【原神】日本と海外とのパーティ編成に対する考え方の違いについて

この記事では、日本と海外のパーティ編成の違いから、日本人特有の価値観について考えていきます。

キャラクターや海外で人気のパーティ編成について興味のある方は下のリンクの記事をご覧ください。

関連:【原神】キャラクター紹介一覧

関連:【原神】国内・海外で人気のパーティ編成のまとめ!!

関連:【原神】初心者向け攻略記事のまとめ

日本人の価値観がパーティ編成に反映されているようです

 

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、日本と海外とのパーティ編成に対する考え方の違いについて、ざっくばらんに語っていく予定です。

「海外」と一括りにしてしまうのは、「やや乱暴」と言えますが、「そういう傾向がある」という意味合いで捉えていただければと思います。

私が海外のパーティを紹介する上で、個人的に感じたことですので、絶対に確かとは言えませんので、参考程度にご覧ください。

ではさっそく、詳細を見ていきましょう。

  1. 日本人は特定のキャラクターを軸にした編成を好む。一方、海外ではパーティメンバーのシナジーが重視される。
  2. 日本人は雷属性キャラクターを軽視するが、海外ではよく採用されている。
  3. 日本人は「重雲」や「6凸ベネット」を避ける傾向があるが、海外ではよく採用されている。

この記事は3分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合い頂ければうれしいです。

日本人は「キャリー編成」が好き

「キャリー編成」とは、1人の強キャラクターを、残りのメンバーでサポートする編成のことです。

日本人は、この「キャリー編成」を好んで採用する傾向が見られます。

そのため、キャラクターランキングなどを語る上でも、「メインアタッカー」のポジションが重視されます。

なぜこのような傾向があるかと言いますと、全体のシナジーからパーティを組み立てていくよりも、強キャラクターを軸に組み立てていく方が、わかりやすいからだと思います。

また、最大ダメージを競い合う、いわゆる「ダメチャレ」に挑戦する人が多いことからも、「強キャラクターを如何に強く使うか」が、日本人の大きな興味となっているようです。

一方、海外では、「National 編成」に代表されるような、パーティメンバー全員がサブアタッカーの編成が採用されることが多いです。

そして、「螺旋12層を如何に短い時間でクリアするか」という、「タイムアタック」が流行っています。

つまり、

・日本人は、特定のキャラクターの限界に挑戦する

・海外では、パーティ全体としての強さに挑戦する

という傾向が見られるようです。

日本人は「雷属性」を極端に弱く評価している

日本人(特にYouTuberやネット民)は、「雷属性キャラクターが不遇である」と評価することが多いです。

日本人はそれが当然と思っていますが、海外ではその傾向はあまり無いように感じます。

例えば、「タルタリヤに雷属性2名を加えた感電パーティ」は海外でよく採用されています。

一方、日本では「感電パーティ」という言葉を聞くことはほとんどありません。

これは、わかりやすくダメージが「1.5倍」や「2.0倍」になる「蒸発・溶解反応」を重視するためです。

更に興味深い点は、「雷の元素共鳴」に対する評価が全く異なる点です。

日本においては、「雷の元素共鳴」は「水の元素共鳴」と並んで、最も不遇な元素共鳴と位置付けられています。

そのため、敢えて雷属性のキャラクターをパーティに2人組み込む編成が推奨されることはありません。

一方、海外においては、元素粒子を効率よく稼ぐ元素共鳴として、高く評価されています。

日本人は「重雲」や「6凸ベネット」の属性変換をほとんど使わない

「重雲」の元素スキルや、「6凸ベネット」の元素爆発により、フィールド上のパーティメンバーの通常攻撃の属性を変更することができます。

(重雲であれば氷属性、ベネットであれば炎属性に変更。)

日本人は、この属性変更を極端に嫌う傾向があります。

その理由は、前述の「強キャラクターを軸にパーティを組み立てる」ことに起因していると考えられます。

キャラクターランキングを考える上で、基本的には「単体での強さ」で評価されているため、自分の能力で通常攻撃を属性変更できるキャラクターがランキング上位に位置付けされます。

そのため、「重雲」や「6凸ベネット」で属性変更をすることを想定していないわけです。

(それどころか、属性を変更されると不利にすらなります。)

一方、海外では、好んで「重雲」や「6凸ベネット」が採用されます。

この理由も、前述のように、海外では「パーティ全体のシナジー」が重視されるためです。

日本人は「面白さ」よりも「攻略」を重視する傾向がある

日本と海外のパーティ編成の違いについて、いくつかの事例を紹介させていただきました。

全体的に言えることは、日本人は「合理的にゲームを攻略すること」を重視しているということです。

日本人は、数値として評価しにくい「パーティ全体のシナジー」よりは、明確に評価しやすい「特定のキャラクターの性能」をもとに、パーティ構成を考えます。

また、元素反応の内容だけを見ると明らかに強い反応である「蒸発・溶解反応」を重視し、状況により強弱が変化する「感電反応」を軽視する傾向があります。

そして、ダメージに直結しない「雷の元素共鳴」を評価することもありません。

「重雲」や「6凸ベネット」の通常攻撃の属性変換についても、システムとしては面白い効果ではありますが、強キャラクターの性能を阻害するものとして忌避する傾向があります。

一方、海外では「攻略」よりも「面白さ」を重視する傾向があるように思われます。

(もちろん、どちらが正しいということではありません。)

日本と海外とのパーティ編成に対する考え方の違いのまとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

本日は、日本と海外とのパーティ編成に対する考え方の違いについて、ざっくばらんに語らせていただきました。

日本と海外の大きな違いとして、

・日本人は特定のキャラクターを軸にした編成を好む。一方、海外ではパーティメンバーのシナジーが重視される。

・日本人は雷属性キャラクターを軽視するが、海外ではよく採用されている。

・日本人は「重雲」や「6凸ベネット」を避ける傾向があるが、海外ではよく採用されている。

という点が挙げられます。

そして、その違いの理由は、

・日本人では「攻略」を重視される。

・海外では「楽しさ」が重視される。

ということが言えると思います。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

他のキャラクターも詳しく知りたい方はこちら!

以下のページに、各キャラクターの紹介記事をまとめています。

各キャラの「育成」・「人物像」・「ガチャを引くかの判断」などについて載せてますので、是非チェックしてみてください!

関連:【原神】キャラクター紹介一覧

国内・海外で人気のパーティ編成に興味がある方はこちら!

以下のページに、国内・海外で人気のパーティ編成の紹介記事をまとめています。

パーティ編成に悩んでいる方は、ここで紹介されている編成をアレンジするところから始めてみてください!

関連:【原神】国内・海外で人気のパーティ編成のまとめ!!

聖遺物についても詳しく知りたい方はこちら!

以下のページに、各聖遺物の紹介記事をまとめています。

各聖遺物の「セット効果」・「装備すべきキャラクター」・「聖遺物にまつわるストーリー」などを掲載していますので、是非チェックしてみてください!

関連:【原神】「聖遺物」紹介一覧

 

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
兼業で石綿(アスベスト)の対処に関する仕事をしております。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei

「リアル」ウマ娘はじめませんか?

ウマ娘にハマっている方、必見です!

ウマ娘のあとは、本物の「競馬」はいかがでしょうか?

競馬は、まさに「リアル」ウマ娘との出会いになるかもしれません…!

青い空、芝の匂い、馬の足音、客の歓声…!

ウマ娘と同じ興奮がそこにあります!

ただ、競馬場に行くのは気が引ける…

という、そこのあなた!

オッズパークでは、スマホで家にいながら地方競馬の馬券が買えるのでご安心下さい!

そんな手軽さが、幅広い層にウケています!

入会費・年会費が無料のこの機会に、競馬にチャレンジしちゃいましょう!

\ まずは気軽にお試し /

オッズパーク公式ページはこちら