあっさり陥落してしまい、スクリーンショットや途中のデータなどもロクに残っていないため再現できるかと言われれば未知数なのですが、勝った旨だけでも報告しておこうかと。

そして、これにて残りは武田家が滅亡すれば本能寺の変を起こすことができます!

……まあ、それが難しいんですけどネ。

したらば、今回のザックリリストと標準読了時間をお知らせします。

  1. 札を効率よく集めるための茶会と診療
  2. 予想外のイベント突入
  3. 一番未来の章、出現
  4. 後半戦の主人公、選定完了

この記事はおおむね5分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

今回のあらすじ

ようやく本願寺を滅ぼして一息ついている藤吉郎こと秀吉に次なる試練が舞い降りました。

なんでも今度は「毘沙門天」上杉謙信を滅ぼして来いという無茶振りです。

相手の城の数は5つと一見簡単そうに見えますが、秀吉の所在地は姫路な上に、相手は名うての戦上手。

果たして、羽柴秀吉は幾多の試練を乗り越えベストエンドへたどり着くことはできるのでしょうか!?

そして、季節感を全く無視したねねさんとの会話はこちらっ!

……今、蝉時雨どころか鈴虫の季節ですよ、ねねさん。

どうやらコンピューターは先に敵対勢力を先に滅ぼしてから中立勢力に手を付けるつもりらしい。

ならば、こちらも思う存分札を集めようじゃないか。

と、いうわけで。

浪人狩りの季節がやってまいりました。

説明しましょう、浪人狩りとは、その辺の町に住んでいる浪人相手にひたすら茶会を開いて親密度を上げて、人物札を入手しようというものです。

まあつまりは、人物札は他に比べて相当多いので、茶器の価値が低くても問題ない浪人相手に茶会を開いて人物札を入手できれば、その分1000枚に近づくという今まで戦にかまけてできなかったものでして、これ実は別に高い価値の茶器を持っていれば浪人相手だけではなく敵対勢力ではない大名家の武将相手に茶会を開いても問題ないわけで、むしろそちらの方が一か所に固まっている上に同盟相手であれば親密度が減らないため楽だったしります。

しかも今の時期は上杉家相手の戦争中なので、ノルマである「敵対勢力の城を1つ以上奪う」ができた今、本城である春日山城を誰かが陥落させるまで暇なので、絶好の機会なんですな。

……そして……

before

after

人物札こと主人公札がぐぐっと増えていることがお判りでしょうか。当初、450枚もいけばいい方だろうと思い前後編を想定しておりましたが、早480枚も集まってしまいました。

即ち、この写真の撮影時点で秀吉没後のシナリオである「太平の章」の出現条件まであと20枚ということです。

(後述しますが、この記事を書き上がるころにはあっさりと出現してくれました(汗))

正直、私も日輪の章1周目までならば出せて400枚までだろうなあ、と思っていたのである意味嬉しい誤算です。

とはいえ、さすがに1周だけで600枚こと日輪の章以前の時代である「乱麻の章」まで出すのは難しいとは思いますが。

(エンディング目指すのも、後述する後半戦用のシナリオである「流亡の章」を出すためだったりします)

と、プレイしていると大殿こと織田信長より命令が伝達されてきました。

……今かよ!?

てっきり北条か毛利だと予想していただけに、これは意外でしたねえ……(汗)

次回予告

悩む秀吉、これはあるイベントの冒頭部分。そう、そのイベントとは……。

……察しの良い方は、これだけで何のイベントが起きたか理解して頂けると思いますが、次回ある重大イベントが発生いたします。

ああ、草々。

太平の章、いつの間にか出現してました。

……決定的瞬間を撮影し損ねた……orz

さいご に ひとこと

……まさか、日輪の章からここまで到達できるとは当初想定すらしていませんでした。

まあ、行けるところまで行って、秀吉で300枚くらい集めておいて、そのうち信長の下で地方統一END迎えられたら次行ってみよう、程度の想定だったので、まさかグランドエンディングに突入しかねないことは本当に、びっくりしています。

もしかしたら、もしかしたならば、日輪の章だけで全てのシナリオを出すこともできるのではないか?

そんな、どこかの中隊長殿のセリフを改変してもおかしくない程、若干の動転をしております(想定していなかったんですかぁ!?)

さて、それはそうと今回の巻末付録はと言いますと……。

そろそろ、前回の画面を見ればわかる通り、ゲームも終盤に近付いてきたと思われます。

なので、次回の企画をちらっと見せたいと思います。

題して、「1000枚への道 後半戦 顔芸武将は時代の波を見るか」。

まあ、例によって題名は開発コード扱いなので適当に近いんですが。

……顔芸武将と銘打った通り、おおむね予想はできると思いますが……主人公は、この人。

ひょえー!儂が主人公じゃー!

……次回こそ、「織田信長」札の楽な入手の仕方にしたいと思います。

今しばらく、お待ちください。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

F-LABO.
F-LABO.
太閤立志伝ⅤDX記事担当 ハリマヤホンポ
幼少期に信長の野望にハマり、現在は太閤立志伝ⅤDXに休日の大部分の時間(Switch版だけで160時間以上)を費やしています。Youtubeの「ハリマヤホンポ。」でも取り上げています。皆様に楽しんでもらえるよう有益な情報を提供していきますので、宜しくお願い致します。

モンハン記事担当 竜丸
こんにちは!モンスターハンター大好き!竜丸です。
僕の記事ではモンハンの武器や防具、モンスターの
解説等を書いていきます。よく使う武器は、双剣です。
モンスターの、いろんな部分を語りたいです!