メビウスファイナルファンタジーはどんなゲームだった?

 ランク(順位) 神Lv3(2378
 経験値  8,166
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開レビュー記事を10記事公開攻略記事を10記事公開1記事で1万PV100記事達成10カテゴリーの記事公開1つのカテゴリーで10記事10週連続記事公開

メビウスファイナルファンタジーをふりかえる

スマートフォンで運営されていた「メビウスファイナルファンタジー」はご存知ですか?

2015年6月4日よりサービスが開始され、2020年3月31日に惜しまれつつサービス終了になりました

サービス期間は約4年10ヶ月でしたが、ファイナルファンタジーの世界観をスマートフォンで見事に実現し、とてもファンが多かったゲームです。

今回は、プレイしていなかった方にも分かりやすく、どんなゲームだったかをご紹介していきます!

  • 開発陣について
  • メビウスファイナルファンタジーの特徴
  • ゲームシステムについて
  • FF シリーズと多数コラボ!

この記事は5分で読み終りますので、最後まで読んでいってくださいね!

開発陣について

プロデューサー 北瀬佳範

プロデューサーの北瀬佳範さんは、1990年にスクウェアに入社され、ファイナルファンタジーに長年携わっておられる方です。

現在はスクウェア・エニックスの取締役執行役員であり、ファイナルファンタジーの開発にも尽力されています。

2021年現在では「ファイナルファンタジー XII リメイク」のプロデューサーをされています。

ディレクター  鳥山求

ディレクターの鳥山求さんは1995年にスクウェアに入社され、ファイナルファンタジーシリーズに多く携わっておられる方です。

2021年現在では「ファイナルファンタジー XII リメイク」のディレクターをされています。

シナリオ    野島一成

シナリオの野島一成さんは1994年にスクウェアに入社され、ファイナルファンタジーシリーズや、キングダムハーツシリーズを多く手がけられています。

2003年にスクウェア・エニックスを退社されていますが、退社されてからも同社の作品に携わっておられます。

メビウスファイナルファンタジーの特徴

スマホゲームではありえない圧倒的なグラフィック

ファイナルファンタジーといえば圧倒的にきれいなグラフィックです。

メビウスファイナルファンタジーは北瀬佳範さんがプロデューサーを担当しており、スクウェア・エニックスがこのタイトルにかけた意気込みを強く感じられます。

一般的には大手ゲーム会社がサービスを開始するスマホゲームは、今後が期待される若いクリエーターが担当する事が多いです。

しかし、メビウスファイナルファンタジーは重鎮の北瀬佳範さんがプロデューサーで、ディレクターが鳥山求さん。

ナンバリングタイトルになってもおかしくない程の作品です。

映像を見た人は「これが本当にスマホゲームなの?」と思ってしまう程のグラフィックで、ナンバリングのファイナルファンタジーに負けないぐらいの完成度でした。

奥深いストーリー

一般的にスマホゲームはストーリーよりも、ゲーム性を重視したものが多いですが、メビウスファイナルファンタジーはスマホゲームとは思えない程に作り込まれたストーリーが展開されています。

シナリオを担当された野島一成さんは「FF7」「FF8」「FF10」「FF10-2」「キングダムハーツ」などでシナリオを担当されているので、今作でもその奥深い世界観を楽しむ事ができました。

私自身、スマホゲームで泣いたのはメビウスファイナルファンタジーが唯一の作品です。

ゲームシステムについて

ジョブを切り替えて楽しめる

メビウスファイナルファンタジーは、ジョブを切り替えてプレイしていきます

最初はプレーヤー自身が主人公の「ウォル」を操作するのですが、大きく分けて「戦士ジョブ」「魔道士ジョブ」「レンジャージョブ」「モンクジョブ」が用意されています。

そして「戦士ジョブ」の中にも「戦士」「ナイト」「竜騎士」「暗黒騎士」「侍」など数多くのジョブがあります。

そして、ストーリーが進むにつれて登場するキャラクターを操作できるようになり、そのキャラクターたちにもジョブが用意されています。

「セーラーのジョブ」「メイアのジョブ」「ソフィのジョブ」「グラフのジョブ」があり、ストーリー進行上、使用するジョブを指定される場合がありますが、基本的には好きなキャラクターやジョブでプレイする事ができます。

デッキを編成して戦略的なバトルを楽しめる

選んだジョブに対応するアビリティーカードを「デッキ」とよばれる所に設定してバトルをしていきます。

「デッキ」には4枚のアビリティーカードを設定する事ができ、レンタル枠として他のプレーヤーから1枚アビリティーカードを借り、合計5枚のカードを使ってバトルを進めていきます。

また、ストーリーが進行すると「裏デッキ」が設定できるようになり、「表デッキ」が戦士ジョブで「裏デッキ」が魔道士ジョブといったように、プレーヤーが好きなジョブや、敵との相性を考えてジョブやアビリティーカードを設定してバトルをしていきます。

例えばジョブを「戦士」にした場合、戦士のアビリティーカード3枚と、回復や強化に使うサポートアビリティーカードを1枚セットし、レンタル枠から1枚カードを借りて、合計5枚のカードを使います。

またはデッキに攻撃系のアビリティーカードを4枚セットし、レンタル枠でサポートアビリティーカードを借りる場合も多いです。

敵とアビリティーカードには属性があり、敵の属性に合わせてアビリティーカードを選びバトルをしていくので、戦術性がありとても面白いゲームシステムになっています。

例えば敵が「火属性」の場合はアビリティーカードは「水属性」のものをデッキにセットして戦います。

カードを強化してバトルをより楽しめる

カードは強化していく事でより強いカードにする事ができます。

メビウスファイナルファンタジーはスマホゲームなのでガチャが存在しており、同じカードが出た場合は合成する事で、より強いカードに成長させる事ができます。

定期的にバトルイベントが開催されていて、どのプレーヤーが1番高いバトルスコアを出せるかを競う事もでき、とても盛り上がっていました。

しかしバトルが苦手な方も通常のバトルを楽しめるように、難易度をやさしくする事もでき、バトルが好きな人も気軽に楽しみたい人も、誰もが楽しめるバトルシステムになっています。

FF シリーズと多数コラボ!

あの大人気 FF キャラを操作して楽しめる

メビウスファイナルファンタジーは過去の FF シリーズに登場した人気キャラクターも多数登場し、そのキャラクターを操作してメビウスファイナルファンタジーの世界をプレイできます!

FF7 から「クラウド」「セフィロス」「ティファ」「エアリス」

FF8 から「スコール」

FF10 から「ティーダ」「ユウナ」「ジェクト」

FF13 から「ライトニング」

FF14 から「ヤ・シュトラ」

ファイナルファンタジー好きにはたまらないですね!

好きなキャラクターでプレイできるので(ガチャで当てないといけませんが)、私はライトニングやティーダを好んで使っていました。

コラボ企画が多く、FF ファンなら泣いてしまうほどのアナザーストーリーが展開

過去の FF シリーズの名作と多数コラボしており、本編では描かれていない新たなストーリーが展開されています!

メビウスファイナルファンタジーの世界に大人気 FF キャラが登場するので、多くのファンに好評でした!

さいごに

メビウスファイナルファンタジーはとても面白い作品でした。

映像も素晴らしく、ストーリーも奥深く、バトルも戦略性があり、ファイナルファンタジーの名にふさわしいゲームでした。

ここまでRPGとして完成されたスマホゲームはあまりないと思います。

惜しまれつつサービス終了になってしまいましたが、ぜひパッケージ版で発売される事を願っています。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト