普通のパソコンをゲーミングPCに変える「GPU」とは

 ランク(順位) 神Lv47(2400
 経験値  21,245
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

「ゲーミングPC」とはそもそもなんなのか?

コロナ禍での巣ごもり需要でゲームの人気が高まる中、PCゲームにも注目が集まり、ゲーミングPCの需要も増えてきました。

しかしゲーミングPC言われるパソコンは、他のパソコンは元より家庭用ゲーム機と比べて高価!

「そもそも見た目も派手で価格も高いパソコンは、普通のパソコンと何が違うんだ?」と疑問に…

そんな方のために、ゲーミングPCと普通のパソコンの違いについてまとめてきました!

  1. ゲーミングPCと普通のパソコンの決定的な違い=「GPUの有無」
  2. 実はゲーム機にも「GPU」がついている
  3. GPUを後付けするとゲーミングPCになる!?
  4. オススメのGPUとゲーミングPC

この記事は5分で読み終わりますので、ぜひ読んでいってください!

パソコンをゲーミング仕様にするパーツ=「GPU」

実はパソコンとゲーミングPCは性能には違いは有れど、パソコンであるという点では一緒です。

光っていて派手なことが多いのは流行のためであり、光っていなくても性能は変わりません。

かつてはゲーム機=ゲーム特化機であったのですが、昨今ではゲーム機でのネットコンテンツの閲覧も可能になりましたので、ゲーム機とパソコンとの明確な差も無くなりつつあります。

「じゃぁ、高価なゲーミングPCをわざわざ買う必要はないのでは?」と思うかもしれませんが、ゲーミングPCには有って、普通のパソコンには無いパーツがあります。

それが「GPU」といわれる映像処理に特化した演算チップで、GPUをパソコンの拡張スロットに差し込める形にしたのが「グラフィックボード=(略して)グラボ」となります。

GPUは「Nvidia GeForce」と「AMD Radeon」の2つが主流

現在ゲームに適したGPUの設計・開発を行っているのは「Nvidia」と「AMD」の2社。

前者はNvidia GeForceシリーズ、後者はAMD Radeonシリーズを手掛けています。

この2社から供給されたGPUを、ASUS、MSI、GIGABYTEなどといった半導体メーカーがグラフィックボードの形にして市場に出荷しています。

ゲーム機にもGPUが搭載されている

現在のゲームはグラフィックが綺麗で高い処理能力が必要となり、CPUだけではなく映像処理特化のGPUも必要不可欠となっています。

例えばPlayStation5には専用設計のAMD製CPUとGPUが採用されており、パソコンとの違いはOSなどのソフト面での違いになってきます。

逆に言えば普通のパソコンがゲームに不向きなのはこのGPUが無いからです。

普通のパソコンでも映像負荷が軽いゲームならプレイ可能

しかしGPUが無いパソコンでも映像を映すことは可能ですし、そうでなければパソコンとして操作するのが困難になります。

一部の内蔵グラフィックが無いモデルを除けばCPUだけで映像を映すことも可能なので、映像処理の負荷が大きくないゲームであれば問題なく動かすことができます。

GPU後付けでゲーミングPCを作ることができる

自分で好きなパーツを組み合わせて作るデスクトップパソコン=自作PCというものがあります。

デスクトップパソコンは使用されるパーツの寸法や規格がある程度決まっているので、グラフィックボードとなったGPUを取り付けることが可能です。

寸法と電源容量に注意!

小型のケースを使っている場合、グラフィックボードが大きすぎて入らないということがあります。

またグラフィックボードは高い処理能力に見合う分の電力が必要で、補助電源ケーブルを必要としたり、そもそも電源容量が不足するということもあります。

ノートパソコンはGPU追加が困難

市販されているGPUはほぼ全てグラフィックボードの形になっていますので、ノートパソコンには物理的に入りません。

ノートパソコンでグラフィックボードを使うにThunderbolt4ポートと、外付けGPUボックスにグラフィックボードを入れてケーブルでつなげる方法があります。

ただしThunderboltのポートを最初から持つノートパソコンは限られており、GPUの性能も2割程度のロスが発生するので、あまり実用的とは言えません。

初心者はPCショップの「組立代行サービス」や「BTOパソコン」がオススメ!

パソコンパーツは世代や規格が異なる製品が流通しているので、それぞれの相性を把握することが自作PCを組む上でのノウハウの一つとなっています。

そのノウハウを持つのがPCショップであり、PCショップでは自作PCの組立代行サービスやBTO(=受注生産)パソコンの販売を行っています。

細部にこだわりたいのであれば組立代行サービス、PCショップの定番構成で選ぶならBTOパソコンと使い分けると便利でしょう。

後付けするのにオススメGPU

手持ちのパソコンがデスクトップパソコンであれば、グラフィックボードとなったGPUを取り付けできるかもしれません。

ただしグラフィックボードは大きさや消費電力も様々で、パソコンによっては取り付けできないことも。

ここでは大きさや消費電力の観点から、比較的取り付けしやすいモデルを2つ紹介します。

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 Low Profile GDDR6 ZT-T16520H-10L [PCIExp 4GB]

GPUにNvidia GeForce GTX1650を搭載したエントリークラスのグラフィックボード。消費電力が少ないので、補助電源不要です。

高さが抑えられたロープロファイルモデルのため、専用の金属ブラケットを取り付けることでスリム型PCケースにも対応可能となっています。

SAPPHIRE PULSE Radeon RX 6400 GAMING 4GB GDDR6 [PCIExp 4GB]

GPUにAMD Radeon RX6400を搭載したエントリークラスのグラフィックボード。

こちらは補助電源不要のロープロファイルモデルな上に1スロット分の厚さしかないため、より取り付けやすいのが特徴です。

オススメBTOパソコン

「新しいパソコンにしたい」「パソコンの内部に手を出すのに躊躇がある」という方は、BTOパソコンを選ぶと良いでしょう。

ここではゲーミングPCとしては標準的なミドルスペックのモデルを2つ紹介します。

ドスパラ GALLERIA XA5R-66XT 5600X搭載

 

OSWindows 11 home 64ビット
CPURyzen 5 5600X
RMA16GB DDR4 SDRAM
GPURadeon RX 6600 XT 8GB GDDR6
ストレージ1TB NVMe SSD / HDD 無し

CPUとGPU共にAMD製品で構成されたミドルクラスのゲーミングPC。

人気のApex Legendsやフォートナイトなどを120fps以上のフレームレートでプレイすることが可能です。

またストレージには1TBのMVMe SSDを備え、ゲームのロード時間が短縮されます。

パソコン工房 LEVEL-M066-124-RBX

 

OSWindows 11 Home
CPUCore i5-12400
RAMDDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2)
GPUGeForce RTX 3060 12GB GDDR6
ストレージ500GB NVMe対応 M.2 SSD

Intel第12世代CPUとNvidia製GPUを組み合わせたミドルクラスのゲーミングPC。

RTX3060はVRAM容量がこのクラスとしては多いので、高解像度でフレームレートが出やすいです。

まとめ

ゲーミングPCと聞くとLEDで光るパソコンのイメージを持たれる方もいるのですが、あれはただのイルミネーションです。

見た目というのは処理能力を保証するものではなく、ゲームの処理に必要なパーツ=GPUやグラフィックボードを搭載していることが重要なのです。

「パソコンでプレイしているけど、動きがイマイチだな…」と感じたのであれば、GPUの有無とその性能をチェックしてみてください!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト