【原神】日本と海外とのパーティ編成に対する考え方の違いについて

 ランク(順位) 海賊王(1388
 経験値  40,164
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

この記事では、日本と海外のパーティ編成の違いから、日本人特有の価値観について考えていきます。

日本人の価値観がパーティ編成に反映されているようです

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、日本と海外とのパーティ編成に対する考え方の違いについて、ざっくばらんに語っていく予定です。

「海外」と一括りにしてしまうのは、「やや乱暴」と言えますが、「そういう傾向がある」という意味合いで捉えていただければと思います。

私が海外のパーティを紹介する上で、個人的に感じたことですので、絶対に確かとは言えませんので、参考程度にご覧ください。

ではさっそく、詳細を見ていきましょう。

  1. 日本人は特定のキャラクターを軸にした編成を好む。一方、海外ではパーティメンバーのシナジーが重視される。
  2. 日本人は雷属性キャラクターを軽視するが、海外ではよく採用されている。
  3. 日本人は「重雲」や「6凸ベネット」を避ける傾向があるが、海外ではよく採用されている。

この記事は3分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合い頂ければうれしいです。

日本人は「キャリー編成」が好き

「キャリー編成」とは、1人の強キャラクターを、残りのメンバーでサポートする編成のことです。

日本人は、この「キャリー編成」を好んで採用する傾向が見られます。

そのため、キャラクターランキングなどを語る上でも、「メインアタッカー」のポジションが重視されます。

なぜこのような傾向があるかと言いますと、全体のシナジーからパーティを組み立てていくよりも、強キャラクターを軸に組み立てていく方が、わかりやすいからだと思います。

また、最大ダメージを競い合う、いわゆる「ダメチャレ」に挑戦する人が多いことからも、「強キャラクターを如何に強く使うか」が、日本人の大きな興味となっているようです。

一方、海外では、「National 編成」に代表されるような、パーティメンバー全員がサブアタッカーの編成が採用されることが多いです。

そして、「螺旋12層を如何に短い時間でクリアするか」という、「タイムアタック」が流行っています。

つまり、

・日本人は、特定のキャラクターの限界に挑戦する

・海外では、パーティ全体としての強さに挑戦する

という傾向が見られるようです。

日本人は「雷属性」を極端に弱く評価している

日本人(特にYouTuberやネット民)は、「雷属性キャラクターが不遇である」と評価することが多いです。

日本人はそれが当然と思っていますが、海外ではその傾向はあまり無いように感じます。

例えば、「タルタリヤに雷属性2名を加えた感電パーティ」は海外でよく採用されています。

一方、日本では「感電パーティ」という言葉を聞くことはほとんどありません。

これは、わかりやすくダメージが「1.5倍」や「2.0倍」になる「蒸発・溶解反応」を重視するためです。

更に興味深い点は、「雷の元素共鳴」に対する評価が全く異なる点です。

日本においては、「雷の元素共鳴」は「水の元素共鳴」と並んで、最も不遇な元素共鳴と位置付けられています。

そのため、敢えて雷属性のキャラクターをパーティに2人組み込む編成が推奨されることはありません。

一方、海外においては、元素粒子を効率よく稼ぐ元素共鳴として、高く評価されています。

日本人は「重雲」や「6凸ベネット」の属性変換をほとんど使わない

「重雲」の元素スキルや、「6凸ベネット」の元素爆発により、フィールド上のパーティメンバーの通常攻撃の属性を変更することができます。

(重雲であれば氷属性、ベネットであれば炎属性に変更。)

日本人は、この属性変更を極端に嫌う傾向があります。

その理由は、前述の「強キャラクターを軸にパーティを組み立てる」ことに起因していると考えられます。

キャラクターランキングを考える上で、基本的には「単体での強さ」で評価されているため、自分の能力で通常攻撃を属性変更できるキャラクターがランキング上位に位置付けされます。

そのため、「重雲」や「6凸ベネット」で属性変更をすることを想定していないわけです。

(それどころか、属性を変更されると不利にすらなります。)

一方、海外では、好んで「重雲」や「6凸ベネット」が採用されます。

この理由も、前述のように、海外では「パーティ全体のシナジー」が重視されるためです。

日本人は「面白さ」よりも「攻略」を重視する傾向がある

日本と海外のパーティ編成の違いについて、いくつかの事例を紹介させていただきました。

全体的に言えることは、日本人は「合理的にゲームを攻略すること」を重視しているということです。

日本人は、数値として評価しにくい「パーティ全体のシナジー」よりは、明確に評価しやすい「特定のキャラクターの性能」をもとに、パーティ構成を考えます。

また、元素反応の内容だけを見ると明らかに強い反応である「蒸発・溶解反応」を重視し、状況により強弱が変化する「感電反応」を軽視する傾向があります。

そして、ダメージに直結しない「雷の元素共鳴」を評価することもありません。

「重雲」や「6凸ベネット」の通常攻撃の属性変換についても、システムとしては面白い効果ではありますが、強キャラクターの性能を阻害するものとして忌避する傾向があります。

一方、海外では「攻略」よりも「面白さ」を重視する傾向があるように思われます。

(もちろん、どちらが正しいということではありません。)

日本と海外とのパーティ編成に対する考え方の違いのまとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

本日は、日本と海外とのパーティ編成に対する考え方の違いについて、ざっくばらんに語らせていただきました。

日本と海外の大きな違いとして、

・日本人は特定のキャラクターを軸にした編成を好む。一方、海外ではパーティメンバーのシナジーが重視される。

・日本人は雷属性キャラクターを軽視するが、海外ではよく採用されている。

・日本人は「重雲」や「6凸ベネット」を避ける傾向があるが、海外ではよく採用されている。

という点が挙げられます。

そして、その違いの理由は、

・日本人では「攻略」を重視される。

・海外では「楽しさ」が重視される。

ということが言えると思います。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

関連記事

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei