ゲームも名作?ドラえもん『ドラえもん のび太と3つの精霊石』レビュー

 ランク(順位) 神Lv24(2384
 経験値  14,493
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

名作『ドラえもん のび太と3つの精霊石』をレビュー

「ドラえもん」を好きな人は多いと思います

が、「ドラえもん」のゲームをプレイした方はいらっしゃるでしょうか?

今回は数あるゲーム化作品の中から…
『ドラえもん のび太と3つの精霊石』をレビューしたいと思います!

『ドラえもん のび太と3つの精霊石』について

タイトルドラえもん のび太と3つの精霊石
ジャンルアクション
対応機種NINTENDO64
発売元エポック社
発売日1997年3月21日

『ドラえもん』のゲームを数多く発売した、エポック社によるニンテンドー64版ドラえもん3部作の1作目です。

ニンテンドー64の本体が発売されて1年以内に出た最初期のゲーム。

箱庭型の3Dアクションゲームとしては、なんと『スーパーマリオ64』に続いて2作目です

映画にありそうなストーリー!

本作のストーリーをざっくり説明すると…

妖精界で復活した魔王を封印するために『ドラえもん』たちに妖精の姫『コロナ』が助けを求めてきます。
人間界にも影響が出ると聞かされて協力することになるのですが、「四次元ポケット」を魔王の手下に奪われてしまいます。
その後『四次元ポケット』は取り戻すのですが、「ひみつ道具」は妖精界の各地に散らばってしまったため、ひみつ道具を集めながら魔王封印を目指す。

という内容。

なんか、ドラえもんの長編映画にありそうな内容でテンションが上がります

ドラえもん初の3Dアクションゲーム


本作『ドラえもん のび太と3つの精霊石』は、ドラえもん初の3Dアクションゲームです。

2Dでは味わえない、3Dならではのアクションが楽しめます!

ですが、ニンテンドー64の初期作品だったこともあり、粗削りな部分も多い作品でもあります。

少し残念な出来に…

まず、3Dアクションで重要なカメラワークが悪いことが挙げられます

特に、後ろや横が見えづらいため…

・突然敵が現れる
・視界から消える敵に攻撃されて足場から落とされる

といった事があります。

また、距離感がつかみづらく、ジャンプして足場を移動するときは、カメラワークの悪さで苦戦を強いられることもあります。

ドラえもん初の3Dアクションは少し残念な出来になっていました

ストーリーは淡泊で味気ない

ドラえもんのゲームは、ストーリーがよくできているものが多いのが特徴

しかし本作は少し淡泊な印象になっています

大筋のストーリーは「妖精界に出た魔王を封印するために戦う」というもので単純。

単純な上に起承転結がほぼなく、盛り上がりに欠けます

いろいろ薄味な演出

イベントシーンも簡素なうえに少なく、キャラゲーとしてはあっさりしています

登場キャラは、原作からはいつもの5人

オリジナルキャラも少しキャラが薄目かなという印象を受けます

イベントシーンが少ないので、オリジナルキャラの掘り下げが出来ていない点が淡泊な印象を与えていると感じました。

ただ、原作キャラクターの改悪等はないため、安定したストーリーであることは確かです

バリエーション豊かなステージと個性的なボスキャラなど魅力的な所も!


本作はステージ数は12あり、各ステージ「外観と中身」の両方で明確な差があります。

使いまわしだなと思うところはありません。

こだわりを感じる部分

大長編の『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』に登場する「水中バギー」によるレースや、シューティングステージなど
操作性を大きく変えるステージもあり、飽きさせない工夫がされていました

各ステージのボスも
・通常攻撃のみで倒せるもの
・自爆を誘導して倒すもの
など、個性的な特性を持つものが揃っています

一部のボスは、プレイヤーしているキャラ別でセリフが用意されているなど、凝っている部分も魅力です。

やりこみ要素はほぼない

『ドラえもん のび太と3つの精霊石』の最大の弱点が、やりこみ要素がほぼない点だと思っています。

一応「ひみつ道具を集める」というものがありますが、コンプリート特典はありません

ひみつ道具の数も32個と少なく、やりこみ要素としては弱いです。

そのため一度クリアしたあとは同じことを繰り返すだけになり、2週目をプレイしようというモチベーションをくれる作品ではありませんでした。

問題も多いが思い出に残る作品『ドラえもん のび太と3つの精霊石』

『ドラえもん のび太と3つの精霊石』は、ニンテンドー64の初期作品ということもあり、ゲームシステムやグラフィックの作り込みなど、粗さが目立ちます。

しかし!

「ドラえもん」×3Dアクションゲーム

というだけで、かなり魅力的な作品です。

「ドラえもん」のファンの方にはぜひ遊んでほしい作品です!

こちらの記事もオススメ!

  • 【ドラえもん のび太の牧場物語】牧場物語シリーズファンが語ってみた
  • キャラゲーの歴史!名作からクソゲーまでキャラゲーの歴史を振り返る!(FC~SFC)
  • クソゲーだけじゃない!?レトロゲーム良キャラゲー集
  • 【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
    奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

    RAID:Shadow Legends

    月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

    「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

    なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

    また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

    Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

    300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

    そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

    課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

    レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    レビューのご紹介

    レビューレビュアー
    キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
    レビューレビュアー
    課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
    レビューレビュアー
    画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて! /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

    Raid: Shadow Legendsのドラゴン

    魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

    ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

    ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

    ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

    しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

    (どんどん沼っていく理由が分かりました…)

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    戦略性のある中毒性があるバトル!

    Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

    何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

    戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

    編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

    戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

    クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

    また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

    そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

    Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

    Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

    主なコンテンツは、この6つ!

    • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
    • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
    • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
    • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
    • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
    • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

    特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

    編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

    無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

    1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

    注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

    \ まずは試しにやってみて /

    RAID: Shadow Legends 公式サイト

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA