【FF11】復帰者がソロで攻略‼トゥー・リアNM討伐‼【四神・麒麟】

 ランク(順位) 拳闘王(29400
 経験値  3,396
獲得バッジ
10記事達成10週連続記事公開攻略記事を10記事公開1つのカテゴリーで10記事1記事で1万PV

はじめに

筋肉痛が2日目にきました、いたちっちと申します。

今回は、今でこそできる「旧コンテンツ攻略シリーズ!第二弾」ということで、「トゥー・リア(空)」攻略をしていきたいと思います。

昨今では、モグガーデンの漂着物より、四神を沸かせるためのトリガーが入手できるようになりました。

漂着物だけで、全てのトリガーが揃う事もあります。

今回は、下位のNMから挑戦し、すべてのトリガーを一から取っております。

NMの沸かせ方や、討伐方法など、少し癖のあるNMもおりますので、討伐の参考になれば幸いです。

  1. シーフのアビリティ「ぬすむ」が無ければ討伐不可能なNMが居ます!
  2. トリガーは一度に1~2個、ドロップします!
  3. トリガー取りには時間がかかりますが、「麒麟」戦は一瞬です!(ILv推奨)
  4. エミネンスレコードも対象です!

この記事は5分ほどで読み終わりますので、最後まで是非ご覧ください。

青龍

ル・オンの庭(L-8)

SPアビ:百裂拳

エアロ系の魔法を使用してきます。

下位NM出現条件トリガー
Steam CleanerCaretakerの抽選東玉
Mother Globe時間POP春石

Steam Cleaner

ル・オンの庭(E-8)(F-6)(J-6)(K-8)のいずれかから入り、MAP2枚目へ。

広域スキャンで確認できる、2匹の「Detector」(スフィアロイド)が召喚する「Caretaker」(マジックポット)との抽選POPです。

Detectorを釣ると、最大5体のCaretakerを召喚してきます。

注意点としては、Detectorは、通常攻撃1発で倒せてしまう程HPが低いです。

一度倒してしまうと、再POPがおよそ30分も空いてしまいます。

ダメージを与えないようなアビリティなどで釣り、5体召喚されるのを待ちましょう。

ハズレた場合は、倒すのではなく、エリアチェンジしてイリュージョンさせるのがベストでしょう。

Mother Globe

ル・オンの庭(I-9)からル・アビタウ神殿へ入り、(L-8)からワープします。

(H-8)から(J-10)のワープへ。

(J-7)に出たら、(J-5)からワープします。

ワープ先は、(F-9)(H-9)(J-9)のいずれかに出るので、(H-9)にある「青の装置」を起動させ、(F-11)からワープします。

ワープ先は、小部屋にランダムで転送されます。

このマップの「Aura Pot」(マジックポット)が落とす「ロ・メーヴの水」が、「Olla Grande」のトリガーになるので、必要な場合はここで取っておきましょう。

「ロ・メーヴの水」が取れましたら、同マップ(J-6)にトレードすると、「Olla Grande」がPOPします。

取れましたら、「青の装置」を起動させ、(F-8)からワープします。

ワープ先の広間に「Mother Globe」がいます。

最大6匹のスフィアロイドを引き連れ、本体を釣ると同時にすべて襲ってきます。

ガ系や、範囲WSで一掃できます。

朱雀

ル・オンの庭(E-9)

SPアビ:連続魔

ファイア系の魔法を使用してきます。

下位NM出現条件トリガー
Brigandish Bladeトリガー「クルタナ」南玉
Faust時間POP夏石

Brigandish Blade

少し厄介なNMです。

ル・オンの庭(F-9)からヴェ・ルガノン宮殿に入り、(D-10)から次マップへ。

このマップの小部屋に、ランダムで???がPOPします。

調べると、「クルタナ」が入手できます。

次に、ヴェ・ルガノン宮殿MAP1に戻り、青のドアが開いていれば、そのまま(H-12)へ。

開いていなければ、ル・オンの庭に出て、(G-10)からヴェ・ルガノン宮殿に入るといいでしょう。

ヴェ・ルガノン宮殿(H-12)にある???に「クルタナ」をトレードすると、NMがPOPします。(奥の方です)

Brigandish Bladeから、シーフのアビリティ「ぬすむ」で手に入る「バッカニアナイフ」でなければ倒すことができません。

また、この「バッカニアナイフ」は、(H-12)の???にトレードすることで、稀に「バーソロミュナイフ」を入手することができます。

100%ではないので、今回はハズレナイフだったようです。

Faust

ル・オンの庭(I-6)からル・アビタウ神殿へ。

(K-7)から次マップへ、(K-6)ワープから(F-8)に出て、(F-10)から次マップへ。

(F-7)(H-7)(J-7)のいずれかに転送されたら、青のドアを開けて(J-5)ワープへ。

出たマップの(F-10)に時間でPOPします。

また、周囲のゴーレム「Aura Statue」がドロップする「ダイオライト」が、「Ullikummi」のトリガーとなるので、必要であれば取っておきましょう。

そのまま赤いドアを開けて(J-9)からワープした先に、「Ullikummi」の???があります。

白虎

ル・オンの庭(E-5)

※ル・オンの庭から直接移動することができないので、ル・アビタウ神殿を通ります。(黄のドアが開いてる事)

SPアビ:絶対回避

光系の魔法を使用してきます。

下位NM出現条件トリガー
Despot抽選POP西玉
Ullikummiトリガー「ダイオライト」秋石

Despot

ル・オンの庭の正面の通路に、左右に配置されている「Groundskeeper」の抽選です。

POPするときは赤字でPOPし、襲ってきます。

Ullikummi

前項でも紹介しましたが、「Faust」マップから飛んだ広場の???に、「ダイオライト」をトレードで出現します。

周囲の雑魚ゴーレムが、魔法詠唱などに反応するので気を付けましょう。

玄武

ル・オンの庭(J-4)

SPアビ:インビンシブル

ウォータ系の魔法を使用してきます。

下位NM出現条件トリガー
Zipacna時間POP北玉
Olla Grandeトリガー「ロ・メーヴの水」冬石

Zipacna

ル・オンの庭(G-5)または(I-5)から入ったヴェ・ルガノン宮殿。

この、北側のマップを徘徊しているため、広域スキャンを利用しましょう。

ゲートが閉まっている場合、折り返しながら徘徊するため、奥の方まで広域スキャンを使用しましょう。

めちゃくちゃ足が速いので、少々びっくりしました。

Olla Grande

前項でも紹介いたしましたが、「Mother Globe」マップへ行く途中に、トリガートレードのポイントがあります。

一瞬で倒してしまったため、上の画像が「Olla Pequena」のみとなっていますが、ご了承ください。

「Olla Pequena」を倒すと、「Olla Media」が召喚されます。

倒すと「Olla Grande」を召喚します。

計3体の連続討伐となります。

麒麟

ル・アビタウ神殿(F-8)

SPアビ:アストラルフロウ

ストーン系の魔法を使用してきます。

下位NM出現条件トリガー
Seiryu東玉・春石青龍印章
Suzaku南玉・夏石朱雀印章
Byakko西玉・秋石白虎印章
Genbu北玉・冬石玄武印章

ル・オンの庭(G-9)からル・アビタウ神殿へ。

(D-8)からワープした先の(F-8)に???があります。

四神のドロップした「〇〇印章」を4つ、???にトレードすると「麒麟」がPOPします。

ILvの今では、四神を召喚される前に倒してしまえるでしょう。

さいごに

四神からドロップする印章は1~2個です。

レア属性なので、複数個は持てませんが、もしも手元にあるようならば、錬成で欠片にしてしまうといいでしょう。

錬成スキル20程のレシピです。

「〇〇印章の欠片」は、空装備(麒麟大袖など)にオーグメントを付ける際に必要になります。

特に「玄武印章の欠片」は、玄武盾などに「ケアル回復量+」などがついたりと、まだまだ使える装備を作る事もできます。

また、エスカ・ル・オンでのグリスリートリンケットに必要になります。

試してみてはいかがでしょうか。

それでは冒険者の皆さん。

よい旅を!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

いたちっち
FF11、ヴァナ・ディール在住、バストゥーク拠点。
へっぽこ冒険者「いたちっち」と申します。
2012年に休止後、2020年に復帰しました。
8年の間に、びっくりする程様変わりしたヴァナ・ディールを、へっぽこながらソロで冒険し、感動し、発見したことをお伝えできればと思っています!
基本的にソロ活動、かつ、装備も強いものは使用しておりません。
攻略などは、その範囲でやっております。
ゆる~くプレイしている、復帰者ソロ向けの記事を中心にお伝えしております。

Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.