【エルデンリング】割合ダメージ+防御力デバフ!「冷気(凍傷)」の仕様ついて検証しました!

 ランク(順位) 重戦士(32374
 経験値  1,820
獲得バッジ
1記事で1万PV

「冷気(凍傷)」の仕様について検証しました!

今回は、割合ダメージと防御力にデバフ効果を与える状態異常「冷気(凍傷)」について、

気になったことを色々検証してみました!

凍傷になった時の割合ダメージは、出血より強い?弱い?

敵の被ダメージはどのくらい変わる?

など、細かい仕様の部分を解説します!

  1. 割合ダメージは最大HPの何%?
  2. キャラクターのステータスで変化はある?
  3. 凍傷が発生すると、敵の被ダメージはどのくらい増える?
  4. 武器や魔術で割合ダメージは変わる?

この記事は5分で読み終わりますので、ぜひ最後まで見ていってください!

まずは検証結果から!

検証パートは長くなってしまうので、まずは結論から書いていきます!

結論1:雑魚敵に対する凍傷時のダメージ計算は「最大HPの約10%+30」

凍傷時の割合ダメージですが、

雑魚敵の場合「最大HPの約10%+30」で計算している可能性が高いことがわかりました!

同じく割合ダメージを与える状態異常「出血」は「最大HPの約15%+100」で計算しているので、

割合ダメージだけを見ると「冷気」より「出血」の方がダメージが高いようです!

結論2:ボスに対する凍傷時のダメージ計算は「最大HPの約7%+20」

ボスの場合「最大HPの約7%+20」で計算している可能性が高いことがわかりました!

出血」の場合、ボスに対しては「最大HPの約10%+70」で計算しているので、

前述の結論と同じく、ボスに対してのダメージ自体は「冷気」より「出血」の高いようです!

結論3:凍傷発生中、敵の被ダメージは約19〜20%上がる

凍傷発生中は敵の被ダメージは19〜20%上がることがわかりました!

これは前述の「結論1」や「結論2」と違い、雑魚敵とボスで効果に差はないようです!

出血」にはこのようなデバフ効果はないので、

これが「冷気」にあって「出血」にない強みと言えそうですね!

結論4:武器や魔術等で「冷気」の効果に変化は無い

「冷気」の効果を持つ武器や魔術、戦技は色々ありますが、

どのタイプの攻撃で凍傷を発生させても、状態異常の効果に変化はありませんでした!

前述した「結論4」の通り、ステータスの影響もないので、

冷気」はステ振り・戦闘スタイルに関係なく運用できる、と言えると思います!

結論5:ステータスによるダメージや蓄積値の増減は無い

これはかなり意外な結果だったのですが、

キャラクターのステータスによるダメージや蓄積値の増減はありませんでした!

似たような状態異常の「出血」の場合、「神秘」補正がある武器は

ステータスが上がれば、状態異常の蓄積値も上がったのですが、

冷気」に関しては「知力」補正がある武器でも、ステータスの影響は受けないようです。

ちなみに…

前述した結論の中で、何度か比較対象として出している「出血」のダメージ計算式ですが、

下記の記事で検証しています!

【エルデンリング】出血ダメージの割合って何%?出血の仕様について検証しました!【2022/4/19更新】

興味がある方は、こちらの記事も併せて読んでみて下さい!

検証1:武器や魔術による効果の変化について

さて、楽しい検証パートの始まりです!

ここからは、前述した結論に至った検証や経緯を書いていき、

検証結果の信憑性を証明したいと思いますので、

興味がある方は、是非お付き合い下さい!!

前提条件1:検証に立ち会ってもらう敵

嵐の丘」にいる「トロル(2周目)」に立ち会ってもらいました!

前提条件2:使用する魔術やアイテム

氷殻の斧(冷気効果が付いている通常武器その1)

氷結の針(冷気効果が付いている通常武器その2)

冷たいセスタス(冷気派生にした通常武器)

暗月の剣(冷気効果が付いている魔力武器)

霜踏み(冷気効果がある戦技)

氷結壺(冷気効果があるアイテム)

輝石の氷塊(冷気効果がある魔術その1)

氷の霧(冷気効果がある魔術その2)

これらの手段を使って検証していきます!

前提条件3:凍傷ダメージの確認方法

実は、「出血」や「冷気」ような追加ダメージを与える効果は

攻撃からダメージが発生するまでの間に若干のラグがあります!

例として凍傷ダメージが発生する瞬間を見てみましょう。

通常攻撃のダメージがカウントされた後に、

凍傷発生によるダメージが発生し、ダメージの表示が加算されています。

約1フレームですがダメージの発生にラグがあり、

通常攻撃によるダメージと凍傷によるダメージを目視で見分けることができます。

これを利用し、「凍傷発生直後のダメージ表示−凍傷発生直前のダメージ表示=凍傷時のダメージ

として、凍傷ダメージを確認していきます!

検証結果

冷気を発生させる手段凍傷ダメージ
氷殻の斧707
氷結の針707
冷たいセスタス707
暗月の剣(戦技発動前)707
暗月の剣(戦技発動後)707
霜踏み707
氷結壺707
輝石の氷塊707
氷の霧707

検証の結果、

凍傷によるダメージは武器や魔術に依存しない。

ということがわかりました!

出血」の場合、「レドゥビア」や一部の出血派生武器だけ出血ダメージが増える、

という仕様があったのですが、「冷気」にはそのような仕様は無いようです!

検証2:割合ダメージの計算式について

続いて、凍傷ダメージの計算式について検証していきます!

前提条件1:検証に立ち会ってもらう敵

敵ごとにダメージに変化があるか、という点も確認したいので、

嵐の丘」にいる「トロル(2周目)

モーグウィン王朝廟」にいる「赤いしろがね人(2周目)

アギール湖」にいる「飛竜アギール(2周目)

ケイリッド神授塔、地下」にいる「神肌の使徒(2週目)」に立ち会ってもらいました!

それぞれの最大HPは、「トロル」が6771、「赤いしろがね人」が1742

飛竜アギール」が6718、「神肌の使徒」が13610となっております!

前提条件2:検証に使用する武器

検証1」で武器によるダメージの違いがないことは証明済みなので、

今回は「氷結の針」のみを使用します!

検証結果1

対象の敵最大HP凍傷ダメージ最大HPの何%か
トロル677170710.442%
赤いしろがね人174220411.711%
飛竜アギール67184917.309%
神肌の使徒136109737.149%

このような結果となりました!

ここまでだとかなり数字がバラけているように見えますが、

似たような状態異常の「出血」では、

雑魚敵の場合「最大HPの約15%+100」ダメージ

ボスの場合「最大HPの約10%+70」ダメージ

という仕様があったので、

・「(凍傷ダメージ−y)÷最大HP×100」でyを変動させて綺麗なパーセンテージになる数字を探す

・雑魚敵とボスで分けて計算を行う

先ほどの検証結果に上の条件を足して、再度計算してみました!

検証結果2

「トロル」の場合

y(固定ダメージ)最大HP凍傷ダメージ最大HPの何%か
10677170710.293
20677170710.146
3067717079.998
4067717079.850

「赤いしろがね人」の場合

y(固定ダメージ)最大HP凍傷ダメージ最大HPの何%か
10174220411.136
20174220410.562
3017422049.988
4017422049.414

雑魚敵の場合は、このような結果となりました!

y=30」の場合、誤差が0.01まで縮まるので、

雑魚敵に対しては「最大HPの約10%+30」で凍傷ダメージが計算されているものと考えられます!

続いて、ボスの場合も同じように計算していきましょう!

検証結果3

飛竜アギール」の場合

y(固定ダメージ)最大HP凍傷ダメージ最大HPの何%か
1067184917.159
2067184917.011
3067184916.862

神肌の使徒」の場合

y(固定ダメージ)最大HP凍傷ダメージ最大HPの何%か
10136109737.075
20136109737.002
30136109736.928

ボスの場合は、このような結果となりました!

y=20」の場合、誤差が0.009まで縮まるので、

ボスに対しては「最大HPの約7%+20」で凍傷ダメージが計算されているものと考えられます!

結論ですが、

凍傷ダメージは、雑魚敵の場合は「最大HPの約10%+30」

ボスの場合は「最大HPの約7%+20」という結果となりました!

ダメージだけで言えば、「出血」の方が強いみたいです!

検証3:凍傷発生中の被ダメージ上昇について

続いて、凍傷発生中に敵の被ダメージがどのくらい上昇するか、検証していきます!

前提条件1:検証に立ち会ってもらう敵

今回も「検証2」と同じように、雑魚敵とボスで効果が変わる可能性があるので、

検証2」と同じ4体に立ち会ってもらいました!

前提条件2:検証に使用する武器

今回も「氷結の針」を使用します!

なお、ストーリーを進めているデータで検証してしまったので、

雑魚敵時は未強化でしたが、ボスに対しては強化値+20の「氷結の針」を使用しています。

ややこしくてすみません…

検証結果

対象の敵凍傷発生前(R1攻撃)凍傷発生後(R1攻撃)ダメージ上昇率
トロル617319.672%
赤いしろがね人526219.231%
飛竜アギール24128919.917%
神肌の使徒33840620.118%

このような結果となりました!

雑魚敵とボスで被ダメージの上昇率に違いはないようなので、

結論としては「凍傷発生時は、敵の種類に関わらず「19〜20%」被ダメージが上がると言えそうです。

手数が稼げる武器を使えば、総ダメージは「出血」を超える可能性がありますね!

検証4:ステータスによる変化について

続いては、ステータスによって「冷気」の蓄積値が増減したり、

凍傷ダメージに変化がないか検証していきます!

前提条件1:立ち会ってもらう敵

今回は敵ごとに比べるような検証ではないので

嵐の丘」にいる「トロル」のみに立ち会ってもらいます!

前提条件2:上昇させるステータス

冷気」は「魔力」属性と関係があるので、「知力」のステータスを対象とし、

知力:38」と「知力:99」の2パターンで検証を進めていきます!

前提条件3:検証に使用する武器

前提条件2」の通り、「知力」のステータスを上昇させるので、

冷気」の効果付きで、なおかつ知力補正がある武器ということで

暗月の剣」を使って検証を進めていきます!

検証結果

知力の値凍傷ダメージ蓄積値
3870755
9970755

このような結果となりました!

どうやら、「冷気」はステータスに依存しないようですね…

念の為、装備やタリスマンを利用して「信仰」「神秘」のステータスも上昇させてみましたが、

結果は変わりませんでした。

また、「冷気」が付いている別の武器でも確認しましたが、

暗月の剣」と同様で変化は見られませんでした。

そのため、結論としては

ステータスを増減させても「冷気」のダメージや蓄積値に変化はない。

と言えるかと思います!

ステータス補正がないため「出血」のような特化型ステ振りはできませんが、

逆に言えば、どんなステ振りでも一定の恩恵を必ず得られるので、

どんなキャラでも簡単に戦闘に組み込める、という点は「冷気」だけの強みかもしれません!

最後に

もう一度、検証の結果をまとめると、

・武器や魔術など、攻撃手段によって効果は変化しない

・雑魚敵に対しては「最大HPの約10%+70」の凍傷ダメージ

・ボスに対しては「最大HPの約7%+20」の凍傷ダメージ

・凍傷発生中、敵の被ダメージは約19〜20%上がる

・ステータスによるダメージや蓄積値の増減は無い

ということがわかりました!

似たような効果を持つ状態異常の「出血」と比べると、瞬間的なダメージは負けます

「冷気」には防御力を下げる効果があるので、手数が多い武器一撃の威力が高い武器など、

戦い方によっては「出血」の総ダメージを超えることも可能だと思います!

出血」の下位互換だと思われがちな「冷気」ですが、

今回の検証で、少しでも「冷気」の魅力が伝われば幸いです!!

それでは、ここまで見て頂きありがとうございました!

関連記事

【エルデンリング】出血ダメージの割合って何%?出血の仕様について検証しました!【2022/4/19更新】

 

【エルデンリング】「朱い腐敗」と「毒」の仕様について検証しました!!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

ヒトガタ
小学5年生の時にプレイした「FF12」の感動を超えるゲームを探し続ける、ゲームの亡霊です。
FF12の続編が出るまでゲームをやり続けます。
アクションRPG、DCG、FPS、育成ゲームなど幅広いジャンルの記事を書く予定です。