【necesse】どんなゲーム?プレイ日記#1

 ランク(順位) 軽戦士(51384
 経験値  1,580
獲得バッジ

【necesse】どんなゲーム?プレイ日記#1

【necesse】(ネセッセ)は2019/12/13から早期アクセスでプレイ出来る2D見下ろし型オープンサバイバルゲームです!

steamでの評価は全体的にいい評価が多く、ソロプレイやマルチプレイも対応。

マルチプレイは最大250人まで出来るとか・・・。

今回はそんな【neccesse】の魅力についてお伝えしていきます!

steamにて、1,010円で販売されており、日本語対応!

ワークショップにはMODもありました。

今回はバニラでプレイしていきますね!

  1. 【necesse】どんなゲーム?
  2. キャラの見た目
  3. 長老
  4. 入植者
  5. ボスもいる!

この記事は5分程で読めますので、ぜひ最後までお付き合い頂けると嬉しいです!

【necesse】どんなゲーム?

 

プレイ初めて、なんとなくテラリアとRimWorldとマイクラのいい所を合わせたゲーム!

ゲーム立ち上げた感じはまんまテラリアで、BGMに癒されます。

空腹メーターや地下の鉱石の感じは、マイクラぽいので分かりやすい!

入植者システムはなんとなくRimWorldに似てますが、RimWorld程しっかり指示出すことなく、なんとなくお仕事してくれるようです!

全体的な評価は、黙々とゲームやれる人におすすめかなと。

ワールドが島ごとに別れており、初期リスポーン地点は森でした。

左右は砂漠と雪国で、海を渡って移動するのがまた新しい!

キャラの見た目

キャラの見た目は選べる要素が少なめ。

顔が爬虫類に見えない事もないですが、顔は変えれません。

もっと個性的に変えれると嬉しかったなーとは思いました!

今後に期待ですね。

長老

 

初期スポーン地点に住んでる長老。

ガイド的な役割で、簡単な説明をしてくれます!

チュートリアルは何個かしかないのですが、指定のモンスターを倒してアイテム持っていったり、指定の魚を持っていくと、ポーション類やアクセサリーをくれますよ!

夜になると出てくるゾンビを懸命に倒してくれるので、心強い!

ちなみに長老の家には地下に降りる階段があるので、ここから地下への探索が可能です!

入植者

自分の島に開拓地の旗を立てると、入植者として、NPCを誘う事が可能になります。

お金だけだったり、お金とアイテムで移り住んでくれますよ!

今回の入植者は、鍛冶屋さん。

お金だけで移り住んでくれました!

収穫や運搬をしてくれます。

中には狩りしてくれる入植者も!

入植者用に色々整える。

入植者は満足度があり、満足度が高いと真面目に仕事してくれるようです。

満足度が少ないと、休憩が多くなかなか働きません。

  • 部屋の環境(広さ、家具の設置)
  • 食べ物の質

住んでいる入植者に話しかけると確認出来るので、確認しておきましょう。

相部屋でも問題なかったので、広めの部屋にベットと机、椅子それからお風呂、トイレだけ置きましたがそれでよさそう。

食べ物は、近くにチェスト置いて、入植者にも触れるようにした状態で、中に焼いたお肉入れてみました。

食べる頻度はそこまで多くないようです。

このチェストを置いて、入植者に使える状態にしてないと、収穫したアイテムを入れる所がないので、そのまま働いてくれないので、注意して下さい。

話しかけると回収することが出来るので、それで回収しても大丈夫のようです。

自分の開拓地に入植者を増やしてどんどん栄えて行く事も可能ですが、食べ物に困る事にもなりかねないので、食料は早めに用意出来るようにしておきたいですね!

ボスもいる!

森バイオームで奇妙なポータルを夜に使用するとボスが出てきます!

クエストとして、長老から受けたので、いざ尋常に勝負!

ボスの他にも雑魚敵がボスの出したポータルからわらわら出てきます!

入植者は今回戦ってくれませんでした。

狩り出来る入植者じゃないと戦わないのかも?

自身の火力が少なく、倒せそうになかったので、ボスはまた次回のお楽しみ。

操作が慣れない。

移動は「WASD」での移動です。

インベントリが「E」で開きます。

ワールドマップ確認は「N」です。

この辺はちょっと慣れないなと思いました。

松明を「R」で置くことが出来ます。

とっても便利ですが、間違ってついつい松明を無駄に置いてしまう事もしばしば。

インベントリに回復ポーションがあれば、「Q」で飲む事が可能です。

シフトキーで削岩のONとOFFが切り替えることが出来るので、探索の時はONにしておくと楽ですよ!

マウスも左クリックで全部取る、右クリックで半分取る事が出来ます。

ただし、クラフト画面開いた状態だとアイテムを投げてしまうので、武器捨てないように注意しましょう。

さいごに

今回は【necesse】の魅力についてお伝えしています。

まだ早期アクセスなので、バグなどもあるかもですが、今の所は特に問題なくプレイしております。

ドット絵なので、なんとなく懐かしい感じもしますが、たまにアイテムの見分けがつきにくいのが難点ですね。

ボスも何種類かいるようですが、どのくらいの装備だと倒せるのか定かではないので、順番に倒したら報告させて頂きますね!

他にも、農業や畜産、釣りなどの要素もあり出来る事は多いのですが、明確なストーリーがないので、中だるみしてしまう気がします。

他の島に行って種とかを買ったりしないといけないので、それもまた楽しみな所です!

それでは、次回も【necesse】の魅力についてお伝えしたいと思いますので、楽しみにしていてくださいね!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

ちぃた
PCでオンラインゲーム大好き【ちぃた】と申します。
FF14やLOLの攻略やレビュー。
またsteamで購入したゲームの攻略情報などを配信していきます!
アップデート情報など随時更新していくので楽しみにしてください。