【原神】クレーにおすすめのパーティ編成!!相性の良いキャラクターやその理由をご紹介します!!

 ランク(順位) 錬金術師(1388
 経験値  41,266
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

この記事では、クレーとシナジーのあるキャラクターやパーティ編成についてご紹介いたします。

クレーを引くか迷っている方、クレーの活用方法に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

原神でもっともクセの強い上級者向けキャラクターであるクレーを使いこなそう!!

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、クレーを軸としたパーティ編成について、ざっくばらんにご紹介したいと思っております。

ではさっそく、詳細を見ていきましょう。

この記事は5分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合い頂ければと思います。

クレーの特徴について

長所

クレーの特筆すべき長所は以下の2点となります。

・「理想的」に動けた場合、そこそこ高い火力を出せる

・プレイングが独特であり、使いこなす過程が楽しい

理想的に動けさえすれば、少なくとも他のアタッカーと肩を並べるくらいには強く立ち回ることができます。

火力面について細かく言及しますと、

・重撃がループできるため、瞬間火力が高い(刻晴などとは異なり、純粋に重撃だけをループできる)

・元素スキルは全弾当てた時の火力が非常に高い

・元素爆発は使い切ることができれば非常に大きいダメージとなる

といった点が挙げられます。

一方、後述する「短所」が長所を遥かに上回るほど大きく、扱いが難しいキャラクターとなっております。

つまり、短所をプレイングでカバーすることで、長所だけを活かせるような上級者にとっては強いキャラクターということになります。

その点に楽しさを見出せるプレイヤーにとっては非常に魅力的なキャラクターと言えます。

短所

クレーは短所が非常に多いキャラクターとなっております。

主だった点だけ挙げてみても、

・すべての攻撃の射程が(極めて)短い

・すべての攻撃が「爆発」扱いなので敵が吹っ飛ぶ(射程の短さと相まって追撃が難しい)

・火力源が重撃であるためスタミナ管理が難しい(吹っ飛んだ敵を安易にダッシュで追いかけられない)

・すべての攻撃が発生から着弾までにディレイがあり、着弾時の状況を予測するのが難しい

・元素スキルの出だしの硬直が大きく、火力が下がるうえ、回避やキャラクター交代が困難

・元素スキルのばら撒きが大きいため、基本的に全弾当たらない

・元素爆発は継続的に火元素ダメージを発生するが、キャラクター交代すると消える

・法器キャラクター特有の耐久性能の低さがあるが、もっさりした使用感やダッシュ回避にスタミナを割きづらいため、更に被弾しやすく脆い

といった多彩な弱点を持っています。

クレー上級者のプレイングなどを見てみるとこの弱点・欠点はプレイングによってほとんどカバーすることができるようです。

一方、多くのプレイヤーはそこまでうまくプレイはできないため、プレイングに至らないところがあればあるほど火力が下がっていくキャラクターとなってしまいます。

その他

クレーの特徴については以下のリンクに詳細を纏めておりますので、よろしければご覧ください。

【原神】クレーについてブログ調に語りたい!!評価・復刻時期・聖遺物・武器・編成・人物像・魅力についてご紹介します!!

パーティを組む際の注意点

メインアタッカーとして「蒸発反応」を活かす

2凸効果によって元素スキルの小さい爆弾に「敵防御デバフ」が付与されるため、一応サブアタッカー(サポーター)として立ち回ることも可能です。

しかし、元素爆発がキャラクター交代すると消えるという仕様や、重撃ループが強いという点からも、クレーは基本的に「メインアタッカー」として運用していくことになります。

炎元素のメインアタッカーの火力を高めるには元素反応の1つである「燃焼反応」を活用するのが手っ取り早いです。

(「過負荷反応」もダメージ的には強いのですが、敵を大きく吹っ飛ばしてしまうため、射程の短いクレーとは相性があまり良くありません。)

燃焼反応は「炎+水」の元素反応であるため、水元素のサブアタッカーを組み込むことがパーティ編成の方針の1つとなります。

一方、クレーの攻撃の射程があまりにも短いことや、すべての攻撃が「爆発」扱いのため敵を吹っ飛ばしてしまうことから、水元素のサブアタッカーと組んでも、クレーの攻撃が届かず水元素追撃のみが敵に当たるという場面がかなり多くなります。

そのため、元素反応(燃焼反応)は考慮せず、炎元素に特化したパーティ編成(炎元素キャラ3人+風元素キャラ1人)という思想もありえます。

昨今の深境螺旋でのクレーの使用実績などを見ると、この炎元素特化編成の方が多いように感じられます。

(そもそもクレーの使用実績自体が少ないのですが・・・。)

また、クレーの極端に低い耐久性能を補うために「鍾離」を組み込みたいところですが、パーティコンセプトがぶれてしまい、火力が落ちてしまうことが懸念されます。

そのため、鍾離は補助輪のような役割であり、クレーを練習する際には使用した方が良いですが、慣れてきたら外すことを検討した方が良いと思います。

クレーと相性の良いキャラクター

水元素サブアタッカー

キャラクター名評価ポイント
・元素爆発によって継続的に水元素ダメージを発生できる

・元素爆発の効果により、クレーの火力を高めることができる

・元素爆発によって継続的に水元素ダメージを発生できる

・元素スキルや元素爆発の効果により、クレーの耐久面をサポートできる

炎元素キャラクター

キャラクター名評価ポイント
・攻撃力バフと回復をこなせるため、パーティに組み込みやすい

・クレーの耐久面を強力にサポートできる

・ベネットの元素爆発と併せて大きな火力が出せる。

・クレーの攻撃により敵が吹っ飛んでしまうので、元素爆発の射程には常に留意が必要

風元素キャラクター

キャラクター名評価ポイント
・敵を吸い込みつつ、クレーの火力を高めることができる

・クレーの元素スキルの小さい爆弾を吸い込み時に強制的に敵に当てることが可能

・炎元素編成を組む際の採用候補筆頭

・翠緑4セットによるデバフと元素爆発による吸い込みが強力

・クレーの元素スキルの小さい爆弾を吸い込み時に強制的に敵に当てることが可能

・燃焼反応は熟知の影響が小さいものの、クレー側ではまったく積まないため、熟知バフによってかなりの火力アップが期待できる

・翠緑4セットによるデバフと元素爆発による吸い込みが強力

・クレーの元素スキルの小さい爆弾を吸い込み時に強制的に敵に当てることが可能

・元素爆発の吸い込みで敵が宙に浮くが、クレーの重撃は一応当たるので、まとめてダメージを与えることは可能

耐久面補助役

キャラクター名評価ポイント
・強力なシールドにより、クレーの耐久面を強力にバックアップできる

・クレーの射程が小さいため、鍾離シールドのデバフ効果を活用しやすい

・パーティの火力を伸ばそうとすると、いつかは編成から外れることになる

おすすめのパーティ編成

炎元素特化型

クレーのすべての攻撃は「爆発」扱いであり、敵をふっとばしてしまいます。

そのため、元素反応自体が起こしにくいキャラクターとなっていますが、それを逆手にとった「元素反応に頼らない」編成となります。

炎元素キャラクターの誰かで敵の炎元素を付着し、翠緑4セット効果により拡散反応で敵の防御力を下げ、あとはひたすら炎元素ダメージを与えることがコンセプトとなります。

香菱とベネットは完全にサブアタッカーとして、元素スキルと元素爆発を使う時だけワンポイントに出場することになるため、クレーをメインアタッカーとして存分に活躍させることができます。

また、風元素キャラクターの「吸い込み」効果により、クレーの攻撃で吹っ飛んだ敵をある程度1か所に集めることができ、クレーの重撃の範囲攻撃で一網打尽にすることも可能です。

一方、回復に関してはベネットに頼りきりとなりますが、クレーの耐久面が弱いことから、油断していると一瞬でHPが無くなるので注意が必要です。

蒸発反応編成

強力な水元素サブアタッカーを2人加えた「非常に攻撃的な編成」となります。

水元素を付着する手段が多く、クレーの攻撃にうまく蒸発反応を乗せることができます。

クレーの射程が短いことや敵を吹っ飛ばしてしまうこともあり、クレーの攻撃は当たらずに水元素キャラクターの元素爆発効果だけが当たる場面も多いという欠点もあります。

一方、水元素サブアタッカーの火力が異様に高いため、クレーの攻撃が当たらなくても敵に大ダメージが与えることが出来るという長所もあります。

(そうなるとクレーをパーティに入れる必要性が薄れてしまいますが・・・。)

この編成を運用する際は、翠緑4セット効果起動のための拡散反応の元素付着役はクレーとなる点にはご留意ください。

(付着しやすさや翠緑4セット効果の効果時間管理など、考えなくてはならない点は結構あります。)

また、回復役がほとんどいない状況ですので、敵の攻撃を回避するプレイング能力が求められます。

クレーにおすすめのパーティ編成のまとめ

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

本日は、クレーを軸としたパーティ編成について、ざっくばらんにご紹介させていただきました。

他のキャラクターの編成が気になる方は以下のリンクをご覧ください。

【原神】国内・海外で人気のパーティ編成のまとめ!!

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

関連記事:

 

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei