【FGO】おすすめ周回編成

 ランク(順位) 仙人(4379
 経験値  7,685
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

そもそもなぜ周回が必要なのか?

レベル上げに必要な種火、霊基再臨やスキル上げに必要な各種素材、イベントで集める報酬交換用アイテムを手に入れるにはひたすらクエスト周回をこなす必要があるのがFGOというゲームです。

だったらもちろん周回効率、上げたいですよね?

できる限り時間と手間を省いて推しを強くしたいですよね?

ということで今回は周回おすすめサーヴァント具体的な編成を、「種火クエスト」を例にして解説していきたいと思います。

もちろん他のクエストにも応用できると思いますので良ければご覧ください。

  • 最序盤はフレンドの「バーサーカー」で殴ろう!
  • 3ターン周回に必要なのは「アーラシュ」「スパルタクス」
  • 「フレンドポイント召喚」をひたすら回そう!

この記事は3分ほどで読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

種火クエストとは

種火クエストとは、サーヴァントのレベル上げに必須の「種火」がドロップする、恒常では最高効率のクエストです。

難易度は四種類。初級・中級・上級・超級とありますが、周回するのは「超級」だけで構いません。

他はあまり効率も良くないですし、超級でもフレンドの力を借りれば自前のサーヴァントが例えレベル1でもクリア可能だからです。

※「超級」に挑戦できるようになるのはマスターレベル17以降なので、それまではメインストーリーを進めましょう!

どのサーヴァントを借りればいいの?

これはもう言ってしまうとバーサーカー「クーフーリン・オルタ」です。

まずバーサーカーなので相手を選ばないのがいいですよね。

彼は素の攻撃力が高く、高威力であるバスターのカードを三枚所持しているだけでなくスキルで回避ガッツを自身に付与できるので生存力が他のバーサーカーと比べて段違いです。

とりあえずこのクーフーリン・オルタをクエストに連れて行き、バスターを選択して殴るだけで解決します。

3ターン周回おすすめサーヴァント紹介

ちまちま殴るのは面倒だ!もっと短いターン数で周回したい!

そう思う方もいるでしょう。そこで3ターン周回です。

種火クエストは3wave構成になっており、1waveごとに3体ずつ敵が出現します。

つまり全体宝具を三回撃つことができればいいのです!

そこで、ここでは3ターン周回におすすめのサーヴァントを簡単に紹介させていただきます。

自己犠牲が生む破壊力「アーラシュ」

まずはアーチャー「アーラシュ」

超高火力の全体宝具を使えるものの、使用した後自分は倒れてしまうという変わった性能を持っています。

ですが後続のアタッカーやサポーターを出すことで周回を円滑に進めてくれます。

スキル強化は必要ですが、自前でNP30獲得できるスキルも持ち合わせている周回のスペシャリスト。

☆1ということもあり育成のコストも低いので、とりあえず育てておいて損はありません。

汎用性抜群のバーサーカー「スパルタクス」

次はバーサーカー「スパルタクス」

こちらもNP30獲得スキルを所持しており、宝具火力も非常に高い。

バーサーカーなので基本的に誰が相手でも活躍できる便利屋です。

こちらもスキル強化等は必要ですが、見合った活躍をしてくれるはずです。

序盤の強い味方「エイリーク」

三人目、これまたバーサーカー「エイリーク」

エイリークは自分でNPを増やす手段を持っていませんが、これまた非常に高火力の全体宝具を所持しているバーサーカー。

上に挙げた二人と違うのはスキルを一切強化せずとも活躍してくれる点。とりあえずレベルさえ上げてしまえば投入できるというお手軽さが彼の持ち味です。

上記の三人は宝具演出の短さも魅力です。

具体的な編成例

ここからは実際に組んだ編成を紹介します。

バーサーカーで殴るよりハードルは上がりますが効率は段違いに上がります

フレンドは孔明固定。

アタッカーであるアーラシュスパルタクスエイリークにはイベントなどでもらえる初期NP50チャージ礼装を装備させてください。

まだ所持していない場合はこの↓

龍脈(限凸)を持たせてください。

次に、各ターンの行動を説明します。

1ターン目アーラシュの第三スキル使用、マスタースキルの霊子譲渡をアーラシュに使用し、宝具発動。
2ターン目裏から出てきた孔明の第二・第三スキルで全体にNP20配布。スパルタクスの第二スキルを使用し、宝具発動。
3ターン目孔明の第一スキルをエイリークに使用し宝具発動。

これで3ターン周回の完了です。

基本的には孔明を借りて、全体宝具アタッカー三人のNPをそれぞれ100に達するよう計算するのが周回編成の組み方です。

もちろん他のサーヴァントを借りる方法もありますし、カルデアに所属しているサーヴァントや所持している礼装によって人それぞれの編成があるはずです。

慣れてきたら自分で組んでみるのも楽しいですよ。

フレンドポイント召喚を回そう!

周回要員を手に入れるには「フレンドポイント召喚」!

紹介してきた「アーラシュ」「スパルタクス」「エイリーク」、そして序盤で有用な礼装である龍脈を手に入れるにはとにもかくにもフレンドポイント召喚をひたすら回すことが大事です。

同じサーヴァントを複数人手に入れることで宝具威力が上がるのはもちろん、上の画像にもあるように星4・5の種火も排出されるので重要度はかなり高いでしょう。

序盤は低レアに頼ることも多くなるので戦力を充実させると言った面でも効果が期待できるガチャになっています。無料で回せますしね!

ちなみにこのフレンドポイント召喚からは「陳宮」というサーヴァントも排出されます。

彼は先頭に配置された味方を即死させる代わりに超高火力の全体宝具を放てる、アーラシュに似た使い方をできるサーヴァントです。

ただ、運用に癖があるので今回は紹介から外させていただきました。

ですがレベルを上げるだけで活躍できるという長所もあり、非常に有用なので育てておいて損はないでしょう。

さいごに

冒頭でもお話ししましたが、FGOは周回が必要なゲームです。

しかし、裏を返せば周回を効率化することは、このゲームを最大限楽しむことにもつながると思います。

育成に掛ける時間をできる限り短くし、魅力的なサーヴァントやストーリーを思う存分楽しみましょう!

【FGO】サポート編成に配置すべき理想的なサーヴァントと概念礼装

 

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト