【FGO】恐怖!31日18時に何が起きる?メインストーリー進展か?

 ランク(順位) 仙人(6388
 経験値  7,558
獲得バッジ
1記事で1万PVまとめ記事を10記事公開10週連続記事公開50記事達成3つのカテゴリーで10記事攻略記事を30記事公開

【WARNING!】この記事は、最新話(ツングースカ・サンクチュアリ第13節)までのネタバレを含んでおります。

ついに完結!【ツングースカ・サンクチュアリ】

12月28日18時、ついに「ツングースカ・サンクチュアリ」の物語が大団円を迎えましたね。

まさかコヤンスカヤと、「互いに潰し合っても仕方ない間柄なので、他所に移しますよ」という決着になるとは夢にも思いもしませんでした。

2部が始まって以来、「世界を壊さない終わり方」なんて、頭から抜け落ちていた感があります。

【FGO】コヤンスカヤの正体予測!ビーストⅣにふさわしい存在【最新版】

そして、こちらの記事にあった「コヤンスカヤの正体」についても答えが出ましたね。

ニキチッチが彼女の保護者・名付け親であったと知った時には、胸に熱い物が込み上げてきました。

さて、そうなると後は年末のFGO特番を楽しみに過ごすだけ…

……ん?

……ンンンンンン~~~!!??

「ツングースカ・サンクチュアリ」のエピローグが時間指定で表示されているではありませんか!?

あまりの展開に、SNSの反応を見てみますと、

・嫌な予感しかしない

・胃痛がしてきた

・頼むからハッピーエンドにしてくれ

などなど、「これから起こる事」に対する恐怖・哀願のような感情が渦巻いていました。

そこで今回は、【マスター達が何故恐怖するのか】【31日18時に何が起こり得るのか】について、これまでの情報を参照し考察したものをご紹介したいと思います。

  1. 何故マスター達は恐怖しているのか
  2. 「31日18時」に何が起こると考えられるか
  3. 起こると考えられることに対する反証
  4. 結局何が起こると思うか

こちらの記事は7~8分程度のボリュームですので、どうぞ最後までお付き合い願います。

※繰り返しとなりますが、最新話(ツングースカ13節)までのネタバレを含んでおりますので、ご注意ください。

何故マスター達は「31日18時開放」に恐怖するのか

まず、どうしてマスター達は「31日18日開放」のバナーに恐怖しているのか

その理由は二つの先例があるからです。

悲劇 その1

一つは「序/2017年12月31日」です。

「2部序章の『序』」であるこのバナーのイベントで、フィニス・カルデアは壊滅

技術顧問であるレオナルド・ダ・ヴィンチが命を落としました

悲劇 その2

もう一つは「戴冠式 2021.08.04 開催」です。

 

妖精国の女王・モルガンを倒し、新たな女王の誕生を祝う幸福に満ちるはずの戴冠式。

そこで起きたものは、「新女王・ノクナレアの暗殺」から始まる悲劇の数々でした

二つに共通するのは【具体的な日取りが告知されたイベント】【ハッピーエンドを迎えるかと思った矢先に起こる悲劇】です。

これらの前例から、「ツングースカ・サンクチュアリ」のエピローグを示すバナー「31日18時開放」を目にしたマスター達は「新たなる悲劇が起こるのではないか」と恐怖しているのです

「31日18時」に何が起こると考えられるか?

具体的な日取りが告知されたイベント】が惨事の前触れであったことはわかりました。

では、「恐怖の31日18時」に何が起こり得るのか

「ツングースカ・サンクチュアリ」やそれ以前の情報を参照しつつ、お話ししていきましょう。

「全滅」の予言

以前の記事でも取り上げました「ツングースカ・サンクチュアリ」プロローグでの発言です。

どのようなデータを入力したのかは不明ですが、未来観測を行うトリスメギストスⅡが出力した結果ですから、全くの出鱈目というわけではないはずです

(2部4.5章でも、トリスメギストスⅡがアビゲイルを乗船メンバーに選出したのには後になってきちんと理由があったこともわかりましたから、その性能は立証されています)

よって「全滅」が、惨劇発生に定評のある【具体的な日取りが告知されたイベント】として伏線回収されるのではないでしょうか?

「過去最大規模の特異点」発生

こちらも同様に、以前の記事で取り上げました2部6章エピローグでの発言です。

この「過去最大規模の特異点」が「31日18時」に発生するのではないか、と考えられます。

では、「過去最大規模の特異点」とは具体的にはどのようなものと予測されるか?

そのヒントは、ここ最近のFGOおよびFGOアーケードの実装傾向にありました。

FGO に登場したサーヴァントFGOアーケードに登場したサーヴァント
ラーマシータ
ジャック・ド・モレー(フォーリナー)ジャック・ド・モレー(セイバー)
マーリンマーリン(プロトタイプ)
ティアマト(ビーストⅡ)ティアマト(アルターエゴ)
ネモノア(大人ネモ)

FGO アーケードの世界は、FGO の平行世界です。

とはいえ、いくら何でも交差するポイントが多すぎではないでしょうか?

そうなると「世界同士の衝突による過去最大規模の特異点の発生」という形で線が交わるなんてことも、可能性として考えられるのではないでしょうか?

黒幕の覚醒

2部5章前編で「カルデアの者」が主人公達を助けた時、次のようなセリフを残していました。

「船内のカルデアメンバーの中には、信用してはならない者がいる」

そして、このセリフを聞いたマスター達が最有力容疑者として挙げたのは…

カルデアの経営顧問、シャーロック・ホームズでした。

・1部6章で初登場をはじめ、「単独でレイシフトを行った」と思われる登場をしている

何者かによって召喚された存在なのではないかと思われる

・(探偵業ということもあるが)発言がうさんくさい

これらのように、ホームズには他のメンバーと比較して不可解な点がいくつもあります。

何より「コヤンスカヤという天敵」がいなくなった今、彼にとって絶好の機会ではないでしょうか?

「異星の神」勢力、襲来

最後に考えられるのは、最もストレートな「『異星の神』勢力の襲来」です。

現在カルデアが敵対している勢力は、「異星の神」およびその使徒であるラスプーチンです。

そして、最後に「異星の神」と遭遇してから約50日(6章作戦期間+α)が経過しています。

それだけの期間が経っているのなら、何らかの接触があってもおかしくないのではないでしょうか?

また「31日18時」のバナーと謎の光点がストーリー一覧の中に設置されていることも、メインストーリー関連の進展を予感させます。

さらに踏み込むと、光点は「地獄界曼荼羅」時の黒点と類似することから、「メイン・インタールードの出現・新素材の登場」が考えられます。

起こると考えられることへの【反論】

ここまで【31日18時に何が起こり得るのか】について推察してきました。

しかし、それらには同時に「反論の余地」が残されています。

「善戦」ではなく「不戦勝」

「ビーストⅣとの決着」ですが、戦わずに勝利(どちらか倒すまでの戦いではない)となりました。

そうなると、「(倒すことを目的とした場合の)善戦しても全滅」というトリスメギストスⅡの予言の枠から外れるのではないでしょうか?

実際我々マスターとしても「対ビーストでこんな終わり方をするなんて…」と予想外過ぎる印象でしたし、ありえない話でもないと思われます。

タイミング的に合わない

世界線との衝突については、「交差する点は多いけど、何で今?」という疑問が生じます。

FGO では他作品(Apocrypha等)との交差(コラボ)は、決まって5月に開催されています。

アーケードとの接触がコラボとしてカウントされるかは不明ですが、コラボなのだとしたら時期尚早ではないでしょうか?

何だかんだ「味方」では?

今回のイベントで一時退去という新たな不審なムーブをとったホームズではありますが、個人的な感覚としては「何だかんだ味方なのではないか?」と思っています。

少なくとも「人理を守るため」という目的においては、味方ではないでしょうか?

残る不安としては「人理を守る≠カルデアと同じ方向性である」ということにならないか…ですかね。

50日でどれだけできているか

現在「異星の神」は、南米異聞帯へと向かっています。

その目的は、南米で眠り続ける極限の単独種(アルテミット・ワン)を己の器とするこです。

しかし、アルティメット・ワンは FGO だけでなく 、TYPE-MOON 作品世界において【物理的に最強】とされる存在であります

「異星の神」の実力については「大令呪による攻撃に対してかすり傷も受けない」以外には不明ですが、50日でアルティメット・ワンをどうこうできているとは考えにくいと思われます。

結局「31日18時」に何が起こるのか?

さて、【31日18時に起こり得ること】【それに対する「反論」】を見てきましたが、「結局何が起こるのか?」についてまとめていきます。

「31日18時」に起こる事、それは……

何が起こるのか想像がつかないことが起こるでしょう!!(キリッ)

……すみません、半分冗談です。

ですが、「ツングースカ・サンクチュアリ」がこの上ない幕引きだったので、「ここからどうするの?」というのが正直な感想です。

今回はPVに、オベロンのような「さらなる黒幕」がいる様子もないですしね。

とはいえ、「わざわざメインストーリーと同じ場所にバナーがある」「謎の光点の直下にバナーがある」ということから、ストーリーの本質にかかわる&新素材が登場するメイン・インタールードが新設されるのではないか、とは考えています。

さいごに

今回は【マスター達が何故恐怖するのか】【31日18時に何が起こり得るのか】について推察したものを、ご紹介させていただきました。

最後にポイントをおさらいしましょう。

  • 「31日18時開放」に恐怖を覚えるマスターは多い
  • 何が起こるのかの候補はいくつか存在する
  • 同時に起こる事への反論も存在する
  • 具体的にはわからないが、おそらくメイン・インタールードが発生する

今年は最後までドキドキが止まらない FGO でしたね。

2021年最後の日、31日18時に起こるのは悲劇か喜劇か、楽しみに待ちましょう!

【FGO】謎の光点、その正体は?「ツングースカ」までから徹底考察!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

アザ・キャスト
ゲームとお酒と猫が好きです。好きなゲームはカードゲームで、学生時代には「MAGIC:The Gathering」にドハマりしていました。最近プレイ中のゲームは「MTGアリーナ」と「Fate/Grand Order」です。「はじめての人にわかりやすく」「好きな人がもっと好きになる」をモットーに執筆をしておりますので、どうぞよろしくお願いします。個人ブログ:https://uzomuzo.net/