原神 リセマラ最強☆5キャラ!!【通常ガチャ限定】

 ランク(順位) 村人(208370
 経験値  94
獲得バッジ

・原神を始めてみようと思っていて、リセマラを考えているけど結局どのキャラ良いのか分からない。

最強キャラランキングを見てみても「通常ガチャ」のキャラが上位に入っていないけどオワコンなのか?

どうせならリセマラするなら長く使っていけるキャラが欲しいな。

こういった疑問に、リリース当初から毎日欠かさずプレイしてきた私が答えていこうと思います!

  1. 「通常ガチャ」出る☆5キャラは全部で5人で全員普通に強いです!
  2. リセマラ当たりは「ディルック」「ジン」の2人!
  3. ディルックの長所、短所
  4. ジンの長所、短所
  5. 「通常ガチャ」オススメ最強☆5キャラのまとめ

この5点でお話していこうと思います。

この記事は3分で読み終わりますので、是非最後まで読んでいって下さい!!

「通常ガチャ」から出る☆5キャラは全部5人で全員普通に強いです!

「通常ガチャ」から排出される☆5キャラの使用元素や武器、役割を以下の表にまとめてみました。

名前元素武器役割
ディルック大剣メインアタッカー
モナ法器サポーター (火力サポーター)
七七片手剣サポーター (ヒーラー)
刻晴片手剣メインアタッカー
ジン片手剣サポーター(ヒーラー)兼アタッカー 

最近では、沢山のキャラクターも登場しており、最強キャラランキング等で調べてみても、どのキャラも下の方にランクインしてしまっています。

だからと言って決して「弱い」ということではありません!

原神は、☆4や☆5キャラであっても、そのキャラにしか持っていない唯一無二の能力を持っており、「○○の上位互換、下位互換」や「強キャラ登場によるインフレ」が未だ起きていない珍しいゲームになります。

つまり、どんなキャラでもパーティ編成次第では重要なキャラになりうる。という事です。

私自身、通常ガチャから出てくる☆5キャラのうち3人は最後までガッツリ育成していて今でも現役です。

原神というゲームを楽しんでいく為にも、最強キャラランキング等の情報を丸呑みしてはいけないという事を理解しておきましょう。

リセマラ当たりは「ディルック」「ジン」

ディルックまたはジンのどちらかをGETできれば、リセマラ終了していいと思います!

刻晴もかなりオススメのキャラではあるのですが、「長く使っていける」という点において、育成を最後までやりきった私としても難しいと判断したので今回外させて貰いました。

しかし、ルックスや攻撃モーションがとても良いので、「刻晴を使って原神を楽しんでいきたい!」という方であれば全然オススメできます。

七七とモナは用途は異なりますが、どちらもサポーターに特化したキャラであるため、パーティの育成が進んでいない始めたての方にとっては強さを実感する事が難しいので今回は外させて貰いました。

ディルックの長所、短所

  • 高い攻撃力、耐久力
  • 希少な炎元素アタッカー
  • 固有ステータスが「会心率アップ」と優秀
  • 大剣と炎元素の使用で盾持ちの敵にストレスなく対処できる

高い攻撃力、耐久力

大抵のメインアタッカーはHP等何かを犠牲にして攻撃力を大幅に上昇させるものや、防御力を低く設定されている等の弱点を持っています

その為、それらのキャラの多くは単体でかつ安定して運用するのが難しい傾向にあり、初心者向けではないです。

一方、ディルックは攻撃力、耐久力共に高く設定されており、雑に扱っても倒されることも無くコンスタントに高い火力を出せるキャラになります。

希少な炎元素アタッカー

炎元素を用いる元素反応「蒸発、溶解、過負荷」はどれも非常に優秀な為、パーティに必ず組み込みたい元素です。

また、2人の炎元素キャラをパーティに入れる事ができれば、「元素共鳴」という恩恵により15%の攻撃力アップさせる事も可能です。

優秀な炎元素に加えメインアタッカーという役割を持っているディルックはハイスペックなキャラだと言えるでしょう。

固有ステータスが「会心率アップ」と優秀

キャラクターの育成にはレベルに応じてその都度、上限突破させる必要があります。

ディルックは突破した際にHPや攻撃力など基本ステータスの上昇に加えて、「会心率」がアップがされます。

「会心率」は火力の底上げに重要なステータスの1つで、育成するだけで上がることは、大きなメリットになります。

大剣、炎元素の使用で盾持ちの敵にストレスなく対処できる

原神では木製、氷、岩でできた盾を持った敵と戦闘する事があります。

ディルックは全種類の盾に1人で対処する事が可能です。

もし、盾を破壊できるキャラがいないと、倒すのにかなりの時間がかかてしまいストレスに感じる原因になります。

その為、ストレスを感じることなく原神をプレイしていきたいのであれば、ディルックのGETは必須レベルになってくるかと思います。

ジンの長所、短所

  • 十分すぎる火力と、味方全員に即時回復させる能力を持っている
  • ディルックのように一人で完結できるキャラではない為、パーティ編成に注意が必要

十分すぎる火力と、味方全員に即時回復させる能力を持っている

メインアタッカー程ではありませんが、十分すぎる火力に加えて味方全員に対して即時回復させる能力を持っています。

原神のヒーラーは全員まとめて回復できるキャラが少なく、高難易度ダンジョン等で大ダメージを負った際に回復が間に合わないという事が起きてしまいます。

しかし、ジンは瞬時にチーム全員にHP全回復させる事が可能となっており、かなり優秀です。

ヒーラーが必要ないというシーンは無いので、長く使っていけるキャラという面ではディルックよりあるのかもしれません。

ディルックのように1人で完結できるキャラではない為、パーティ編成に注意が必要

木製、氷、岩の盾持ちの敵などの対処はディルックと違い、かなり不便に感じるかと思います。

1人で木製、氷、岩の盾持ちの敵に対応するには「大剣持ちで炎元素持ち」が条件になりますが、「通常ガチャ」で手に入るキャラでは現状ディルックしか存在しません。

その為、ディルックがいない場合は、大剣持ちのキャラと炎元素キャラと最低でも2人の編成が必要となり、編成に制限がかかってしまいます。

色々なキャラを使って攻略していきたいと考えてる方には逆にメリットとなるかもしれませんが。。

「通常ガチャ」オススメ最強☆5キャラのまとめ

「通常ガチャ」から排出され、そして長く使っていける最強キャラは「ディルック」と「ジン」の2人です。

ゴリゴリ脳筋プレイで楽しみたい方にはディルック。

色々なキャラを使って少しテクニカルにプレイしていきたい方にはジン。

となります。

新キャラの登場で影が薄くなっている2人ですが、バリバリ張り合えるくらいの性能を持っています!

是非、GETして楽しい原神ライフを送ってください!!

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト