キャラ愛があるからこそ悩む! FGO でのサーヴァントと概念礼装の関係性

 ランク(順位) 武闘家(20384
 経験値  3,198
獲得バッジ
10週連続記事公開25記事達成

関係性を知っていると悩むもの

FGO をプレイしていて、関連作品にも触れているとこんなこと思いませんか?

「このキャラには縁がある、あの概念礼装をつけてあげたいけど……」

私も同じようなことを思っている身なので、少しその辺りについてお話したいと思います。

  1. 縁はあっても、使いにくい概念礼装が存在する
  2. 性能が噛み合うのも、噛み合わないのも実は「その通り」
  3. 性能だけで概念礼装を見るのは勿体ないですよ!

Fate 愛を拗らせたファンの攻略とも解説とも言いがたいお話です。

なんというか、「同じ悩みを抱えているマスターはいるはずだ!」という記事なので、恐らく3分程度で読んでいただけると思います。

サーヴァントの特徴を考えると使いにくいけれど……

個人的にこうした部分で挙げたいのはこの概念礼装ですね。

「騎士の矜持」です。

これが何故?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

実はこの方、星3アーチャーとして FGO に登場しているロビンフッドのマスターです。

ロビンフッドは「Fate/extra」が初出でして、この老人……ダン・ブラックモアがマスターでした。

「Fate/extra」と「Fate/extra CCC」をプレイしていたり、どういった世界観なのかを知っている方は、バレンタインイベントでのロビンフッドの台詞などに心を抉られた方もいらっしゃるのでは……

折角なのでとロビンフッドにつけてあげたいところですが、癖のある礼装でもあります。

尚且つそれがロビンフッドの性能と絶妙に噛み合わないのは、それはそれで「分かる」と頷くものではありますが、それ故に戦闘時につけるのは躊躇われるんですよね。

防御力ダウンのデメリットを消すには、本人のスキルでは少々厳しいのが実状なので。

有効活用出来るサーヴァントは?

じゃあ誰か有効活用出来ないかとなりますと、現状この状態のマシュがトップかもしれません。

と言いますのも、マシュはクリティカルスターの吸収が良く、防御力ダウンのデメリットを自分でどうにか出来てしまえます。

それに、他のサーヴァントならまた少し差が出るでしょうが、マシュについてはスキルも含めしっかり育てていらっしゃるマスターさんが多いと思うので。

なので、自前のスキルと宝具でデメリットを消しつつ、クリティカルでガツガツと殴れちゃったりします。

頼もしい後輩に早変わりですね!

特徴と概念礼装が噛み合うパターンもある

また、ロビンフッドと同じく初出が「Fate/extra」のサーヴァントでもマスターとの概念礼装と上手く噛み合う場合も勿論あります。

というか、噛み合わないのが珍しいというか……月の聖杯戦争は聖遺物による召喚ではなく、完全なる「お見合いシステム」のようなものなので。

ガウェインなどは、そこでのマスターの概念礼装が2種類ありますが、どちらもデメリットはありません。

ガウェインのマスター礼装って?

さて、先ずはこちら。

「理想の王聖」

結構なマスターさんがお世話になっているのではないでしょうか。

(そして、作品に触れていたマスターさん達が苦悶する礼装でもある気がします)

パーティ編成の時などに入れておきたい礼装ですが、戦術によっては誰につけておくか悩むこともありますよね。

でも、全体の HP を底上げしてくれるというのは魅力的。

ガウェインの場合、自前でバフをかけられますし、ガッツもついています。

なのでまあ、概念礼装の力を借りなくてもどうにか出来ちゃうんですよね。

誰かにつけておきたいけど、この編成だと他の誰かにつけるにはちょっとなあ……なんて時に自前でどうにか出来るガウェインとの相性は良いです。

お次はこちら。

「黄昏の王聖」

此方も此方で、作品に触れていらっしゃるマスターさん達は苦しくなったと思います。

私がそうなので。

こちらの彼は……正確に言うと「Fate/EXTRA Last Encore」というアニメでの姿なんですが。

ゲームとは少しばかり違う世界観であっても、この主従はやはりムーンセルが選んだだけあって相性が良いです。

その相性の良さがこの概念礼装にも出ているほどに。

バスターでゴリ押し、というならば他にも性能のいい礼装も確かにありますが、今回はサーヴァントとの関係性というお話なので、置いておきましょう。

自己満足、キャラ愛を優先してもいいんです

攻略するために、というものはゲームである以上大切なことです。

けれど、FGO に関しては性能ばかり語ってしまうのも少し無粋かもしれないと思う時があるんです。

これが「Fate」という「運命」の物語であることを考えると、それぞれのマスターにそれぞれの物語がありますし。

フレンドのサポート欄などを見ると、きっとどうしても譲れない何かがあったのだろうと思うような、何かを感じ取れることもあるものです。

だからこそ、性能云々は二の次にしても悪いことではないと思います。

FGO もソシャゲである以上、いつかは終わりが来るものですし……実際今の主人公達のメインシナリオについては二部で終わるというお話が公式から出ていますからね。

奈須きのこ氏の作品は「終わり」や「喪失感」が大体当たり前のこととして描かれます。

なのでまあ、他人のサポート欄を見て「性能を考えろよ」なんて考えるのは野暮ですよ、野暮。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

紫陽花
考えごとをしながらゲームをするのが好きなゲーマー兼コスプレイヤーです。
作業ゲーやリズムゲー、色々手を出しすぎて手が足りない日々。
Fate関連作品、ほのぼの系からほのぼのしてない系まであれこれと遊んでおります。
攻略系よりも解説系記事がメインです。