【ドラクエウォーク】来る、豪氷の四天王襲来までにやるべき事とは?

 ランク(順位) 傭兵(124388
 経験値  438
獲得バッジ

超強敵!?豪氷の四天王襲来!

ついに四天王2匹目の登場が決定したドラクエウォーク。

1匹目からかなり期間が空いていたことも相まって、1月末の登場で一気に盛り上がること間違いなしでしょう。

そんな、豪氷の四天王ですが前回同様かなりの強敵になると予想されます。

では、四天王襲来までに何をやっておくべきなのか、やると良いことについてもまとめていきたいと思います。

  1. 豪氷の四天王襲来までに準備しておくべきことを総まとめ
  2. 開催中のイベントについても紹介
  3. 今優先して引くべきふくびきとは

この記事は3分程度で読み終わりますので、是非最後まで読んでいってください。

メインはイベントをこなすこと

現在開催中のイベント「襲来!豪氷の四天王」はその名の通り四天王攻略までの準備クエストという位置づけになっています。

イベントをこなすことで様々な恩恵を受けることができるので、どんどんこなしていきましょう。

  • 遺跡探索アイテムを集めて遺跡探索を行えば様々な報酬が貰える
  • クエストをクリアしていくと強敵「ドラゴンライダー」と戦闘可能に
  • ログインボーナスで最大1000ジェムが貰える
  • 「いにしえの魔法書」をコンプすることでジェムや四天王とのバトルが有利になるアクセサリーを取得できる

今回初登場となるドラゴンライダーは赤色のこころで攻撃特価になっています。

とびぬけて強いわけではないですがバギとドルマ属性斬撃体技ダメージがアップします。

四天王の弱点がどの属性かまだ分かりませんが、念のためSランクを1個はゲットしておくとよいでしょう。

また、イベント中特に問題になってくるのが「いにしえの魔法書」をコンプすることです。

これは遺跡探索アイテムを集めて遺跡探索をしたり、強敵を倒すことでちぎれたページを集めるのですがこれが曲者。

戦闘やツボ割でも少量のアイテムしか集まらないので、かなり本腰を入れてやらないと魔法書コンプは果てしなく感じるでしょう。

ただ、ゲットできるアクセサリーは四天王の特殊効果を打ち破ることができるので手に入れておくことに越したことはないでしょう。

探索アイテムを多くゲットできる時間帯も設けられているので、レベリングと並行してコンプを目指したほうが良いかもしれません。

やっぱりレベリングは重要

現在はメタルイベントも開催されていないので一気にレベルアップを狙うには難しい期間になっています。

ただ、下記の要素から1週間毎にそれなりにレベリングはできるようには設定されています。

  • 週末メタルダンジョン
  • メタルのほこら(毎週1回更新)
  • 11章のボーナスダンジョン(毎週月曜日更新)
  • 覚醒千里行(かなり敵が強くなっていますが経験値がうまい)

四天王ともなるとレベルも80位は必要になってくると思われるので、上記を効率的にこなし決戦に備えましょう。

こころ集めも忘れてはいけない

もう一つ重要な要素はやっぱりこころ集め。

現在ゲットできるこころは以下のとおりです。

  • 各章のめったに枠
  • イベントモンスター
  • ほこらモンスター
  • メガモンスター

各章のめったに枠についてはSがゲットできればラッキー程度でいいと思います(筆者も全然Sが出なくてほぼあきらめてます)

ただ、そのほかのイベント、ほこら、メガモンについては期間があるのでできる限りSを最低でも1個はゲットできると良いです。

特にゲットしておくと良いこころは下記の通りですが、どれも即戦力になるほど強力なステータスになっています。

イベントアイスフライHP+76

MP+113

力+16

守+20

攻魔+84

回復+33

すばやさ+80

きようさ+84

こころ最大コスト+4

呪文+3%

バギ呪文+10%

ヒャド呪文+7%

眠り耐性+7%

出現は2月10日までなので早めに確保
イベントドラゴンライダーHP+107

MP+46

力+100

守+60

攻魔+16

回復+16

すばやさ+84

きようさ+74

こころ最大コスト+4

スキル斬撃・体技+3%

バギ斬撃・体技+7%

ドルマ斬撃・体技+7%

麻痺耐性+7%

出現は2月10日までなので早めに確保
ほこらゴールデンゴーレムHP+112

MP+100

力+105

守+69

攻魔+21

回復+42

すばやさ+77

きようさ+31

こころ最大コスト+4

スキル斬撃+10%

スキル体技+5%

ヒャド斬撃・体技+5%

物質系ダメージ+10%

毒耐性+10%

幻惑耐性+10%

終了はまだまだ先なのでのんびり確保
メガモンサンライズスライムHP+120

MP+51

力+95

守+62

攻魔+17

回復+17

すばやさ+78

きようさ+67

こころ最大コスト+4

スキル斬撃・体技+7%

イオ斬撃・体技+5%

メラ斬撃・体技+5%

【晴れ】イオ斬撃・体技+3%

毒耐性+10%

出現は1月31日までなので最優先確保!

特にサンライズスライムのこころはイオ属性ダメージの大幅強化を狙えるので優先順位が一番高いこころとなっています。

また、アイスフライはフィールドに出現しているブリザードマンと稀にセットで出てくる敵になっています。

なかなか出現しないですが倒せば必ずこころを落とす仕様となっています。

性能も申し分なくバギ魔法最適セットにも入れられるのでできる限りブリザードマンを見かけたらタップするようにしましょう。

このほかにも随時イベントでは強敵が追加されていくので取り逃しのないように注意してください。

開催中のふくびき優先度

現在開催中のふくびきと引く優先順位は下記のとおりです(筆者個人の考えを含みます)。

新春2022きせきのつるぎふくびき開催期間:2022年1月28日まで
封印されし大賢者装備ふくびき開催期間:2022年2月10日まで
みずのはごろも装備ふくびき開催期間:現状無期限
天空装備ふくびき開催期間:現状無期限

正直なところ今引くならきせきのつるぎ一択と言ってもいいかもしれません。

きせきのつるぎのように回復と攻撃を両立できる武器はそうそうないので是非とも武器を一本は取っておきたいところ。

去年の年始ふくびきは一時常設化されましたが、今のところその気配もないのでまだゲットされていない場合はお忘れなきように。

ポイントまとめ

  • イベント消化優先(イベントクエスト、ログインボーナス、遺跡探索(いにしえの魔法書コンプ)、強敵)
  • レベル80前後の上級職を育てておく(特にバトマス、賢者)
  • 開催期間の短いモンスターのこころ集め(サンライズスライム>イベントモンスター>ゴールデンゴーレム)
  • 無料のとうばつ手形を集めておく(最大10枚所持可能)
  • 他にどうしても欲しいものがなければふくびきはきせきのつるぎ一択

最後に

おそらくですが豪氷の四天王のこころは最強セットの一角を担うほどの強さになるでしょう。

特に1匹目のバリゲーンのこころは今でも最強枠に君臨し続けています。

それに加えこころの覚醒という要素が初めて実装されたのもバリゲーンのこころでした。

今後、豪氷の四天王のこころも覚醒する可能性は十分にあるので必ずSをゲットする勢いで挑んでいきましょう。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト