【ENDER LILIES】ダークな世界観を舞台にした横スクロールアクションファンタジー!【アーリーアクセス版】

ENDER LILIESとは

本作品は、『ダークファンタジー横スクロールアクションゲーム』です。

絶望的というよりは、『すべてが終わってしまった』街を巡る物語となっています。

かなり難易度が高く作られているゲームで、今の時点でも遊び応えがありました。

まだテストの段階ながら、とても作り込まれた世界観とゲーム性

 

本日の段階では、まだアーリーアクセスとなっていますが、重厚な世界観とゲーム性が既に高く練り込まれています。

物語は、崩壊した何処かの施設の中で、主人公である白い少女が目覚めたことで始まります。

目の前には謎の騎士が立っており、少女と彼は共に失われた記憶を探すべく、崩壊した街を冒険することになります。

本ゲームについての要素や、展開などざっくりまとめてみました。

  • 崩落した街を冒険する、記憶を失った少女と騎士の物語
  • 世界観に引き込まれる音響効果
  • 穢者達との悲しき戦い
  • 一瞬の油断で命を落とす、練り込まれた高難易度アクション!

この記事は5分程度で読み終わりますので、最後まで読んで行ってくださいね!

目覚めた少女と、肉体と記憶を失った騎士の物語

記憶を探すべく、少女と騎士の冒険が始まります。

しかしながら、少女は非力で、出来ることと言えば回避に回復だけです。

騎士は霊体のような状態ですが、攻撃をすることだけは出来るようで、少女の代わりに戦ってくれます。

進む毎に、街に何が起きたのか知ることが出来る

先に進んで行くと、画像のようにTipsを獲得できることがあります。

『穢者』とは主人公達の行く手を阻む存在です。

つまりは、この街中にいる敵は全て、穢れに冒された人間ということになります。

待ち受けるボスとの切なく悲しい戦い

『穢者』の中には、より強靭が個体が存在します。

いわゆるボスキャラの立ち位置になるのですが、高難易度のアクションゲームならではの強敵です。

攻撃パターンを覚え、しっかり動作を見て戦わないと勝つのは難しいでしょう。

一筋縄ではいかない、最初のボスですら…

ボス穢者は、体力を削ると姿が変わったり、攻撃パターンが変化します。

益々強力になる一方、変異する様子やその存在感は、さらなる激闘を予感させてくれます。

強力である一方、勝利することでそのボスが持っていた能力を得られ、新たな道が開けて行きます。

加えて、一部の『穢者』の力を得ると、その技を使う度に倒した敵が登場して一緒に戦ってくれるのは、良い案だと思いました。

高難易度だからこそ、少しのミスで負けることもある

高難易度というだけに、ボスは強力ですし、雑魚敵も油断すればあっさりと体力を削られてしまいます。

命を落とすと、何かが砕け散るような演出の後に画面が暗転、最後に立ち寄ったレストポイントへと戻されます。

レストポイントへ戻され、眠っている少女の姿

派手な敗北演出の後、レストポイントに戻されますが、何事も無かったかのように起き上がります。

騎士からの言及も無いので、負けたからゲームオーバー、というわけでもないようです。

穢者は人の成れの果て。救うことが出来るのは巫女の少女のみ

ボスを倒すと、得られるものがもう一つあります。

それは、『穢者』となる前の記憶です。

穢者を浄化し、救うことが出来るのはどうやら巫女である少女だけのようです。

ボスを倒し浄化することで、人間だった頃の記憶の一部に触れることが出来ます。

狂気に呑まれる前の記憶は、どれも切なく苦しいもの

ボスは『穢者』となっても意識を残してしまい、永遠の地獄に囚われている状態にあります。

これを終わらせるには、巫女の力で浄化する他ありません。

ボスの討伐、というよりは救済という方が、このゲームにおいては正しい言葉かもしれません。

雰囲気を盛り上げる圧巻の音響


本ゲームの最大の特徴として、ダークな世界観に合った音響効果です。

場面に応じて雰囲気を盛り上げるピアノの音楽や、降り止まない雨の音響。

世界にこれでもかという程引き込んでくれます。

少しでも、音響の素晴らしさを読者の皆様にも感じてほしいので、公式のトレイラーを引用しました。

英語版ではありますが、ゲーム自体は日本語対応もされているので、雰囲気を感じ取ってもらえるかと思います。

戦闘の激しさ、落ち着いた場所の静かな音響

場面に応じて、細かな音響が特徴的です。

耳障りの良い雨の音や、火が燃える音など、落ち着いた雰囲気の場面では心が休まります。

逆にボス戦のような激しい場面では、鎖が擦れる音や炸裂音、激しさを伝える音楽が加わり、没入感がありました。

私が特に、このゲームが素晴らしいと思った要素であり、読者の皆様にお勧めしたい作品である理由です。

さいごに

ここまで、『ENDER LILIES』をご紹介してきました。

今の時点ではアーリーアクセス版となっており、行ける場所もそう多くは有りません。

ですが、今の時点でも、その世界観へ引き込まれる魅力が詰まっています。

より多くの方に、このゲームを知ってもらえたら良いなと思い、この記事を書かせてもらった次第です。

発売時期について

6月22日にリリースが予定されており、PCだけでなくSwichにも展開されるそうです。

難易度の高いゲームではありますが、それ故の達成感と共に、物語の真相に迫る楽しさが味わえます。

手応えのある、雰囲気の良いゲームをお探しの方には、是非ともお勧めしたい作品です。

タイトルENDER LILIES: Quietus of the Knights
ジャンル横スクロールアクションRPG
対応機種PC/Switch
発売元Binary Haze Interactive
プレイ人数1人
発売日2021/6/22

ライター紹介

桃饅頭
桃饅頭と申します。
ゲームを楽しむのが好きで、色々と手を出し過ぎて山積みになりやすいのが悪癖です。
しかし、そんな自分のプレイが他の誰かにとって+になる情報となれば、これ程嬉しいこともないので、皆様にとっての有意義に繋がる記事になるよう、頑張ります。