【FFⅦ THE FIRST SOLDIER】ベータ版テスト開始!バトロワ初心者がプレイしてみた結果をまとめてみました!!

 ランク(順位) 村人(214388
 経験値  116
獲得バッジ

FFがバトルロワイアルになって登場!

2021年6月1日からベータ版テストプレイがスタートした「FFⅦ THE FIRST SOLDIER」

今、巷で大人気のバトロワ系ゲームをFFⅦの世界観で楽しめちゃうのです!

ファイナルファンタジーファンとしては、これはやってみたい!

でも実はバトロワ系のゲームをやったことがない…。

そんな私がベータ版テストプレイを通して、バトロワ初心者でも楽しめるのか検証してみます!

  • FFⅦ THE FIRST SOLDIERはこんなゲームです!
  • バトロワ系初心者でも簡単に操作できるのか?
  • 初心者にオススメの戦い方とは?

この記事は5分で読み終わりますので、さいごまで読んでいってくださいね!

「FFⅦ THE FIRST SOLDIER」はこんなゲームです!

おそらくバトルロワイアル的な要素は、現段階では他のゲームと、さほど差はないと思います。

総勢75名のプレイヤーが生き残りをかけて戦うバトルロワイアルゲームです。

ソロプレイまたは3名のチームで戦うチームプレイを選ぶことができます。

「FFⅦ THE FIRST SOLDIER」ならではの機能はコチラです!

スタイル(ジョブ)を選択することができる
・スタイルによって武器、特性や使用できるアビリティが違う
・FFおなじみの魔法や召喚獣、アイテムを使用することができる
・プレイヤー以外にFFおなじみのモンスターもフィールド上に存在する
「チョコボ」に乗れる
・フィールドにFFⅦで見慣れた地名や建物名が存在する

この辺りが、ファイナルファンタジーの世界観を表現している部分になります。

4つのスタイルから選択して戦う

ベータ版テストプレイの段階では4つのスタイルから選択することができます。

・ウォリアー  ・ソーサラー  ・モンク  ・レンジャー

どのスタイルでも「近接攻撃」「遠距離攻撃(銃で攻撃)」「魔法」の使用は可能です。

まずはアイテム集め

敵と戦うにはまず武器が必要です!

ということで、ヘリから投下後、アイテムを集めます。

アイテムは道端にある宝箱や、建物内に設置されています。

銃は大きく分けて3種類(近距離・中距離・長距離)

魔法は7種類(ファイア・ブリザド・サンダー・エアロ・バイオ・グラビデ・ケアル)

その他、ポーションなどの回復アイテムやアクセサリーなどを手に入れることができます。

銃は一度に2丁、魔法は3つまで持つことが可能です。

そして魔法は同じ魔法を取れば取るだけ魔法のレベルがアップしていきます。

敵プレイヤーだけでなく、モンスターに注意

プレイ中は他のプレイヤーに攻撃されないように気を付けるのですが、このゲームではモンスターも出現します。

モンスターを倒すと経験値やギルがもらえます。

また、ゲーム進行途中で「ボスモンスターを討伐せよ」という指令が発令されることもあります。

かなり強いですし、戦っている最中に他プレイヤーから狙われることもあります。

初心者には討伐はちょっと難しかったです…。

バトロワ系初心者でも簡単に操作できるのか?

では実際、バトロワ系初心者の私がプレイしてみてどうだったのか!

  • ぶっちゃけ操作が難しい!
  • バトロワ系の戦い方を学ばないと生き残れない
  • FFの要素をもっとやり込めば楽しくなる!ハズ…

ぶっちゃけ操作が難しい!

これはバトロワ系初心者は必ずぶち当たる壁だと思います。

私が使用しているのがIphone8ということもあり、とにかく意図していないボタンを押してしまいます。

ボタン配置については…

画面左…プレイヤー進行、銃発砲
画面右…カメラ操作、プレイヤー動作(ジャンプ・しゃがむ等)、近距離攻撃、銃発砲
画面中央…銃切替、魔法、アイテム、

一番多い押し間違いが、プレイヤーが動こうとするときに銃を発砲してしまうことでした。

せっかく敵から隠れて攻撃しようとしていたのに、銃声で敵に居場所がバレる…という凡ミスが多々ありました。

これについてはもう練習あるのみ!

そして、スマホゲーム用のアクセサリーを使った方が良いと感じました。

バトロワ系の戦い方を学ばないと生き残れない

始め2日間ぐらいは、正直、MAX75人中半分にも残れませんでした。

最初はとにかくアイテムを集めないと!と思いひたすら走り回っていました。

すると、確実に敵プレイヤーから奇襲攻撃に遭い、倒される。

だからと言ってじっとしていると、縮小していく安全地帯のせいで、結局移動せざる負えず…撃沈。

この辺りの戦い方が、バトロワ系初心者には不利だと思います。

FFの要素をもっとやり込めば楽しくなる!ハズ…

ここまでだと、やっぱりバトロワ系は難しい…プレイするのやめよっかな…となりそうです。

でも、このゲームをプレイしようと思ったきっかけは、ファイナルファンタジーだったから!

なので、他のバトロワ系ゲームにはないFF要素を使いこなせるようになると楽しくなりそうな気がします。

魔法や召喚獣を極めてみたりモンスター討伐に力を入れてみたり…。

FFⅦの象徴でもある、背中に背負うあのデカい剣を使いこなしてみたり…。

そんな楽しみ方ができると初心者でも楽しめるのではないかと思っています。

初心者にオススメの戦い方とは?

プレイ3日目になると、初心者の私でも残り10人程度まで生存できるようになりました。

私が生き残るために実践してみたのは…

近距離攻撃に特化してみた
②ポーションやケアルなどの回復を重視してみた
③モンスターはひとまず無視

近距離攻撃に特化してみた

これは初心者あるあるだと思うのですが、銃攻撃は焦点を相手に当てるまでに時間が掛かります。

障害物に隠れながら、動いている敵を狙って狙撃!というのがちょっと難しい…。

そこでいっそ、無双系のゲームのように剣やパンチなどの近距離攻撃で倒してみてはどうか。

これが大当たり!敵に見つかったらとにかく接近して斬る!叩く!

これなら、相手を見失わないように、カメラワークさえしっかりやれば、結構な確率で相手を撃破できました。

ポーションやケアルなどの回復を重視してみた

どうしても近距離攻撃だと敵からのカウンターを受けてしまいがち…。

ということで近距離攻撃をメインにしたら次は「回復」です。

基本的には、銃や弾などには目もくれず、回復アイテムと回復魔法を探します。

これで攻撃しながら回復することができるので、相手を撃破できる可能性がより高まります。

モンスターはひとまず無視

FF好きなら倒してみたいモンスターたち。

でもこれが、敵プレイヤーから見つかってしまう可能性が高まる原因なのです。

雑魚モンスターなら、モンスターに近づく時の足音や攻撃の音で自分の居場所がバレます。

さらに、ボスモンスターは、腕に自信があるプレイヤーが討伐しに来ている可能性が高い!

だから初心者が近寄ったら、ベテランプレーヤーの格好の餌食となるでしょう。

なので、モンスターはひとまず上達するまでは無視することが賢明です。

おわりに

バトロワ系初心者がプレイした結果をまとめてみました。

まずは、バトロワ系の操作に慣れる!ことが重要だと感じました。

大好きなファイナルファンタジーの世界観を思う存分楽しむためには、これに尽きると思います。

操作に慣れれば、いろいろな戦い方ができ、とても面白いゲームです!

まだまだテスト段階なので、もっともっと面白くなるに違いない!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト