【FGO】闇のコヤンスカヤ編成紹介!編成の幅がダンチな広がり

 ランク(順位) 仙人(6388
 経験値  7,560
獲得バッジ
1記事で1万PVまとめ記事を10記事公開10週連続記事公開50記事達成3つのカテゴリーで10記事攻略記事を30記事公開

イベント後に即実装!【闇のコヤンスカヤ】

 

2021年が終わり、2022年が始まりましたね!

新年と同時に姿を現したのは、まさかまさかの【闇のコヤンスカヤ】!

イベントを終えた直後に実装され、感慨深いと思うマスターさんも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、【闇のコヤンスカヤを用いた編成について】ご紹介したいと思います。

  1. 【闇のコヤンスカヤ】の特徴
  2. Buster宝具サポート編成
  3. OCアップ活用編成
  4. イベント想定編成(NP50%増加礼装)
  5. デバフ特化編成

こちらの記事は5~6分程度のボリュームですので、どうぞ最後までお付き合い願います。

(※当記事は「ある程度のサーヴァント・礼装がある前提」で書かれていますので、ご了承ください)

【闇のコヤンスカヤ】の特徴

所有スキル・宝具内容

闇のコヤンスカヤ】の特徴は以下の通りです。

スキル1味方全体にNP30%配布 + Buster性能最大30%アップ(3T)
スキル2味方単体のOC2段階アップ + Buster通常攻撃に星出し効果付与(5個)+【ケモノ科】の味方の攻撃力&防御力アップ(各最大30%)
スキル3自身に無敵貫通付与(3T)+ クリティカル威力最大50%アップ(3T)+ 毒・やけど・呪い付与(各最大500)+ 蝕毒・呪厄・延焼付与(最大100%)
宝具自身の攻撃力アップ(20%/1T)+ 敵全体に強力な地属性特攻攻撃(OC1で150%)& 攻撃強化解除 & Buster耐性ダウン(20%/3T)

このように、様々な効果を持ったスキル・宝具を持ち合わせています。

しかし、その全てを活かそうとすると、活躍できるサーヴァントがごく一部に限られてきます。

そこで今回は、以下の色付き部分をメインに運用する手段をご紹介していきます。

スキル1味方全体にNP30%配布 + Buster性能最大30%アップ(3T)
スキル2味方単体のOC2段階アップ + Buster通常攻撃に星出し効果付与(5個)+【ケモノ科】の味方の攻撃力&防御力アップ(各最大30%)
スキル3自身に無敵貫通付与(3T)+ クリティカル威力最大50%アップ(3T)+ 毒・やけど・呪い付与(各最大500)+ 蝕毒・呪厄・延焼付与(最大100%)
宝具自身の攻撃力アップ(20%/1T)+ 敵全体に強力な地属性特攻攻撃(OC1で150%)& 攻撃強化解除 & Buster耐性ダウン(20%/3T)

Buster宝具サポート編成

アタッカーの選択

バフを残さず受けたいのであれば、伊吹童子・妖精騎士ランスロットがベストです。

汎用性優先であれば、アルジュナ[オルタ]・モルガンなどのバーサーカーがいいでしょう。

単体Buster宝具であれば、オジマンディアスなど火力&OCによる恩恵が大きいサーヴァントがいいかもしれません。

概念礼装の選択

BusterはArtsと異なり、NP回収が苦手なのでNP増加礼装がデフォルトです。

最適解としてはカレイドスコープですが、虚数魔術・冬の結晶でもOKです。

打ちたい宝具の数を意識した概念礼装を装備しましょう

W闇のコヤンスカヤの必要性

基本的にはダブル編成にする必要はありません

【ケモノ科】バフを要しないのであれば、オベロンがいいでしょう。

NP配布という点では、現在入手が容易な諸葛孔明でもいいかもしれません。

宝具チェインの関係(ボス戦向け)

闇のコヤンスカヤは宝具に「Buster耐性ダウン(20%/3T)」が付いています。

なので、本命Busterアタッカーの宝具の前に使うことで、より効果的にダメージを与えられます。

スキル2を合わせることで、アタッカーのOCを3段階上げることも可能です。

OCアップ活用編成

マーリン→闇のコヤンスカヤ

卑弥呼&アルトリア・キャスター&マーリンという、定番鉄壁パーティのアレンジとなります。

(あるいは、定番の後衛に闇のコヤンスカヤを配置するのもアリかもしれません)

マーリンがピックアップされることも最近はないので、選択肢の一つになるのではないでしょうか?

スキルによるOC引き上げ

宝具や概念礼装にはない、任意のタイミングで即OCを引き上げられる強みがあります。

アルトリア・キャスターだけではなく、1番目に宝具を切る卑弥呼に使うことで、クリティカル威力&Busterによる星出し性能を上げることもできます。

全体宝具で取り巻き撃破

単体攻撃・各個撃破がメインの定番とは異なり、全体攻撃宝具による取り巻きの複数撃破ができます。

また、宝具の攻撃強化解除・Buster耐性ダウンでのサポートも可能です。

クリティカルが不安定

OCで星出し性能がアップするマーリンが抜けると、クリティカル確率が下がります。

防御・クリティカルによる各個撃破を重視するのであれば、定番の方がいいかもしれませんね。

イベント想定編成(NP50%増加礼装)

イベント礼装6積み可能

味方全体にNP30%を配布できるので、イベント礼装がNP50%増加礼装であれば、好きなサーヴァントで快適な宝具周回をすることができます

同時に、1WAVE目を担当することが可能です。

アペンドスキル2の強化が必須

唯一の難点として、使用するサーヴァントのアペンドスキル2がレベル10であることが必須です。

イベントやキャンペーンでは、必ず伝承結晶を入手しましょう。

デバフ特化編成

大量のデバフを相手に

芦屋道満の攻撃力&防御力ダウン + 恐怖&混乱&呪い付与に、闇のコヤンスカヤの毒&やけど&呪い付与 + 蝕毒・呪厄・延焼付与を加えた、デバフのフルコースです。

コマンドコードを刻むことで、さらにデバフをかけることもできます。

混沌・悪属性バフの対象

闇のコヤンスカヤは混沌・悪属性なので、蘆屋道満のバフを全面に受けることができます。

攻撃力が最大80%、クリティカル威力が最大200%アップされることで、フォーリナー特有の火力不足も改善されますね。

概念礼装の自由度が高い

芦屋道満はスキル3 + アペンドスキル2でNP100%チャージできますので、概念礼装はフリーです。

上記の編成でしたら、コヤンスカヤのみNP増加礼装にすることで宝具三連打が可能です。

さいごに

今回は【闇のコヤンスカヤを用いた編成について】ご紹介させていただきました。

最後にポイントをおさらいしましょう。

  • 【闇のコヤンスカヤ】は【Busterサポート能力 + 全体攻撃宝具を持つサーヴァント】である
  • 能力の豊富さから、様々な用途が考えられる
  • 今後のイベントでも活躍が期待されるサーヴァントである

闇のコヤンスカヤのピックアップは、1月10日(月)12時59分までとなっています。

この記事を読んで「使いたい!」と思った方は、忘れずに星晶石召喚を回しましょう!

【FGO】コヤンスカヤの正体予測!ビーストⅣにふさわしい存在【最新版】

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

アザ・キャスト
ゲームとお酒と猫が好きです。好きなゲームはカードゲームで、学生時代には「MAGIC:The Gathering」にドハマりしていました。最近プレイ中のゲームは「MTGアリーナ」と「Fate/Grand Order」です。「はじめての人にわかりやすく」「好きな人がもっと好きになる」をモットーに執筆をしておりますので、どうぞよろしくお願いします。個人ブログ:https://uzomuzo.net/