【FF11】復帰者がソロで突入‼旧デュナミス全ボス討伐‼~ジュノ・雪原~

 ランク(順位) 精霊術士(25378
 経験値  2,736
獲得バッジ
10記事達成10週連続記事公開攻略記事を10記事公開1つのカテゴリーで10記事1記事で1万PV

はじめに

モグガーデンの漂着物だけで、マネキンパーツが揃ってしまいました~。

早速モグハウスに設置しましたが装備なし(裸)です。

いたちっちと申します。

前回のデュナミス攻略(三国)に続いて、ジュノ(ル・ルデの庭)、雪原エリアの攻略にチャレンジしていきたいと思います。

デュナミスに突入するための準備や、弱点システムの詳細は、前回の記事を参考にしていただければ幸いです。

【FF11】復帰者がソロで突入‼旧デュナミス全ボス討伐‼~三国編~

  1. 1エリアで、全種類の貨幣のドロップが期待できます!
  2. ザルカバード真ボス「Arch Dynamis Lord」も挑戦します!
  3. 伝説の赤帽…ポロリもあるかも…!?

この記事は5分ほどで読み終わりますので、是非最後までご覧ください。

デュナミス-ジュノ

Goblin Statue(延長石)

①大使館前(H-9)赤色に輝く砂滞在時間+10分
②Proto-Waypointの少し南(G-9)青色に輝く砂滞在時間+10分
③HP付近(H-8)※移動します。黄色に輝く砂滞在時間+10分
④ダヴィの露店(G-9下)白色に輝く砂滞在時間+15分
⑤宮殿2F(H-6)※移動します。黒色に輝く砂滞在時間+15分

今回確認した限りですと、延長石自体が移動している個体もいて、POSが定まらない事があります。

大体は上の表のあたりにいるので、探してみてください。

また、デュナミス-ジュノには、ゴブリンNMがたくさん居ます。

今回は、他プレイヤーさんがハイスピードで狩りをしていたので、NMのPOPも早かったです。

延長石のそばにもNMが沸いていたりして、雑魚も多く配置されています。

リンクは避けられないでしょう。

ボスのトリガー「放浪の玉」

デュナミス-ジュノの全NMが対象です。

33匹ものNMが居ますし、ドロップも悪くないので、トリガーはすぐ取れると思います。

E・レコード:コンテンツ:デュナミス1を忘れずに受けておきましょう。

ボス「Goblin Golem」

ジュノ上層へ抜ける通路に、???があります。

石像単体でPOPします。

こちらは特に難しいことなく、討伐できました。

だいじなもの「ハイドラ戦隊作戦図」を入手。千魔図譜【16頁】

これで、デュナミス-ジュノはクリアとなります。

四国クリアとなるので、デュナミス-ボスディンへの突入が可能となりました!

トリガーNM

増悪の器(暗狩から確認)宮殿2F正面扉前Quicktrix Hexhands赤忍千魔図譜【17頁】
増悪の賽(黒から確認)宮殿1F西側扉前Feralox Honeylips獣吟千魔図譜【18頁】
増悪の覆面(忍から確認)宮殿1F東側扉前Scourquix Scaleskin狩竜千魔図譜【19頁】
増悪の榴弾(戦侍から確認)宮殿1F奥大公邸前Wilywox Tenderpalm白シ千魔図譜【20頁】
千魔図譜【16頁】~【20頁】ジュノ上層入口Arch Goblin Golem石像真ボス

どのNMもSPアビを2回使ってきました。

榴弾NMは、回避→祝福→回避と、3回使ってきたこともありました。

どのNMも問題なく討伐できましたが、周りの雑魚が絡むので、対処が必要です。

真ボス戦では、「デス」を使用してきました。

うっかりタゲを取ってしまい、危険が危なかったのですが、TTさんが止めてくれて助かりました。

滞在時間1時間30分程。

トリガーの出が調子よく、NM戦2周できました。

今回はトリガーNMからルンゴナンゴ翠貝貨を確認できました~!

【結果】

AF213ジョブ、頭、手、脚、足
レリック武器(の元)ホルン、両手棍、弓
オネイロスナイフ、タスラム、コイフ、夢神の耳
オルデール銅貨 35枚1バイン紙幣 29枚トゥクク白貝貨 23枚
モニヨン銀貨 0枚100バイン紙幣 0枚ルンゴナンゴ翠貝貨 3枚
忘れ去られた感触 11個忘れ去られた道程 12個忘れ去られた足跡 7個

ストーリーをお楽しみの方は、ル・ルデの庭の「Trail Markings」を確認してイベントを見ておきましょう!

デュナミス-ボスディン

各獣人タイプ+アーリマン(延長石)

①OPの段一つ下(H-9)Goblin Statueゴブ型石像白色に輝く砂滞在時間+10分
②ヌエの塔手前の広場(G-8)Rearguard Eyeアーリマン黒色に輝く砂滞在時間+20分
③下から2段目(I-9)Avatar Idolヤグ型石像黄色に輝く砂滞在時間+10分
④下段海岸沿い(K-9)Adamantking Imageカメ型石像青色に輝く砂滞在時間+10分
⑤フェ・イン前の池(J-7)Warchief Tombstoneオーク型石像赤色に輝く砂滞在時間+10分

デュナミスエリアの地図は、3国獣人拠点の入口のゴブから購入できます。

特にこのボスディン氷河は、地図がないと、迷子になりそうです。

マップ自体は狭いですが、段差が多く、とても複雑な地形になっています。

今回は最終目的地がフェ・イン前なので、上記の順に延長石を討伐していきました。

また、「憎悪トリガー、ボス、真ボス」と、「証NM」とで、2回突入しています。

さすがに1度の突入で全てのボス討伐はできませんでした。

ボスのトリガー「邪眼の玉」

ジュノと同じく、各獣人エリアに数体NMがいます。

抽選POPなので、広域スキャンで見当たらない場合は、ある程度討伐が必要です。

今回は、海岸沿いのクゥダフエリアでNMを狙いました。

以前、別キャラで海岸沿いのオークエリアでNMを狙った際、召喚士のNMが沸きました。

このNMの「ファナティックダンス」で見事に魅了され、冷や汗をかいた経験がありましたので…

また、OP(H-9)から下段へ、細い通路を北に向かう途中にゴブリンNMが沸いていました。

延長石を討伐しながら、NMが沸いていないか、広域スキャンで確認しながら進むといいでしょう。

E・レコード:コンテンツ:デュナミス2を忘れずに受けておきましょう。

ボス「Angra Mainyu」

フェ・イン入口の少し南に???があります。

非常に厄介なボスです!!!

アーリマンと、お供にドラゴンが4体、同時に沸きます。

お供のドラゴンは倒してもまた呼び出されるので、アーリマンのみ討伐でいいと思います。

ですが、このアーリマン、「ワープするんです!」

予兆も何もなしに、突然ひゅっとタゲが切れて居なくなります。

タゲが切れると、戦闘解除され、フェイスも起動しなくなります。

召喚士などでは、召喚獣を当てていれば、追尾してくれるそうですが、今回は目視で確認しました。

今回、運が悪く、「連続魔」中にワープされ「デス」を連発されました。

フェイスが次から次へと落ちて行き…

リレイズは忘れずに掛けてから討伐に挑みましょう。

ちなみに、黄色ネームになってから数分で、モンスターはすべて消えます。

改めてトリガーを取り直し、再戦。

フェイス、ヴァレンラールさんが、ドラゴンのタゲを持ち、テンゼンIIさんでチクチク遠隔攻撃。

自身は衰弱中から溜めていたTP3,000WSをEVさんにだまし入れ、一度もワープされることなく、連続魔が来る前に討伐しました。

だいじなもの「ハイドラ戦隊識別標」を入手。千魔図譜【21頁】

これで、デュナミス-ボスディンはクリアとなります。

デュナミス-ザルカバードへの突入も可能となりました!

トリガーNM(憎悪の〇〇)

増悪の御守(黒狩ナ召ハイドラ)OPの段の西端Taquedeモ竜千魔図譜【22頁】
増悪の呼び鈴(赤暗獣侍ハイドラ)ザルカ方面の段北東Pignonpausard白侍千魔図譜【23頁】
増悪の樹根(戦モ吟忍ハイドラ)ヌエ塔の段北東Hitaume戦狩千魔図譜【24頁】
増悪の鏡(白シ竜ハイドラ)ヌエ塔の中Cavanneche黒暗千魔図譜【25頁】
千魔図譜【21頁】~【25頁】フェ・イン前Arch Angra Mainyuアーリマン真ボス

ILvで問題なく倒せるNMです。

HPが多いと感じました。

シャドウ族特有の技を使ってきますが、特に気を付けることはなさそうです。

真ボスは、アーリマン一体のみPOPしました。

こちらは、最初はアーリマンの姿でPOPしますが、HPを削りきる度にHPが全快し、石像に変身して現れます。

今回はアーリマン→オーク型石像→オーク型石像→アーリマンに変身を繰り返してきました。

幸い「デス」を使用してこなかったので、難なく討伐できました!

ここで、残り滞在時間が30分となっていました。

OP付近まで戻り、証NMのトリガー取りをして、排出されました。

証NM

跳梁跋扈の札(戦赤ナハイドラ)I-7の塔Goublefaupe戦赤ナ各武器「証」三種
無慙無愧の札(白黒吟ハイドラ)G-10の池Quiebitiel白黒吟各武器「証」三種
悪因悪果の札(モシ忍ハイドラ)H-10の塔Mildaunegeuxモシ忍各武器「証」三種
怪誕不経の札(暗狩侍ハイドラ)J-8の塔Velosareon暗狩侍各武器「証」三種
陰謀詭計の札(獣竜召ハイドラ)G-9の塔Dagourmarche獣竜召各武器「証」三種

NM自体はILvで十分倒せる強さです。

陰謀詭計のNMは「子竜」と「召喚獣」のお供を呼び出してきます。

モンスターは呼び出さずに、「あやつる」を何度か使用してきたので、タゲはフェイスにもってもらいましょう。

①滞在時間2時間(延長石、トリガーNM、ボス、真ボス)。

②滞在時間1時間程(延長石、証NM、トリガーNM)。

トリガーアイテムと、証NMのトリガー(札)は、アーリマン延長石の(G-8)の辺りか、OP付近(H-8~9)で全て揃いました。

ドロップは、良くもなく、悪くもなく、といったところです。

2回目突入時は、札を揃えているうちに、憎悪も揃ったので、もう1戦ずつしています。

今回はトリガーNMからルンゴナンゴ翠貝貨を確認しました~!

【結果】※2回目含む。

AF217ジョブ、胴、脚、足
両手斧、両手鎌、片手刀、両手棍、ホルン、盾
装備品竜牙脛当、クトニオスマスク、グローブ、ヘルム、アヴェスタバングル
オルデール銅貨 22枚1バイン紙幣 29枚トゥクク白貝貨 11枚
モニヨン銀貨 0枚100バイン紙幣 0枚ルンゴナンゴ翠貝貨 1枚
忘れ去られた感触 0個忘れ去られた道程 0個忘れ去られた足跡 0個
忘れ去られた願い 20個

他、ギヌヴァの戦術指南のドロップを確認しました。

取得経験値は少ないものの、Rare EX属性なので、鞄に入ったらすぐ使ってしまいましょう。

デュナミス-ザルカバード

各獣人タイプ+アーリマン(延長石)

①オーク型石像(I-10)短い通路赤色に輝く砂滞在時間+10分
②限界クエ犬付近(G-10)カメ型石像青色に輝く砂滞在時間+10分
③テレポイント付近(H-8)ヤグ型石像黄色に輝く砂滞在時間+10分
④ズヴァール城への坂を上段南(F-8)ゴブ型石像白色に輝く砂滞在時間+15分
⑤下段の窪み(I-6)アーリマン黒色に輝く砂滞在時間+20分

ここからエリアの音楽が「Awakening」になるので、さらにテンションが上がります。

延長石付近には雑魚がおらず、狩りやすいです。

ボスのトリガー「漆黒の玉」

デーモン族のNMがドロップします。

エリアに15体、抽選POPとなっています。

今回は、ズヴァール城に近い、F-8の辺りで「Marquis Nebiros」(召喚士)を狙いました。

ここは、武器タイプのモンスターが居ないので、AF2を狙いながらNMを沸かせることができます。

また、ズヴァール城入口前に、ボスの???があるので、F-8から近くて便利です。

E・レコード:コンテンツ:デュナミス2を忘れずに受けておきましょう。

ボス「Dynamis Lord」

ズヴァール城入口に???があります。

最初は闇王一体がPOPします。

「ダイナミクアサルト」という技にヘイトリセットがあるようです。

HPが半分くらいで、お供としてドラゴン×2体を召喚します。

このドラゴンは無視で、本体のみ討伐でいいでしょう。

ILvですと、難なく討伐できます。

だいじなもの「ハイドラ戦隊軍旗」を入手。千魔図譜【26頁】

これで、旧デュナミスはすべてクリアです!!

ここまで私のようなへっぽこシーフでも、何とかクリアしてきましたが…

問題はここからです。

トリガーNM(憎悪の〇〇)

増悪のどくろ(赤暗侍)(J-7)横に伸びる通路Duke Haures赤吟千魔図譜【27頁】
増悪の角(戦吟忍召)(J-7)限界クァールの通路Marquis Caim獣忍千魔図譜【28頁】
増悪の血(モ白シ竜)(I-5)限界トラの通路Baron Avnasシ暗千魔図譜【29頁】
増悪の示指(黒ナ獣狩)(F-7)上段の砦Count Haagentiナ召千魔図譜【30頁】
千魔図譜【26頁】~【30頁】ズヴァール城前Arch Dynamis Lord闇王真ボス

トリガーNMは難なく討伐できました。

アイテムのドロップは「どくろ」がなかなか出ず、他はそれなりに出てくれました。

NM戦では、どくろのNMが開幕に「魔物達のララバイ」を使用してきました。

問題は真ボス「Arch Dynamis Lord」です。

いろいろ攻略方法を調べてから挑みました。

真ボスは、HPが半分程になると、分身します。

一度タゲが切れ、どちらが本物かわからなくなります。

本体を倒さない限り、ずっと分身し続けます。

しかも、「テラスラッシュ(前方範囲即死)」を使ってきます。

HPが少ない状態だと、分身が3体、4体と増えて行きます。

分身2体の状態で、「テラスラッシュ」を使われる前に倒す、瞬発力も必要となります。

または、範囲攻撃で打ち倒す作戦もあります。

今回、どちらの方法も、私のシーフだと無理なので、「運」にかけてみました。

フェイス、「アークTT」「ザイドII」を呼んで、「スタン」2枚作戦。

そして、私は、ターゲットしていない方の分身に対して「Vフラリッシュ」を構える作戦です。

本物を叩いているかわからないので、まず「運」です…

テラスラッシュでEVさんが落ち…

テラーを食らい、その間にガIII系を連発されました。

これは…日を改めますね(汗)。

「獣使い」での討伐が安定するようです。

バッタを呼び出して、「テグミナバフェット」で分身をまとめて倒す作戦です。

丁度、真ボスを周回していた獣使い様がいらっしゃったので、こっそり見ていました。

大変おみごとなものでした…

真ボスは、ジョブを選ぶモンスターだと痛感しました。

欠片NM

だいたいこの配置で「Satelite~(武器)」が生息しています。

欲しい武器の雑魚から「~の刻印」を入手し、生息域近くの砦の上などの???からNMを沸かせます。

どのNMもILvで簡単に倒せる敵です。

トリガーのドロップもまずまずいい方でしょう。

①滞在時間2時間(延長石、抽選NM、トリガー取り)

②滞在時間1時間40分(延長石、トリガーNM、ボス、真ボス、欠片NM)

今回も2回突入しています。

トリガーが多いので、時間がかかりました。

トリガーの出は、悪くはないでしょう。

ただ、「どくろ」だけは、なかなか出なかったです。

【結果】※2回目含む。

AF216ジョブ、頭、胴、手、脚
欠片全種100%ドロップ
装備品デモンリーストーン、サッシュ、リング、シャドウマント
オルデール銅貨 37枚1バイン紙幣 31枚トゥクク白貝貨 28枚
モニヨン銀貨 0枚100バイン紙幣 0枚ルンゴナンゴ翠貝貨 0枚
忘れ去られた感触 0個忘れ去られた道程 0個忘れ去られた足跡 0個
忘れ去られた願い 0個忘れ去られた面影 18個

ザルカバード入口の「Trail Markings」を調べると、イベントが発生します。

旧デュナミス、ラストのイベントということで、見ておくことをおすすめします。

さいごに

残念ながら「Arch Dynamis Lord」は討伐できませんでしたが、ジョブを揃えて再戦したいと思います!

真ボス以外はILvのシーフで十分討伐できるので、AF2集めやレリック武器作成はソロで十分できますね。

次回は新デュナミスの「ブブリム、バルクルム、クフィム、タブナジア」の攻略です。

あまり行ったことのないエリアなので、楽しみです。

それでは冒険者の皆さん。

よい旅を!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

いたちっち
FF11、ヴァナ・ディール在住、バストゥーク拠点。
へっぽこ冒険者「いたちっち」と申します。
2012年に休止後、2020年に復帰しました。
8年の間に、びっくりする程様変わりしたヴァナ・ディールを、へっぽこながらソロで冒険し、感動し、発見したことをお伝えできればと思っています!
基本的にソロ活動、かつ、装備も強いものは使用しておりません。
攻略などは、その範囲でやっております。
ゆる~くプレイしている、復帰者ソロ向けの記事を中心にお伝えしております。

Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.