【ドラクエXI】徹底考察!ロトの称号と悪魔の子、主人公の正体とは

 ランク(順位) 神Lv3(2378
 経験値  8,166
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

ドラクエXIってどんなゲーム?

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は、2017年にスクウェア・エニックスから発売されたドラクエシリーズ第11作目です。

現在発売されているドラクエシリーズの中では最新のもので、3DSやPlayStation4、2019年にはSwitchで新たなストーリーを加えたバージョンが発売されるなど、人気のタイトルです。

発売前から主人公の出自や時代設定について、様々な議論が行われていました!

今回は、謎に包まれたドラクエXIの主人公(XI主人公)の正体について、解説していきます(ネタバレ注意です)!

  1. 「悪魔の子」はウルノーガによる謀略!
  2. XI主人公の正体は勇者ロト!
  3. III主人公にもつながる?XIの世界はIIIの数百年前!

この記事は約5分ほどで読み終わるので、是非最後までお付き合いください!

「悪魔の子」と呼ばれた主人公

勇者なのに…何故か「悪魔の子」と呼ばれ追われる主人公

ドラクエXIをプレイすると、最初の方は勇者の生まれ変わりとして散々持ち上げられるのに、行けと言われて城に行った瞬間投獄されます

なんとか脱獄しますが、それからはずっと「悪魔の子」呼ばわりされ、世界を逃げ惑う指名手配犯状態です。

全てはラスボス、ウルノーガの策略だった!

結論から言うと、「悪魔の子」にされてしまったのは全てラスボスのせいです。

ラスボス「ウルノーガ」が勇者の力を恐れたために、「悪魔の子」だと噂を広め、捕えようとしていたのです。

結局、主人公一行はウルノーガの魔の手に気付くことができず、世界を闇の手に渡らせてしまうこととなりました。

この後、主人公は過ぎ去りし時」を求めていくようになります。

「ロトの称号」とは?

ではここで、ドラクエXIを語る上で絶対に外せない、「ロト」という名前について見ていきましょう!

ドラクエI、IIで世界を救った勇者に与えられる称号

「ロト」という名前は、ファミコン時代のドラクエをプレイしたことがある方なら1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ドラクエI、II、IIIの中では、「ロト」伝説の勇者の名前・称号として度々登場します。

また、I・IIの主人公たちは伝説の勇者「ロト」の子孫として語り継がれています。

IIIのエンディングの中で、主人公がラスボスを倒した際に、「ロト」の称号が与えられました。そこから、I・IIでの「伝説の勇者ロト」は、III主人公の事だと判明します。

しかし、なぜ「ロト」なのかは長らく語られてきませんでした…

XI主人公と「ロト」の関係

III発売から長いこと語られなかった「ロト」の称号ですが、XIの発売によってその真実が明かされることとなりました。

それは、XIの舞台となる世界の名前が「ロトゼタシア」であるということです。

『もしかして、「ロトゼタシア」を救ったからXI主人公が「勇者ロト」なのでは?』と多くのファンをざわつかせました!

もしそうならば、XIの世界はIIIよりもっと昔ということになりますし、何十年も明かされなかった謎がやっと解明されることになります。

XI主人公が生きた時代と大地

「ロトゼタシア」を救ったXI主人公

ロトゼタシアに生まれ、川に流されるゴリラみたいなおっさんに追い回されるわ、ロクなことがなかったXI主人公ですが、彼の手の甲には「勇者の印」が刻まれています。

彼は紛れもなく勇者であり、このロトゼタシアを魔王ウルノーガの魔の手から救います

しかし、ウルノーガを倒して終わりではありませんでした。

なんと、真ラスボスである「邪神ニズゼルファ」を倒すため、時を超えた旅に出ることになるのです!

先代勇者ローシュとは?

真エンディングを迎えるにあたって外せないのがこの人、先代の勇者「ローシュ」さん。

彼はXIの時代よりもっと昔に、ロトゼタシアで勇者をやっていた人です。

過去に邪神ニズゼルファと戦い、倒す寸前で仲間の手によって死んでしまっています

しかし、真エンディングでは、仲間兼恋人であるセニカさんがXI主人公から勇者の力を貰い、時をさかのぼってきたことで、彼の死は無かったことになります

「初代ロト」は結局どちらか

XI主人公と先代勇者ローシュ、真エンディングまで見ると、どちらもロトゼタシアを救っています

一体、本物の「伝説の勇者ロト」はどちらなのでしょうか?

ロトの称号とパラレルワールド

二人の勇者と二つの世界線

真エンディングによる疑問、「ロトって結局どっち?」の答えですが、

答えは「どちらもロト」というほかありません…

それにはパラレルワールドの考え方が絡んできます。

XI主人公が「ロト」の場合

こちらは、XI主人公がニズゼルファを倒した場合の世界線となります。

どういうことかと言うと、XI主人公が時を渡り、ニズゼルファを倒した後、命の大樹に「勇者の剣・真」を収めた世界です

この場合、先代勇者ローシュはニズゼルファを倒さず亡くなっていることになり、XI主人公こそが初めてニズゼルファを倒しロトゼタシアを救った、

「初代ロト」ということになります。

したがって、この後の世界であるIIIやI・IIの主人公たちはXI主人公の子孫ということになります。

エンディングにI主人公のカットがある点、そしてクリア特典としてIを無料でダウンロードできる(現在は終了しているようです)点からも、XI主人公とのつながりが伺えます。

先代勇者ローシュが「ロト」の場合

こちらはローシュがニズゼルファを倒した世界です。

つまり、XI主人公がセニカに勇者の剣と勇者の印を託し、セニカが過去へ戻った場合です。

過去へ戻ったセニカはローシュが仲間の手によって殺されるのを阻止します。

そのおかげで、ローシュが初めてロトゼタシアを救ったということになり、ローシュが「初代ロト」になります。

しかしこの場合、ニズゼルファの復活は無くなるので、未来でXI主人公が世界を救うことも無くなり、XI主人公が存在しない世界になってしまいます。

しかし、ローシュはめちゃくちゃIII主人公に似てますね…

さいごに

今回はドラクエXI主人公について考察していきましたが、どうだったでしょうか?

XIは複数の世界が考えられ、複数の勇者が存在するという、これまでに無い非常にユニークな作品だと思います。

XI主人公とローシュどちらが「真のロト」なのか、正解は無いのかもしれません。

ドラクエXIは様々なハードで発売されているので、是非遊んでみてください!特にSwitch版の「S」では、オリジナルのボイスドラマも付いています!

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト