【FF11】復帰者がソロで突入‼旧デュナミス全ボス討伐‼~三国編~

 ランク(順位) 精霊術士(25378
 経験値  2,736
獲得バッジ
10記事達成10週連続記事公開攻略記事を10記事公開1つのカテゴリーで10記事1記事で1万PV

はじめに

最近パソコンのファンから異音がするので、立ち上げてから落ち着くまで、自身のストレッチをしています。

気づいたらそのまま寝てしまい、日付が変わっていました!

ログインボーナスをもらい忘れた、いたちっちと申します。

今回は、今でこそできる「旧コンテンツ攻略シリーズ!第一弾」ということで、「デュナミス」攻略をしていきたいと思います。

最終的には、デュナミス-タブナジアをクリアして、「デュナミス-タブナジアの黒水晶」を入手することが目的となります。

こちらは、「デュナミス~ダイバージェンス~」への突入条件の一つとなります。

復帰者さん、ご新規さんの攻略の参考に、少しでもなれば幸いです。

  1. エミネンスレコードのコンプリート稼ぎも兼ねています!
  2. ILv119のシーフ/踊り子(装備:アンバスNQ程度)で突入しています。
  3. ダイバージェンスへの突入が目的の場合、デュナミスは、タブナジアをクリアするだけでOKです!
  4. 全トリガーNM(千魔図譜含む)にも、挑戦しています!

この記事は、5分程度で読み終わりますので、是非最後までご覧ください。

突入までの準備

三国ミッションのランクが6以上

デュナミスに突入するためには、いくつかの条件があります。

そのうちの一つが、「ランク6」以上です。

闇王ミッションが終わっていれば大丈夫です。

レベル65以上のジョブで「ザルカバード」でイベントを見ておく

闇王ミッションが終わって、ランク6になってから、「ザルカバード」にエリアチェンジすると、イベントが起きます。

このイベントが、「デュナミス」の話に続く大事なものになるので、見ておきましょう。

四国(三国+ル・ルデの庭)いずれかの「Trail Markings」を調べる

ザルカバードでのイベントの後、いずれかの「Trail Markings」を調べるとイベントが発生します。

イベント内で、「朧なる砂」を入手します。

ル・ルデの庭(I-9)モグハウスから出てすぐの、西の通路。
南サンドリア(L-5)南サンドリア、モグハウス前HPのすぐ、木の根元。
バストゥーク鉱山区(K-8)鉱山区モグハウスから出て、目の前の壁右側。
ウィンダス石の区(C-12)石の区モグハウス前HPのすぐ、茂み。

ゴブリンNPCから50,000ギルで砂時計を入手

ダボイ、ベドー、オズトロヤ城の入口付近にいるゴブリンNPCに話しかけます。

50,000ギルをトレードして「煌く砂時計」を入手しましょう。

どのNPCも、本ワープが最寄りです。

  • 星唄の煌めき【三奏】を所持していると、再突入が無制限で突入できます。
  • ボスディン氷河への突入は、四国のクリア(ボスの討伐)が条件です。
  • ザルカバードへの突入は、ボスディン氷河のクリア(ボスの討伐)が条件です。

プロマシアミッション「神を名乗りて」のクリア

デュナミス-ブブリム、バルクルム砂丘、クフィムへの突入には、プロマシアミッションの「神を名乗りて」のクリアが条件です。

また、こちらもレベル65以上のジョブで、上記3エリアの「Hieroglyphics」を調べる必要があります。

(突入時に必然と調べるので、事前に調べておく必要はないです。)

  • デュナミス-タブナジアへの突入は、上記3エリアのクリア(ボスの討伐)が条件です。

これで準備は完了です。

四国、またはブブリム、砂丘、クフィムから突入しましょう!

弱点システムを利用しよう

弱点を突くと、「‼」が出ます。

上手く弱点をつけると、ドロップ品が増えるので、バンバン狙っていきましょう。

アビセアの弱点と違い、敵が詠唱中や行動中でも、弱点を突くことができます。

フェイスの魔法や、挑発などのアビリティでも弱点を突くことができます。

獣人の弱点(四国、ボスディン、ザルカバード)

重装ジョブ戦ナ暗侍竜WSが弱点
軽装ジョブモシ狩獣忍アビリティが弱点
魔道士ジョブ白黒赤吟召魔法が弱点

モンスターの弱点(ブブリム、砂丘、クフィム、タブナジア)

※時間帯によって弱点が変わります。

取得貨幣モンスター0時~8時8時~16時16時~0時
オルデール銅貨サボテンダ-、大羊、ヒポグリフ魔法アビリティWS
オルデール銅貨ウサギ、マンドラゴラ、エフト魔法アビリティWS
オルデール銅貨スノール、一匹コウモリ、ウェポン魔法アビリティWS
1バイン紙幣フライ、キノコ、フライトラップアビリティWS魔法
1バイン紙幣死鳥、クロウラー、ウラグナイトアビリティWS魔法
1バイン紙幣三匹コウモリ、タコ、大鳥アビリティWS魔法
トゥクク白貝貨マンティコア、樹人、グゥーブーWS魔法アビリティ
トゥクク白貝貨カニ、サソリ、キリンWS魔法アビリティ
トゥクク白貝貨トラ、ラプトル、ダイアマイトWS魔法アビリティ

※アビリティで弱点を突くのがやりやすいので、時間を見ながら、モンスターを変えて狩るといいでしょう。

デュナミス-サンドリア

Warchief Tombstone(延長石)

①従者横丁2F(M-7)赤色に輝く砂滞在時間+10分
②競売所2F(I-9)青色に輝く砂滞在時間+10分
③西の見張り塔(H-9)黄色に輝く砂滞在時間+10分
④革工ギルド2F(D-8)白色に輝く砂滞在時間+15分
⑤猟犬横丁(E-6)黒色に輝く砂滞在時間+15分

突入したら、延長石を取りに行きましょう。

上の表の順番に行くのが回りやすいと思います。

インスニ使用可能です。

一つ注意点があります。

南サンドリアの地形上、階段を上がったり下りたりの場所に延長石が居るため、フェイスがひっかかって機能しなくなります。

その場合は、「/returnfaith all」で、フェイスを消して、平地まで移動してから呼び直しましょう。

または、ソロが得意なジョブなどは、フェイスを呼ばずに討伐してもいいでしょう。

周りのオークがリンクしても、延長石の周りだと、2,3体くらいで済みます。

ボスのトリガー「蛮兵の玉」

Reapertongue Gadgquok召喚士(L-6)~(L-7)噴水付近の広場
Wyrmgnasher Bjakdek竜騎士(K-9)東門の上
Voidstreaker Butchnotch忍者(I-9)競売前

ボスを沸かせるためのトリガーアイテムを落とすNMです。

他の雑魚オークより、一回り大きいのですぐわかるでしょう。

リポップ15分くらいです。

100%ドロップではないです。

E・レコード:コンテンツ:デュナミス1を忘れずに受けておきましょう。

ボス「Overlord’s Tombstone」

北サンドリアへ抜ける、凱旋広場の門付近に???があります。

ボス石と、吟遊詩人のオークNM×2体が、同時にPOPします。

開幕に「魔物達のララバイ」をしてきた時がありました。

レジれずに寝てしまいましたが、ILvであれば、特に問題なく討伐できます。

ボス石を倒すと、お供は消えます。

だいじなもの「ハイドラ戦隊指揮杖」を入手。千魔図譜【1頁】

これで無事、デュナミス-サンドリアはクリアとなります。

トリガーNM

増悪の小札(戦赤シ狩の雑魚)東ロンフォール出入口Bladeburner Rokgevok戦黒千魔図譜【2頁】
増悪の革(モナ吟侍の雑魚)チョコボ厩舎(井戸付近)Steelshank Kratzvatzナ獣千魔図譜【3頁】
増悪の色報石(暗忍召の雑魚)西ロンフォール出入口Bloodfist Voshgroshモ暗千魔図譜【4頁】
増悪の手箱(黒狩竜の雑魚)カッファル伯爵邸Spellspear Djokvukk赤竜千魔図譜【5頁】
千魔図譜【1頁】~【5頁】凱旋広場(北サンド入口)Arch Overlord Tombstone石像真ボス

どのNMもSPアビを2回使ってきます。

全てILv119+フェイスで、問題なく倒せる敵です。

小札と色報石のNMは、雑魚オークが近くにいるため、ある程度掃除してから沸かせるといいでしょう。

また、色報石のNMは「ファナティックダンス」(魅了技)を使用してくるので、気を付けましょう。

真ボスは、サイズモストンプを2連続で使用してくるので、範囲回復持ちのフェイスが居るといいかもしれません。

また、「デス」も使用するので、Vフラリッシュなどのスタン技も準備するといいでしょう。

滞在時間1時間30分程。

雑魚を狩りながら、トリガーNMを2周しました。

トレハンは4程度ですが、トリガーNMと、真ボスから、モニヨン銀貨を確認しました~!

【結果】

AF212ジョブ 頭 手 脚 足
レリック武器(の元)片手刀 両手斧 射撃 両手槍
オネイロスサッシュ カッパ ベルト ヘルム ケープ ランス
オルデール銅貨 89枚モニヨン銀貨 2枚忘れ去られた感触 48個

進行には影響しないのですが、デュナミス-サンドリアのクリア後に、南サンドリアの「Trail Markings」を調べると、イベントが発生します。

ストーリーを楽しみたい場合は、見ておくといいでしょう。

デュナミス-バストゥーク

Adamantking Image(延長石)

①競売所中(H-8)赤色に輝く砂延長時間+10分
②防具屋~コウモリのねぐらの橋付近(H-6)青色に輝く砂延長時間+10分
③グンパ家前(J-7)黄色に輝く砂延長時間+10分
④錬金術ギルド前(K-7)白色に輝く砂延長時間+15分
⑤鉱山前の橋へ上る坂(F-8)黒色に輝く砂延長時間+15分

こちらの延長石も、順に回ると取りやすいと思います。

競売所中の石以外は、周りに雑魚がいるのでリンク覚悟で討伐しましょう。

デュナミス-バストゥークの注意点としては、コウモリのねぐら付近の二階で、奇に橋の下の雑魚が反応して、全部リンクして上って来ることがあります。

ほぼほぼ耐えられますが、今回は「アークTT」のフェイスを呼んで討伐しました。

ナイスなタイミングでスリプガしてくれるので、とても助かります。

ボスのトリガー「鉄壁の玉」

Gu’Nhi Noondozer召喚士(I-9)チョコボ厩舎前
Ze’Vho Fallsplitter暗黒騎士(I-7)競売裏の細い路地
Gi’Pha Manameister黒魔道士(I-6)階段の途中
Ko’Dho Cannonballモンク(J-7)グンパ家前

リポップは15分程。

ドロップはあまり良くないイメージです。

グンパ家前で、延長石取りの際にNM討伐できるとラッキーですね。

E・レコード:コンテンツ:デュナミス1を忘れずに受けておきましょう。

ボス「Gu’Dha Effigy」

南グスタベルグへ抜ける門の入口付近に???があります。

こちらは石像一体のみPOPします。

ILvですと、問題なく倒せるでしょう。

だいじなもの「ハイドラ戦隊遠眼鏡」を入手。千魔図譜【6頁】

これで、デュナミス-バストゥークのクリアとなります。

トリガーNM

憎悪の呪符(戦ナから確認)ツェールン入口前の足場(E-8)Zo’Pha Forgesoul侍黒千魔図譜【7頁】
増悪の背甲部品(モから確認)ツェールン入口Ra’Gho Darkfount暗召千魔図譜【8頁】
増悪の字刻版(白から確認)商業区入口前Va’zhe Pummelsongモ詩千魔図譜【9頁】
増悪の文箱(詩から確認)ギルドから一本南の行き止まりBu’Bho Truesteelナ狩千魔図譜【10頁】
千魔図譜【6頁】~【10頁】南グスタベルグ入口Arch Gu’Dha Effigy石像真ボス

どれもILvであれば、問題なく討伐できます。

真ボス以外の???の場所には、雑魚が多く配置されていますので、処理してから沸かせることになります。

真ボスは、石像一体のみPOPします。

フェイス「アークTT」が、とても働き者で、ナイスなタイミングで「スタン」を入れてくれました。

Vフラリッシュを構えていたのですが、TTさんがグッジョブすぎて、出番なしでした!

「デス」を使用しますが、今回は使用してきませんでした。

滞在時間は1時間10分程。

今回は、エリア内が少し混んでいたため、NMの沸き待ちで時間がかかりました。

トリガーもなかなかでなかった為、1周のみの攻略となりました。

100バイン紙幣は、文箱NMから確認できました!

【結果】

AF211ジョブ 頭、胴、手、脚、足
レリック武器(の元)両手剣、両手鎌
オネイロスロープ
1バイン紙幣 40枚100バイン紙幣 1枚忘れ去られた道程 17個

バストゥークも、クリア後に「Trail Markings」を調べると、イベントが発生します。

デュナミス-ウィンダス

Avatar Idol(延長石)

①モグハウスから競売への橋の中央(G-13)赤色に輝く砂延長時間+10分
②シャントット邸付近(K-8)青色に輝く砂延長時間+10分
③ゾンパジッパ低付近(K-4)黄色に輝く砂延長時間+10分
④水呼びの扉前(H-3)白色に輝く砂延長時間+15分
⑤水の区入口前(C-6)黒色に輝く砂延長時間+15分

ウィンダスは天の塔を中心に、ぐるりと回るようなマップになっています。

延長石は、上記の通り周るのがやりやすいですが、時間NMも近くに配置されているので、時間NMも討伐しながら周りました。

①橋中央の延長石→競売所上NM

②シャントット邸延長石→NM

③ジュノ領事館付近NM

④ゾンパジッパ低延長石→NM

⑤水呼びの扉前延長石→水の区前延長石

のような流れです。

ボスのトリガー「異端の玉」

Haa Pevi the Stentorian召喚士(I-11)競売所上
Loo Hepe the Eyepiercer赤魔道士(K-7)シャントット邸付近
Wuu Qoho the Razorclawモンク(K-6)ジュノ領事館付近
Xoo Kaza the Solemn黒魔道士(J-5)ゾンパジッパ邸付近

とても出やすいと感じました。

ボスだけやるのであれば、競売所上のNMからトリガーを入手し、そのまま森の区入口の???でボス戦に突入してしまってもいいでしょう。

今回は、マップを反時計周りにまわり、延長石とNMが終わったら、コルモル邸から時計回りに戻るようなイメージでエリアを移動しました。

延長石もNMも、まわりの雑魚が必ずリンクするような配置になっております。

E・レコード:コンテンツ:デュナミス1を忘れずに受けておきましょう。

ボス「Tzee Xicu Idol」

ウィンダス森の区へ抜ける入口付近に???があります。

こちらは石像と、お供のヤグード×2がPOPします。

ILvですと、問題なく倒せるでしょう。

お供のヤグードは、ジョブがナイトなので、インビンシブルを使われたら逆にやっかいかと思います。

ボスの石像を倒してしまえば消えるので、石像のみ討伐でかまわないでしょう。

だいじなもの「ハイドラ戦隊角灯」を入手。千魔図譜【11頁】

これで、デュナミス-ウィンダスのクリアとなります。

トリガーNM

憎悪の数珠(赤暗狩召)コルモル邸入口Xuu Bhoqa the Enigmaシ召千魔図譜【12頁】
増悪の羽根(黒シナ竜)ヨランオラン邸入口Fuu Tzapo the Blessed戦白千魔図譜【13頁】
増悪の聖水(白吟忍)英雄の家入口Naa Yixo the Stillrage赤侍千魔図譜【14頁】
増悪の縄天の塔入口Tee Zaksa the Ceaselessナ忍千魔図譜【15頁】
千魔図譜【11頁】~【15頁】森の区入口Arch Tzee Xicu Idol石像真ボス

ヤグードNMは、「死の宣告」を使ってきました。

タゲはフェイスに持ってもらうのをおすすめします。

今回は、フェイスの絆キャンペーン中だったこともあってか、レジストすることもありましたが、ほぼほぼ宣告を食らっていました。

NMを倒すと、解除されます。

やっかいなのは、シ/召タイプと、ナ/忍タイプのNMです。

宣告後、絶対回避やインビンシブルを使われたら、討伐に時間がかかってしまいます。

事故防止の為に、聖水は常に準備しておくといいかもしれません。

真ボスは「デス」を使用します。

今回もアークTTさんにお任せしていたら、スタンが間に合わず、アークEVさんがデスで落ちました。

Vフラリッシュを準備し、ひやひやしながら討伐しました。

滞在時間は1時間40分程。

エリアに自分しか居なかったので、思いっきり遊んできました。

トリガーの出もなかなか良かったので、トリガーNMを2周しています。

しかし、今回はルンゴナンゴ翠貝貨は出ませんでした…

【結果】

AF212ジョブ、頭、手、脚、足
レリック武器(の元)格闘、短剣、片手剣、片手棍
オネイロストルク、リング、ピアス、ヘッド、夢神短刀、夢神の首飾り
トゥクク白貝貨 94枚ルンゴナンゴ翠貝貨 0枚忘れ去られた足跡 37個

ウィンダスも、クリア後に「Trail Markings」を調べると、イベントが発生します。

さいごに

まず、無事に三国を終えました。

ここまではILv119のシーフなりたて、くらいの強さでも十分事故なく、クリアできました。

問題はここからですね…

ボスディンのボスや、ザルカバードの真ボスが少々不安です…

それでは冒険者の皆さん。

よい旅を!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

いたちっち
FF11、ヴァナ・ディール在住、バストゥーク拠点。
へっぽこ冒険者「いたちっち」と申します。
2012年に休止後、2020年に復帰しました。
8年の間に、びっくりする程様変わりしたヴァナ・ディールを、へっぽこながらソロで冒険し、感動し、発見したことをお伝えできればと思っています!
基本的にソロ活動、かつ、装備も強いものは使用しておりません。
攻略などは、その範囲でやっております。
ゆる~くプレイしている、復帰者ソロ向けの記事を中心にお伝えしております。

Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.