ダメージ計算とデバフの恩恵【ドラガリアロスト】

 ランク(順位) 重戦士(38388
 経験値  1,778
獲得バッジ
10記事達成

ドラガリアロストのダメージ計算式

ドラガリのダメージ計算は、一部特殊な計算となっております。

本記事は、そのダメージ計算式と細かな仕様を紹介していきます。

とても特殊な内容ですが、知るとデバフなどの恩恵がどれ程なのかが分かります。

  1. 計算は「自身の攻撃力 – 対象の防御力」ではなく「自身の攻撃力 / 対象の防御力」
  2. 防御力5%デバフ効果でも、与えるダメージがかなり増える!
  3. 攻撃力と防御力以外にも、沢山の値が存在する

この記事は約5分ほどで読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

大まかなダメージ計算式

まず、自身の攻撃力と相手の防御力による計算ですが、こちらは「自身の攻撃力 / 相手の防御力」となっております。

殆どのRPGでは、引き算式の計算かと思いますが、ドラガリでは割り算式の計算となっております。

割り算式という事で、防御力の値が1違うだけで与えるダメージが大きく変わります。

例えば、自身の攻撃力が3000、相手の防御力が10とします。

この場合、与えるダメージが300となります。

もし小数点以下の数値が出た場合は、その小数点以下の数値は切り捨てられます。

例:最終ダメージが245.8だった場合は、小数を切り捨て245になります。

ちなみに、もし最終ダメージが0.32と、1.0以下の数値を出した場合は、1ダメージとなります。

細かいダメージ計算式

ここからは本題のダメージ計算となります。

値の種類が多いですが、いちから説明します。

(100 – 耐性)

耐性系のアビリティ効果で得られる値です。

耐性1% = 1なので、耐性100%が最大となります。

耐性値を増やすと、最終ダメージを多く減る事が期待できますので、護符で耐性系を装備するとやられにくくなります。

攻撃力

対象の攻撃力の値です。

「攻撃力バフ」などは、攻撃力の数値に乗算します。

攻撃係数

各段階の通常攻撃の値です。

通常攻撃の段階によって、威力が変わるのはこの値があるからです。

会心威力

クリティカル発生した時に得られる値です。

デフォルトの倍率は1.7で、そこからバフなどで加算していきます。

スキル威力

各スキルの威力です。

スキルによる攻撃を行った時、この値が追加されます。

アビリティの「スキルダメージ +○○%」や、バフの「スキルダメージアップ」はここで加算又は乗算されます。

特攻

状態異常や種族などの特攻値です。

状態異常などの特攻が複数発動した場合は加算されます。

例:毒特攻+30%と火傷特攻+30%の2つが発動した場合、30%+30%で特攻倍率が60%となります。

また、ブレイク特攻だけは加算ではなく、乗算になります。

その場合の計算が、(毒特攻+30% + 火傷特攻+30%) × ブレイク特攻+30%となります。

またキャラアビリティと護符アビリティで、ブレイク特攻が2つある場合は、互いのブレイク特攻値を加算してから、乗算されます。

その時の計算は、(毒特攻+30% + 火傷特攻+30%) × (護符のブレイク特攻+30% + キャラのブレイク特攻+30%)になります。

属性相性

属性の不利・有利によって与えるダメージ倍率が変化する値です。

有利だと1.5になり、不利だと0.5になり、それ以外は1となります。

また、EXアビリティなどの「属性ダメージアップ+○○%」などは、ここに加算されます。

竜化

竜化中の時、この値が追加されます。

デフォルト倍率が1.2となります。

EXアビリティ・護符&キャラアビリティ・施設で得られる「竜化ダメージアップ+○○%」は、ここに加算されます。

乱数

ダメージの量が変化する値です。

乱数の幅は0.9~1.1の中から決まります。

乱数はそこまでダメージに影響はありませんので、実質ない(基本倍率1)に等しいと思います。

防御力

攻撃対象の値です。

殆どの敵は基本10ですが、一部例外が存在します。

例えばディアボロス封滅戦のリリスは、15です。

防御力デバフの恩恵

特定のスキルには「防御力○○%ダウン」を付与する効果を持ってます。

同じスキル名の防御力デバフは重複できませんが、違うスキル名の防御力デバフは重複できます。

また、防御力ダウンの最大値は50%となります。

それ以上付与する事はできません。

防御力のデバフ効果は5%だけでも、十分な恩恵を得られます。

例えば、キャラの攻撃力が8000、ボスの防御力が10とします。

他の要素を入れるとややこしくなりますので、攻撃力・防御力・耐性のみで計算します。

この時の計算は、5 × (100 – 0) × 8000 / 5 × 10 × 0.95(防御力5%デバフ)となります。

計算後の最終ダメージは、84210になります。

ちなみに、防御力5%デバフなしでは、80000となります。

この様に、防御力5%デバフだけでも十分恩恵がある事が分かったと思います。

特にバフが得られないクエストでは恩恵が大きいと思います。

一部のクエストには、こちらに「虚無」を付与する敵が存在します。

「虚無」は、こちらが付与する一部能力値上昇バフを解除され、しばらく無効化される効果を持っております。

なのでそういったクエストでは、デバフがかなり重要になります。

最後に…

今回はかなり特殊な内容となりましたが、ダメージ計算を知れた事で今後の戦略が少し変わる…かもしれません。

特に高難易度クエストで中々クリア出来ない場合は、護符とキャラアビリティを見なおしてみると良いでしょう。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

MIORUKA
こんにちは、沢山のゲームを遊んでおります、MIORUKAです。
現在は「ドラガリアロスト」「Gun Fire Reborn」「FORTNITE」をやり込んでおります。
ゲーム好きなので、ゲームの攻略・紹介記事を書いていきます。
他にも、あまり知られていないゲームを紹介していこうと思います。