原作ファンも納得の出来!『コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS』

 ランク(順位) 神Lv23(2384
 経験値  14,138
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

添い寝がしたい!『ソードアート・オンライン アリシゼーションリコリス』をレビュー!

今回遊ぶゲーム

今回はPS2とPSPで発売された「ソードアート・オンライン アリシゼーションリコリス」をレビューします!

ちなみに、今回のレビューをざっくりまとめると!

  • 主人公『ライ』がとにかくカッコいい!
    原作ファンからも高い評価を得ている
  • 注目するのはIFの展開!
    原作の歴史を改変するIFストーリーの完成度が高い!
  • バトルや鬱展開の多さは気になるが
    原作ファンはとりあえず買って間違いない!

この記事は5分で読み終わりますので気軽に最後まで読んでみてくださいね!

おすすめ記事

[clink url=”https://chara.ge/character-game-reviews/sword-art-online-alicization-lycoris-ps4/”]
[clink url=”https://chara.ge/jump/prince-of-tennis-yumejoshi/”]

コードギアス 反逆のルルーシュとは?

「コードギアス 反逆のルルーシュ」は、ロボットアニメに定評がある「サンライズ」が製作したロボットアニメです。

ロボットのアニメーションは勿論、良質な学園物語や政治関係の要素を盛り込んでいるのが特徴で、子供よりも大人をターゲットにしています。

特に、主人公である『ルルーシュ』と、敵であり友である『スザク』の関係や、主人公勢と敵役の信念は、一般的なアニメの「正義」と「悪」では測れない、複雑な心理描写が魅力的な作品です

ロボットのアニメーションはこちら

コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORSとは?

その『コードギアス』のゲームが、『コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS』となります

内容としては…

『ルルーシュ』が在籍しているアッシュフォード学園に、記憶を失った主人公『ライ』となって、学園での生活を営みながら、帝国の反逆者『黒の騎士団』と『ブリタニア軍』との戦争に巻き込まれていく

といった、完全オリジナルストーリーの作品です

ハードによって異なるストーリー!

基本的なルートは、

  • アニメ版のストーリーに沿って進む『ギアス編』
  • アニメ版と違うストーリーを追う『黒の騎士団編』
  • ブリタニア軍人となって黒の騎士団と戦う『ブリタニア軍人』

の3つがあり。

「PSP版」限定で、日本軍人となり「黒の騎士団」と「ブリタニア軍人」の両方と戦う『日本解放戦線編』

「プレイステーション2版」限定で、恋愛要素で構成された『ブルームーン編』

で構成されています。

本作品は、サンライズ監修の元で作られており、作品の矛盾を作らずに、没シナリオやIFストーリーが展開されます。

主人公『ライ』の人気も相まって原作ファンから高い評価を受けており、『原作があるゲームの最高傑作は?』という話題の際には、必ず候補に挙がるほど

ゲーム情報

タイトルコードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS
ジャンルアドベンチャーゲーム
対応機種 PlayStation 2、PlayStation Portable
発売元バンダイナムコゲームス
プレイ人数1人
発売日2008年3月27日(PS2)、2009年12月3日(PSP)

コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORSのここが良い!

主人公『ライ』がカッコいい!

本作品を語る上で外せないのが、記憶喪失の主人公『ライ』の存在です。

そもそも原作がある作品に、オリジナル主人公を入れるという行為は、

  • 原作のイメージを損なう恐れがあ
  • 原作主人公の立場を食いかねない

と、扱いが難しいもの。

『主人公が嫌われている』という1点のみで、クソゲー扱いされることも珍しくありません。

そんな中『ライ』は、原作ファンどころが、原作にわかの筆者でさえ「カッコいい…」と思わず言ってしまうほどの神キャラ!

その上で『ルルーシュ』の立場を食うことなく、影の主人公を演じるその様は、正にオリジナル主人公のお手本とも言えるレベル

ストーリーの完成度が高い!

ストーリーは、王道ながら、ギャグシーンとシリアスシーンのバランスが良く、テンポの良さもあって、ストレスなく楽しめます。

また、IFストーリーにも注目です

原作では、とある勢力による日本人大量虐殺が行われており、数々の視聴者の心をえぐりました。

しかし本作では、それを止めるIFルートが存在しております

惨劇を回避する様や、IFルートそのものの完成度が高いことも相まって、高い評価を得ています。

コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORSのここが微妙…

ありきたりなアドベンチャーゲームなのが残念

本作品は、ストーリーそのものの評価は高いのですが、一方でゲームとしての満足度は低いです。

やることは基本、原作キャラと会話して、たまに出る選択肢に答えていくだけ。

戦闘シーンも、選択肢のみなので、いかんせん緊張感に欠けます

しかも戦闘シーンは、『この選択が王道だ!』みたいな選択肢でも、実は間違っていたなんてことも多々あります。

その上、ゲームオーバー直行の選択肢も紛れているため、難易度はかなり高いのも辛い所ですね

不親切なセーブ

さらに追い討ちをかけているのはセーブシステムです。

本作品のセーブシステムは、『場面ごとのオートセーブ』と、『マップ選択画面での手動セーブ』のみ

しかもオートセーブの回数は決して多くなく、マップ選択画面も後半になるとほぼ出てきません

鬱要素が多め

原作アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』では、「ギアスの力は人を孤独にする」と言われております。

その言葉通り、『ライ』が悲惨な結末を迎えるルートがかなり多いです

勿論ハッピーエンドもありますが、個人ルートの中には、バッドエンドにしか見えないものしかないことも結構あります。

『このキャラと幸せな結末を迎えたい』という人は、『ブルームーン編』が収録されているPS2版を買った方が良いでしょう。

原作ファンはとりあえず買っとけレベルでおすすめ!

  • 原作キャラの設定や性格が、崩壊することがない
  • 主人公ライがカッコいい
  • ストーリーの質も良好

と、システム周りの悪さに目を瞑れば、十二分に楽しめる内容になっています

一方で、アニメ最初期の部分がごっそりカットされているため、原作を知らないと、色々置いてけぼり感が凄いです。

逆に、原作ファンには、本当におすすめできます!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA