殺生院キアラ、スカンナジビア・ペペロンチーノ、ガネーシャの依り代にある共通点……「臥藤門司」という真っ当でとんでもない男の話

 ランク(順位) 武闘家(20388
 経験値  3,177
獲得バッジ
10週連続記事公開25記事達成

共通点の無さそうな三人の共通点

FGO ではビーストにもなった殺生院キアラ、クリプターとなった元 A チームのスカンジナビア・ペペロンチーノ、そして彼の担当だったインド異聞帯に現れた疑似サーヴァントのガネーシャ。

どう見ても共通点の無さそうな三人ですが、実はとある人物が関わっています。

もしかしたら Fate だけではなく奈須きのこ先生が関わる作品の聖職者でも真っ当かもしれない……そんな「男の話」をしましょう。

こんな表現をすると、何処ぞの童話作家から「俺の言葉を使うな」と言われそうですね。

  1. FGO のインド異聞帯にて現れた、もう一人の関係者
  2. 臥籐門司という「無茶苦茶でありながら真っ当な聖職者」
  3. 能力も精神力も、そして他人に与えた影響も大きい男

記事としては紹介、解説というものになりますし、比較的ライトなものです。

3分程度で読んでいただけるかと!

そもそも臥籐門司とは?

さて、この「ミラクル求道者」という概念礼装を見て「誰だこの人」となった方もいらっしゃるかもしれませんね。

見た目の通り、お坊さんが使うような笠に錫杖、そうかと思えば首から十字架を提げて、腰には六芒星の飾り。

もうあっちこっちの宗教がない交ぜになっています。

でも、この人の場合はそれが「自分の至った結果」のようなものでもあるんですよね。

殺生院キアラの危険性を誰よりも早く見抜いた男

初出、つまり月の聖杯戦争の世界において、殺生院キアラは地上で指名手配を受けています。

まあ、教団の人間を破滅に導き、その教団すら破滅させ、それだけに飽き足らず……という人物ですからね。

とはいえ、本人が命令するわけでもなく周りにいる人間が自らキアラに全てを捧げてしまうわけですから、キアラを初めて見た人物は無害だと認識します。

それは月の聖杯戦争に挑んだ人物達も同様で、「見た目と言動はどうあれ害はない」というような認識をしていました。

ところが、臥籐門司は地上で一度彼女と会ったときに「仏敵である」と気付いており、初出作品である「Fate/extra」でも名前を出しています。

実は、キアラさん名前だけなら CCC より先に出ているんですね。

月の聖杯戦争ではサーヴァントを「地球から引っ張ってきた」とんでもないお坊さん

月の聖杯戦争の特殊な点は、「自分でサーヴァントを選べない」という所でしょう。

聖遺物の用意が必要ない代わりに、ムーンセルがそのマスターに「最適」と判断したサーヴァントをあてがいます。

どんなに優秀な魔術師(ウィザード)であっても、特定のサーヴァントを選ぶということは出来ません。

ところが、臥籐門司は何故かそれをやってしまいました。

それも、地球でサーヴァントを召喚して……という方法でもなく。

「原初の神」を探し回って、見付けた存在を地球から月に引っ張ってきたんです。

その「原初の神」として連れてきたのは、「月姫」のヒロイン、アルクェイド・ブリュンスタッド。

行動も発想もとんでもない男ですよね。

英雄王にも認められた存在

言動が基本的にメチャクチャで、何がしたいのかよく分からないお坊さんではありますが、彼の生き様と根っこにある思想はあの英雄王も認めるものでした。

神を求めて、人々を救う神を求めてたどり着いた思考というものは、残酷ではありますが……それでもそれを受け止められる器は、最早一般人のものではありません。

「神は人を救わない」「人を罰する為に存在するのが神」という、聖職者がたどり着くには辛いもの。

それでも「そういうものなのだ」として笑い飛ばせる豪快さ、そして人の心を救うというよりも軽くするその行動は、関連作品から見てもかなりの「真っ当な聖職者」と言えるでしょう。

スカンジナビア・ペペロンチーノの一言で FGO 世界での存在が確定した

元々、殺生院キアラだけではなく、月の聖杯戦争に参加していたサーヴァントの実装やマスターの概念礼装が存在していたことで、FGO の世界でも存在はしているのではないかという話はあったんです。

そもそも、Fate は関連作品があっても関連であり、明確な続編というものの方が少ないものです。

例えば「Fate/Zero」の物語がそのまま「Fate/stay night」に繋がるわけではないように。

「結果としてはそうなるのは確定しているけれど、その経過に何があったか、誰がどう関わるか」という詳細は違う、ということですね。

だからこそ、FGO 世界での殺生院キアラは普通に学校に通うことが出来た人間であり、「余計な介入」さえなければそのまま生きていられたんです。

そうなってくると、臥籐門司もどういう存在であれ生きているだろうということになるのですが、この一言によって「確定」したわけです。

ペペロンチーノのこの一言が、どれだけ重要か

「間が悪かったのだ」というこの台詞は、「CCC」を経験しているマスター達にとってどれだけの重さを持つか、理解出来ますよね。

というか、インド異聞帯というのは参加しているサーヴァントも含めて非常に月の聖杯戦争を連想させるものでした。

それを考えてみると、その先の流れにセファールが関わってくるのも当たり前の流れだと言えますが。

あちこちに、月の聖杯戦争に関わる小ネタが散りばめられています。

ペペロンチーノが出会い、「間が悪かったのだ」と告げてくれたその構図は、「CCC」においてジナコが臥籐門司に告げられたものです。

しかも、その時の臥籐門司は自分の命を引き換えに。

ジナコの抱える苦しみを、軽くしてあげる為だけに。

疑似サーヴァントにはなれる?

こうして色々と濃い部分の多い臥籐門司ですが、ガネーシャ……もといジナコのように疑似サーヴァントとして登場出来るかは謎です。

というのも、現状 FGO というか現在の主人公達には決戦用礼装が渡されたように、終わりが近付いています。

ここに新規サーヴァントとして実装される可能性として低いということ。

また、殺生院キアラとは真逆に覚者に近いその思考と器であるからこそ、疑似サーヴァントになるのは可能かもしれませんが、彼が担当出来る器というのがどれだけ残っているか。

一応、これからの実装予定サーヴァントのシルエットは公開されていますが……

そもそも、月の聖杯戦争に関わったマスターを依り代にした疑似サーヴァントが少ない以上、難しいのではないかと考えています。

もしも別の展開を迎えるとするならば……その時は、というのが一番可能性が高いでしょう。

ですが、いつか見てみたいですね。

この無茶苦茶でも誰かの心を救ってきた男が、誰かに力を貸す姿を、もう一度。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

紫陽花
考えごとをしながらゲームをするのが好きなゲーマー兼コスプレイヤーです。
作業ゲーやリズムゲー、色々手を出しすぎて手が足りない日々。
Fate関連作品、ほのぼの系からほのぼのしてない系まであれこれと遊んでおります。
攻略系よりも解説系記事がメインです。