【原神】魔鱗病(まりんびょう)について・感染の有無・治療法・主な感染者など

 ランク(順位) サイボーグ(1389
 経験値  60,306
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

 

この記事では、スメールの風土病である「魔鱗病(まりんびょう)」について解説いたします。

皆様のストーリー理解の一助になれば幸いです。

スメールのストーリー全体に影響を与える風土病となります!!

 

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、スメールの風土病である「魔鱗病(まりんびょう)」について、わかりやすく解説させていただきます。

小学生でも理解できるようにかみ砕いた説明となるため、詳細はかなりぼかしておりますでご容赦ください。

なお、魔神任務 第3章 第2幕までの完全なネタバレとなるため、クリアしてからご覧いただければと思います。

ではさっそく、詳細を見ていきましょう。

この記事は3分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合いください。

なお、次の第3章第1幕~第2幕に興味のある方は下のリンクをご覧ください。

【原神】魔神任務第3章第1幕「煙霧のベールと暗き森を抜けて」のあらすじと考察!!スメール編のイントロダクション的な位置づけです!!

【原神】魔神任務第3章第2幕「黎明を告げる千の薔薇」のあらすじと考察!!繰り返される「花神誕祭」とアーカーシャの正体について!!

魔鱗病(まりんびょう)について

スメール地方の風土病

魔鱗病は、スメール地方に昔から発症例がある「風土病」として知られています。

風土病とは、ある限られた地域の気候・土壌などの自然条件が主な発生源となる病気のことです。

一般的には細菌や寄生虫を媒体とすることが多いですが、原神世界においては元素の影響魔神の残滓の影響なども考えられます。

症状

症状を端的に説明しますと、

・身体が徐々に硬くなっていき、最終的には完全に硬化して動けなくなる(絶命する)

という、かなり深刻な病気となります。

進行の段階としては、

・身体の表面(皮膚)に鱗(うろこ)のようなものが発生する(魔鱗病の名前の由来にもなっている症状)

・鱗部分から身体が徐々に硬くなっていく

・最終的には身体全体が硬化して絶命する

といったもののようです。

治療方法

治療例がまったくない病気となっております。

つまり、「完治不可の不治の病」ということになります。

一方、進行を遅らせることは可能であるようです。

(この事例については後ほど詳細に解説いたします。)

感染の有無

スメールのストーリーでは「感染する可能性のある病」であるような描写が随所に見られます。

(この事例については後ほど詳細に解説いたします。)

一方、感染の可能性が事実であるのか、病気に対する思い込みや偏見によるものかは明らかではありません。

主な感染者

ストーリーに登場したキャラクターのうち、魔鱗病の主な感染者は以下の2名となります。

・コレイ

・ドニアザード

魔鱗病の感染の可能性について

プレイヤーがもっとも最初に出会う魔鱗病患者は、プレイアブルキャラクターでもある「コレイ」となります。

コレイの立ち振る舞いや置かれた状況から、魔鱗病は「感染する」または「感染すると思われている」病気であることが伺えます。

「あたしに触んな!!」

魔神任務第3章の序盤で、コレイの頭に触ろうとしたパイモンに対して、コレイが拒絶した際のセリフとなります。

『ひぐらしのなく頃に』の竜宮レナの「嘘だッ!!」に近いレベルの豹変ぶりであったため、コレイも2面性があるキャラクターという印象を受けた方も多いと思われます。

実はそういうわけでもなく、コレイは自身が魔鱗病であるため、触られなくなかったという描写となります。

ここで考えられるのが、

・魔鱗病であることを知られたくなかったので拒絶した(頭皮も硬くなっているため、触られたらバレる)

・魔鱗病が感染する可能性があるため、感染リスクを避けるために拒絶した

という2つの可能性です。

どちらとも取れる描写ではありますが、次に紹介する事例により、恐らくは感染リスクを避けたのではないかと推測されます。

なお、この「あたしに触んな!!」のセリフは、公式漫画にコレイが登場した際にもアンバーに対して叫んでいます。

コレイの家に繋がる橋が斬り落とされている

よくよく見るとかなりショッキングな画像ではありますが、コレイの家に繋がる2つの橋の両方が斬り降ろされています。

偶然とは思えない光景であるため、コレイは意図的に住民との接触を避けている(または避けられている)ものと考えられます。

その理由としては、

・魔鱗病の感染を避けるため

しか考えられません。

草元素の恩恵を受けているコレイとティナリは橋が無くてもたどり着けるようになっているため、生活には困らないものと思われます。

事あるごとに村人とは別行動を取らされる

コレイはハンター(見習い)であるにもかかわらず、事あるごとにティナリや村人とは別行動をすることになります。

病弱であるコレイの身を案じていると考えることもできますが、魔鱗病の感染を避けるために意図的に遠ざけていると邪推することも可能です。

感染の可能性についてのまとめ

以上のように魔鱗病が感染すると思われる描写がいくつか見られます。

一方、感染者であるコレイやドニアザードは、人との会話を避ける傾向はみられません。

(ドニアザードに至っては、積極的に人と会話しようとする傾向が見られます。)

そのことから、

・魔鱗病は実際には感染しないが、感染するという偏見を持った人たちも少なからず存在する

といったところが真実でないかと思われます。

この偏見は都市部ではなく地方の方が大きいため、森林の村に住んでいるコレイの方が、都会に住んでいるドニアザードに比べて対応が異なるといったところではないでしょうか。

進行を遅らせる方法について

コレイの場合

公式漫画により、ファデュイの執行官「博士」の施術により、コレイの魔鱗病の進行が抑えられていたことが判明しています。

治療方法はかなりハードなものであり、

・魔神関係の何かを体内に取り込む

という荒治療となっております。

コレイ自体の身体と精神を蝕んだものの、確実に魔鱗病の進行は抑えられたようです。

しかし、セノの活躍によりコレイの中の魔神の力が封印されたため、魔鱗病は再度進行を始めてしまいました。

ドニアザードの場合

ドニアザードの生家は裕福であったため、

・療養を取る

・良いものを食べる

・医者に見せる

などの対処により、魔鱗病の進行をある程度は遅らせることが出来ていたようです。

魔鱗病(まりんびょう)について・感染の有無・治療法・主な感染者などのまとめ

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

本日は、スメールの風土病である「魔鱗病(まりんびょう)」について、わかりやすく解説させていただきました。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

関連記事:

【イチ推し】超本格リアルタイムストラテジーMMORPG!
世界で最も遊ばれている戦略アプリ!

ロードモバイル

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

今回は世界で最も遊ばれている戦略ゲームである「ロードモバイル」をご紹介します。

「ロードモバイル」は、基本プレイ無料の超本格的なリアルタイムストラテジーMMORPG。

なんと世界中に3億人を越えるプレイヤーがいる超人気ゲームタイトルです!

2016年には最高の戦略ゲームとして「Google Play Awards 」を受賞するなど、名誉ある賞を数多く受賞しており

世界で最も遊ばれている戦略アプリの1つになります!

ロードモバイルは、プレイヤー同士の戦争に勝つことを目的にしたスマホゲーム。

特に海外での人気が高く、ゲーム内はかなりの賑わいを見せています!

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.3(5.0満点)!数億のプレイヤーがいることから見ても驚きの点数です!編集部もみんなでハマってます!

\ まずは試しにやってみて /

ロードモバイル 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
頭をしっかり使って戦略を練るので、いい頭の体操になります!あと、いろんな要素があって飽きることがありませんね!
レビューレビュアー
壮大な物語で、やり応えがたっぷりです。また、それでいて初回からの方でもプレイしやすいと思いました!特にミニバトルも面白くて、こういうジャンルが初心者という人から、リアルなシミュレーションゲームをよくやるといった方まで満足できるゲームだと思います!
レビューレビュアー
簡単なクエストをこなしたり毎日ログインするだけで沢山アイテムが貰えます。割と優しいゲームですし、コツコツ作業する事が好きな人はハマるかと思います。無課金でもアイテム沢山貰えますし、かなり面白いです。今でもコツコツやっています笑

\ まずは試しにやってみて! /

ロードモバイル 公式サイト

多彩なヒーローたちを強化収集する楽しみ!

世界中のプレイヤーと対戦できるロードモバイル!勝利することでさらに面白さが跳ね上がります!

そこで重要なのが「ロード」や「ヒーロー」といったキャラクターの強化!

「ヒーロー」毎に特徴的な能力があり、どう編成するかはプレイヤーの戦略で大きく異なります。

手持ちの「ヒーロー」でどう相手を倒すかの戦略を練るのは楽しいですよね?さらに策がはまった時の爽快感は絶大です。

また「ヒーロー」の強化はレベルアップだけではなく、装備による強化もあり、その装備の製造や収集もおもしろポイントです!

そんな育成しがいのあるロードモバイルはハマること必至。

とにかくやり込み度が多い本作!要素が多く「面倒かも?」と思いがちですが、「オートバトル」や「オートクリア」などサポート機能が充実しているのでご安心を!

オートクリアは時間がなくて取り組めるので、アイテムもザクザク手に入り、とにかく楽しいです!

\ まずは試しにやってみて /

ロードモバイル 公式サイト

「楽しみながらコツコツ」こそロードモバイルの魅力

ロードモバイルは育成が魅力

ロードモバイルは、「ロードの育成」が最大の魅力です。

プレイヤー対プレイヤーの戦争がロードモバイルの目的です。

勝つ為には、強い王国にしていくことが重要で、強い王国は、必ずロードも強いです。

ロード以外のヒーロー達も、戦争以外の活躍の場が多いので、ついつい全体的に育てたくなっていまいます。

コツコツとロードやヒーローの育成をする事は、ロードモバイル全体を楽しむ事に繋がります。

ヒーロー育成は RPG 要素が強いですが、ロードモバイルのメインになる SLG や STG へ繋がっているというシステムは、とにかく面白いです。

是非、どっぷりと育成にハマってみてください!

\ まずは試しにやってみて /

ロードモバイル 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei