【ドラクエウォーク】世界樹の天鞭【聖】装備ガチャは引くべき?去年の年末年始ガチャとも比較してみた

 ランク(順位) 傭兵(124388
 経験値  438
獲得バッジ

新たな世界樹シリーズガチャが登場!

年末年始をまもなく迎えるという中、ドラクエウォークで12月23日より新たなガチャがスタートしました。

多くの人が待っていた世界樹シリーズ装備です!

今回は世界樹シリーズガチャを引くべきかどうかを去年の年末年始ガチャと比較してまとめてみました。

  1. 初の全体デイン属性体技が登場!
  2. サブ技もヒャド単体体技が強力
  3. 新たないきなりスキルも登場
  4. 去年の年末年始近辺ガチャを振り返り
  5. おまけ運試しガチャ付き

この記事は3分程度で読み終わりますので、是非最後まで読んでいってください。

久々の世界樹シリーズ!

度々ドラクエウォークに登場しているシリーズで、強力な装備であることは皆様ご存じのとおりです。

今回の武器は「世界樹の天鞭【聖】」となっており、その名の通りカテゴリはムチとなっています。

防具も今までの世界樹シリーズと似たような作りとなっており、非常にかっこかわいいです(男女共違和感なく装備できそう)。

それでは早速そのステータス詳細を見ていきたいと思います。

世界樹の天鞭【聖】攻撃力+205

※限界突破時

導きの雷陣(全体デイン体技:威力320%と稀に感電)

いきなりスキル(悪魔系ダメージUP)

世界樹の白帽【聖】防御力+72

※限界突破時

デイン斬体+6%、魔法戦士:スキル体技+2%、晴れ:デイン斬体+3%
世界樹の天衣上【聖】防御力+100

※限界突破時

デイン斬体+6%、魔法戦士:スキル体技+2%、晴れ:デイン斬体+3%
世界樹の天衣下【聖】防御力+72

※限界突破時

デイン斬体+6%、魔法戦士:スキル体技+2%、晴れ:デイン斬体+3%

特筆すべきは全体デイン体技が初登場ということ。

また、新たな状態異常効果の感電が付与されていることも大きな要素です。

感電は相手に数ターンデインスリップダメージを与えるもので、相手が行動するたびにダメージが入ります。

パーティの回復に専念しつつ、少量のダメージを与え続けることができるので1ターンで攻撃と回復を両立できることに。

当然、追撃を与えることもバフを付与することにもターンを使うことができるので、幅広い戦略を立てることができると言えます。

ただし、スリップダメージはデイン耐性によって変動するので注意が必要です(耐性が高いと微量ダメージです)。

その他、氷結打ちで守備力UPやいきなりスキル等、優秀なバフ効果を持っているので使える場面は豊富でしょう。

ムチが得意な上級職(賢者除く)は即戦力になる可能性大

レンジャー、魔法戦士、スーパースターは世界樹の天鞭を装備すれば絶大な威力を発揮するといえます。

特にレンジャーでは素早さと全体攻撃を生かし、影縛りで先制ができるので相手を動けなくしつつ大ダメージを狙えます。

また、感電と影縛りは同時に効果が発揮されるので、今まで以上にダメージを稼ぐことができるのも特徴です。

魔法戦士でも全体デインでフォースブレイクを狙え味方全体の攻撃力底上げに役立ちます。

スーパースターではアンコールと併用すれば多彩な動きができるようになります。

覚醒千里行あくま神官編で大活躍!

なにを隠そう覚醒千里行あくま神官編ではデイン属性が弱点のモンスターばかりになっているのです。

さらに出現するモンスターは全て悪魔系となっているためいきなりスキルもダメージUPに繋がります。

この武器一本が加わればタップデビルの1ターン撃破やベビーサタンの安定撃破も狙いやすくなるでしょう。

去年の年末年始ガチャ傾向から引く引かないを考える

これから年末年始にかけて盛り上がりを見せていくのがドラクエウォークです。

特にこの時期になるとガチャも乱立してくるのでどれを引くべきか判断に迫られます。

ここで失敗するわけにはいかないので去年の年末年始近辺のガチャと比較し、今後のガチャ傾向を予測してみたいと思います。

去年のガチャ一覧

ダイ(ロモス)装備ふくびき2020年11月26日~1月15日まで開催パプニカのナイフ

アバンストラッシュ(単体斬撃400%)

竜の紋章(攻守UPとデイン付与)

ポップ・マァム(ロモス)装備ふくびき2020年12月10日~1月15日まで開催マジカルブースター

ベタン(全体呪文特大ダメージ)

メラゾーマ(単体メラ呪文大ダメージ)

ハンマースピア

ベホイミショット(全体特技HP回復)

ビンタ(単体魅了、混乱解除)

鎧の魔剣装備ふくびき2020年12月21日~1月15日まで開催鎧の魔剣

ブラッティースクライド(単体ドルマ斬撃400%)

闘魔傀儡掌(全体ドルマ斬撃200%)

開運復刻装備ふくびき2021年1月1日~1月7日まで開催書聖のつえ、冥獣のツメ、バロックエッジ、蒼竜のやり、聖女のこん、聖盾騎士のオノ
新春2021装備ふくびき2021年1月1日~7月15日まで開催

(一時常設化したため期間が長くなっています)

はぐれメタルの剣

はぐれ雷光絶火(全体デイン斬撃280%)

超はやぶさ斬り(メタル系ダメージ+3×4)

今年のガチャ一覧(12月23日時点)

竜の財宝装備ふくびき2021年12月13日~1月10日まで開催ドラゴンロッド

断空なぎはらい(全体バギ体技200%)

ドラゴンブーメラン

レボルスライサー(単体バギ斬撃300%)

※両武器とも錬成時はさらに%UP

DQMわたぼうふくびき2021年11月26日~1月14日まで開催星降りの霊杖

星降りのパルプンテ(単体デイン呪文特大ダメージとまれになにかいいことが発動)

わたわたインパクト(全体呪文特大ダメージ)

いのちの祈り(HP半分を代償に味方全員をHP50%で復活)

いきなりスキル(1回全攻撃無効)

DQMじげんりゅうふくびき2021年12月9日~1月14日まで開催じげんりゅうの闘扇

かがやくいき(全体ヒャドブレス特大ダメージ)

閃光バズーカ(単体イオブレス特大ダメージ)

ブレスの極意(ブレス攻撃力2段UP)

世界樹の天鞭【聖】装備ふくびき2021年12月23日~1月20日まで開催世界樹の天鞭【聖】

導きの雷陣(全体デイン体技:威力320%と稀に感電)

氷結打ち(単体ヒャド体技:威力360%と稀に守備1段階UP)

ホーリーリフレクション(ヒャド、イオ耐性UPと呪文反射)

いきなりスキル(悪魔系ダメージUP)

去年と今年を見比べるとわかるように一番の違いは新春のガチャが開催されていること。

今年のガチャの開催傾向は去年と酷似していることからも1月1日から新春ガチャが開催される可能性は高いことがわかります。

現在までにほしいガチャが開催されていたとしてもより強力な装備が新春ガチャで登場するかもしれません。

特に最近のガチャでは武器種がかなり偏っていて、人気の片手剣で強力なものが出てきていないのも気になる点です。

引くかどうか迷っている場合は、よっぽどでなければジェムを温存し1月1日を待ってから引くのが賢明でしょう。

現時点ではこんな人が引くといいかも!

  • 全体デイン呪文や特技を持っていない
  • 単体ヒャド呪文や特技を持っていない
  • 魔法戦士、スーパースター、レンジャー向けの強い武器を持っていない
  • 覚醒千里行あくま神官編をスムーズにクリアしたい
  • 他のデイン武器の強化をしたい(防具目的)

おまけ運試しガチャ

筆者も世界樹シリーズはどうしてもほしいので、運試しで補助券とマイレージで20連してみました。

結果は・・。

10連目

20連目

はい、お疲れさまでした!

最後に

世界樹シリーズは武器だけでなく防具も魅力的なものになっています(見た目も良し!)。

また強力な全体デイン体技と感電効果も今のところ唯一無二の存在です。

今からどうしても引きたいという場合はマイレージで引くことをお勧めします。

そして1月1日を待ってから、引きたいものが他になければジェムを開放するといいでしょう。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト