【FGO】必須!環境!引くべき☆5サーヴァント7騎

 ランク(順位) 傭兵(153384
 経験値  273
獲得バッジ

ガチャで狙うべき☆5サーヴァント

FGOで多くのマスタがー頼りにするのが☆5サーヴァントたちですよね。

そんな☆5のサーヴァントはセイバーからプリテンダーまでのクラスで合計119騎おります。

そんな中からクエストやイベントに応じて使い分けるという方がほとんどだと思います。

以前の記事でエクストラクラスのおススメ7騎をご紹介しました。

【FGO】アタッカーに!サポートに!おススメのエクストラクラスサーヴァント7選

今回は☆5サーヴァントの中でもピックアップガチャで狙うべきサーヴァントの内

以下の基本クラス7騎をご紹介します。

若干textyleの主観が入りますがご容赦ください。

  1. セイバー・千子村正
  2. ランサー・メリュジーヌ
  3. アーチャー・超人オリオン
  4. ライダー・レオナルド・ダ・ヴィンチ
  5. キャスター・キャストリア
  6. アサシン・光のコヤンスカヤ
  7. バーサーカー・モルガン

おススメ基本クラス7騎

それではここからはピックアップガチャ等で見かけたら狙うべきサーヴァントをご紹介していきます。

どれを狙おうか迷った際はぜひ参考にしてみて下さい。

セイバー・千子村正


まず最初におススメするのはセイバーのクラスです。

セイバークラスでおススメは千子村正です。

千子村正はFate/StayNight主人公・衛宮士郎を依り代にした疑似サーヴァントです。

彼が実装された時は多くのマスターが彼を召喚しようと聖晶石を消費しました。

そんな彼のおススメのポイントはスキルの効果で自身を大きく強化できる点です。

それでは村正の持つ3つのスキルを見ていきましょう。

1.様物

これは自身のバスター・アーツ・クイック性能強化スター集中度アップを1ターン付与します。

更にスターを獲するので瞬間的に自身を強化します。

2.業の目

このスキルは自身に無敵貫通と回避、無敵状態の敵に対するクリティカル威力アップを1ターン付与。

更にスター発生率とクリティカル威力アップを3ターン付与します。

3.焔

3つ目のスキルは自身のNPを最大50%チャージします。

また自身に焔状態(通常攻撃時NPをチャージ)を3ターン付与します。

以上のように自身を強化することに長けたスキルを持ち、宝具も全体宝具です。

そのため特に対ランサークラスではワンマンアーミーとして戦うことができます。

ランサー・メリュジーヌ

おススメするランサーのサーヴァントは2021年に実装されたメリュジーヌです。

当初は『妖精騎士ランスロット』と名乗っていた彼女です。

しかし物語の進行によりアルビオンの末裔という正体が判明します。

そんな彼女をおススメするポイントは宝具を換装できるという変わった特徴を持つ点です。

メリュジーヌの宝具は霊基再臨段階によって異なります。

第一段階、第二段階の場合は『今は知らず、無垢なる湖光』という単体宝具になります。

霊基再臨第三段階となると宝具が『誰も知らぬ、無垢なる鼓動』に変化します。

また霊基再臨第一・第二段階でもスキル『レイ・ホライゾン』で霊基を第三段階に変更できます。

これにより敵の編成に応じて宝具を換装することが可能です。

また『レイ・ホライゾン』NPを最大100%チャージするので戦闘開始から宝具使用が可能です。

ただし、霊基再臨の第三段階から第一、第二には戻れませんので使用する際は注意が必要です。

アーチャー・超人オリオン


アーチャーでおススメするサーヴァントは超人オリオンです。

オリオンを名乗るアルテミスではなく筋骨隆々のオリオンの方です。

内面はスケベな彼ですが本来は冠位の資格を持つ設定上はすごいサーヴァントです。

彼をおススメする理由はその爆発的な攻撃力にあります。

彼の攻撃カードはバスター3枚、アーツ1枚、クイック1枚という超攻撃的な編成になっています。

そのため攻撃力やバスター強化のスキルで通常攻撃で単体宝具並のダメージを与えることが可能です。

彼の宝具『月女神の無垢な愛』はという自信を強化する宝具です。

自身に攻撃力強化、無敵貫通、クリティカル威力アップ、弱体無効を3ターン付与

更に3ターンスター獲得という攻撃力強化に特化した宝具です。

この宝具のお陰で彼の通常攻撃は単体宝具並の威力を発揮します。

更に彼の持つスキルも攻撃力アップやスター集中効果など自信を強化するものばかりです。

そんなオリオンを運用する上ではサポーターがいると彼の長所が更に伸びます。

特にサポーター系のサーヴァントの支援があると鬼に金棒といった攻撃力になります。

ライダー・レオナルド・ダ・ヴィンチ


ライダーのサーヴァントでおススメするのはレオナルド・ダ・ヴィンチです。

第2部序盤から実装されましたがキャスターのダ・ヴィンチと比べてサポートに長けた性能です。

またサポートに長けるライダー・ダ・ヴィンチはその可憐なビジュアルも魅力のひとつです。

むしろそここそがtextyle最大の推しポイントです!!

レオナルド・ダ・ヴィンチの聡明さに可愛らしさがプラスされた彼女はサーヴァントの中でも

トップクラスの可憐さと言っても過言ではありません!

そんな彼女はスキルや宝具により味方と自身にNPをチャージできる点が強みとなるポイントです。

スキル『星に夢を』により自身に3ターンの間、大20%NPをチャージできます。

また宝具『境界を超えるもの』により味方全体にNPを20%付与することができます。

NPチャージに優れる彼女はサポート系サーヴァントと組ませると宝具連発も可能になります。

キャスター・キャストリア

おススメするキャスターのサーヴァントは通称キャストリアことアルトリア・キャスターです。

キャストリアはその性能の高さから多くのマスターがサポート編成に組み込んでいます。

特筆すべきは彼女の絶対的ともいえる宝具『きみをいだく希望の星』の性能です。

彼女の宝具はメリュジーヌのように霊基再臨第三段階になると『真円集う約束の星』に変わります。

そんな彼女の宝具は多くのエネミーがもつ無敵貫通を防ぐという大きな強みがあります。

これまで無敵貫通を持つ宝具やスキルにはなすすべがありませんでした。

しかし彼女の宝具は一度ではありますが無敵貫通すら防ぐという絶対的な防御性能を誇ります。

また味方全体の攻撃力も強化しますのでサポート系宝具の中でもトップクラスの性能と言えます。

また彼女のスキル攻撃力強化やNPチャージに長けたものばかりです。

そのためスキルの面でも優秀な能力を発揮します。

特にスキル『選定の剣(聖剣作成)』はボスエネミーにありがちな人類の脅威属性に特攻を付与します。

そのためボス戦では必須ともいえるサーヴァントです。

アサシン・光のコヤンスカヤ


アサシンでおススメするサーヴァントは光のコヤンスカヤです。

NFFの代表として第二部開始当初から物語の表裏で暗躍していましたが味方としても優れています。

ストーリー上、曲者のイメージが強い彼女ですがアタッカーとしてもサポーターとしても優秀です。

彼女の宝具『霊裳重光・79式擲禍大社』自身の攻撃力を強化した上での全体宝具です。

またエネミーのチャージ減少味方全体のNPをチャージする効果もあるため支援としても優秀です。

そんな光のコヤンスカヤの持つスキルは攻撃力強化やバスター性能強化に長けています。

特にスキル『殺戮技巧』人間及び人属性に特攻効果を付与するため対サーヴァントには有効です。

またスキル『NFFスペシャル』味方単体のバスター強化及びバスターへのスター集中効果

更にバスターのクリティカル威力アップというバスター強化に超特化しています。

これを、先に紹介した超人オリオンに使用することで彼の攻撃力がえげつない強さとなります。

バーサーカー・モルガン

最後のバーサーカーのおススメは妖精国女王、モルガンです。

元々のアーサー王物語でもアーサー王の姉であったためアルトリアと顔がそっくりです。

彼女は攻撃に特化したクラスであるバーサーカーながらサポートもこなせる貴重な存在です。

攻撃に関してはバーサーカーということもあり多くのクラスに有利をとれます

また宝具『はや辿り着けぬ理想郷』は全体宝具かつ5ターン呪いを付与するという効果もあります。

更に彼女のスキルNPチャージと攻撃力強化、スター集中付与など味方を全方位から強化できます。

その性能の高さからサポート編成のバーサーカーはモルガンかアルジュナ・オルタが多いです。

語りつくせぬサーヴァント

今回は☆5の中でも基本クラスのおススメサーヴァント7騎をご紹介してきました。

今回ご紹介した7騎はいずれも召喚して後悔することはありません。

ピックアップ等で見かけたらぜひチャレンジしてみて下さい。

 

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

textyle
Fate/Grand Orderをリリース開始時からプレイしています。
「こういう時、他のマスターはどうしているんだろう?」
そんなかゆい所に手が届く記事をお届けしていきます。