【原神】聖遺物「華館夢醒形骸記」はどのキャラが最適!?ストーリーやドロップ場所なども含めてご紹介します!!

 ランク(順位) 海賊王(1388
 経験値  40,164
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

「華館夢醒形骸記」のセット効果・装備すべきキャラ・聖遺物にまつわるストーリーについてご紹介しています(他の聖遺物については以下のリンクをご覧ください)。

関連:【原神】「聖遺物」紹介一覧 

関連:【原神】キャラクター紹介一覧

関連:【原神】国内・海外で人気のパーティ編成のまとめ!!

関連:【原神】初心者向け攻略記事のまとめ

聖遺物「華館夢醒形骸記」について解説します。

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、聖遺物「華館夢醒形骸記」についてざっくばらんにお話したいと思っています。

「華館夢醒形骸記」は、2セット効果は「防御力+30%」4セット効果は「岩元素ダメージバフ(発動に条件あり)」となっております。

ではさっそく、詳しく見ていきましょう。

  1. 「華館夢醒形骸記」のドロップ場所
  2. 「華館夢醒形骸記」の聖遺物のストーリー
  3. 「華館夢醒形骸記」の性能
  4. 2セット効果「防御力アップ」について
  5. 4セット効果「岩元素ダメージバフ」について
  6. 「華館夢醒形骸記」4セットを装備すべきキャラクター紹介

この記事は3分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合いください。

聖遺物「華館夢醒形骸記」のドロップ場所

「華館夢醒形骸記」のドロップ場所は今のところ「熟眠ノ庭」です。

聖遺物「華館夢醒形骸記」のストーリー

「華館夢醒形骸記」のフレーバーテキストは今のところ「不明」です。

判明し次第、ご報告いたします。

聖遺物「華館夢醒形骸記」の性能

2セット効果は「防御力+30%」となっており、星5聖遺物では唯一の防御力を上昇させる効果となります。

(星4聖遺物では「守護の心」2セットが、同様に「防御力+30%」となっています。)

一方、4セット効果は「装備者がフィールドで岩元素攻撃を当てるか、装備者が待機状態であると、岩元素ダメージバフを得る。」となっており、出場しても待機しても岩元素ダメージバフを溜められる内容となっています。

以下では、2セット効果と4セット効果をそれぞれ詳しく説明いたします。

2セット効果「防御力アップ」について

「華館夢醒形骸記」の2セット効果

 

「華館夢醒形骸記」の2セット効果は「防御力+30%」です。

『原神』においては防御力はあまり重視されるパラメーターではないのですが、防御力を参照してダメージ量や回復量が決定されるキャラクターには「華館夢醒形骸記」2セットは適しています。

防御力を参照するキャラクターの代表例を以下に挙げます。

防御力を参照するキャラクターの代表例

アルベド元素スキルの追加ダメージが防御力参照。
ノエル元素スキルのシールド吸収量とHP回復量、および、元素爆発の攻撃力バフが防御力参照。
辛炎(しんえん)元素スキルのシールド吸収量が防御力参照。

4セット効果「岩元素ダメージバフ」について

「華館夢醒形骸記」の4セット効果

 

4セット効果は、簡潔に説明すると「装備者がフィールドで岩元素攻撃を当てるか、装備者が待機状態であると、防御力および岩元素ダメージバフを得る。」です。

説明が長くわかりずらいですが、要点は以下の5つとなります。

①出場している装備者が岩元素ダメージを敵に当てると、装備者にバフが1つ付与される。

②装備者が待機していると、3秒ごとに装備者にバフが1つ付与される。

③バフは最大4つまで付与できる。

④6秒間、上記①②が発生しないと、バフを1つ失う。

⑤バフ1つにつき、防御力と岩元素ダメージが「+6%」される。

2セット効果と合わせて、防御力が最大で「54%」、岩元素ダメージバフが「24%」付与できることになります。

一方、防御力に価値を求めなければ、岩元素ダメージハブが24%上がるだけの効果と言えます。

しかし、敵の攻撃によるシールド吸収量の減少は、防御力によって減ったダメージ分となるため、この聖遺物を装備したキャラクターと「鍾離」がパーティを組むことにより、恐るべき耐久力を発揮することとなります!!

聖遺物「華館夢醒形骸記」4セットを装備すべきキャラクター紹介

「華館夢醒形骸記」4セットと相性が良いキャラ一覧

 

基本的な考え方

まずは、「防御力」と「岩元素ダメージバフ」が両方とも火力に直結するキャラクターが相性が良いと言えます。

また、「岩元素キャラクター」のうち、メインアタッカーを担当するキャラクターについては、「岩元素ダメージバフ」で火力が上がるだけでなく、敵の攻撃に対する耐久力もあがるため、戦場で長く戦うことができます。

アルベド

問答無用で相性バツグンです。

おそらく、アルベドを前提にした聖遺物の設計なのだと思います。

防御力を上げ、「黎明の神剣」を装備し、元素スキルの追加ダメージをメインに戦うスタイルが強いため、この聖遺物による「防御力」と「岩元素ダメージバフ」の恩恵を完璧に受けることができます。

関連:【原神】アルベドの復刻はいつ?強いの?正体は?ブログ調に語ります!! 

関連:【原神】「アルベド」の育成が全キャラ中トップクラスに簡単で難しいという話 

ノエル

こちらも、「防御力」と「岩元素ダメージバフ」が火力に直結するキャラクターとなります。

また、回復量も防御力に依存するため、ヒーラーとしての役割も強化することができます。

特に、無課金・微課金の方々には有用であり、どんな苦しい状況でも高い防御力で耐え抜き、パーティ全体を回復できるノエルは、この聖遺物により正に「守護神」のような活躍ができると思います。

関連:【原神】ノエルについてブログ調に語りたい

凝光(ぎょうこう)

通常攻撃が「岩元素攻撃」となるため、この聖遺物の4セット効果によるバフを溜めやすいです。

また、すべての攻撃が「岩元素ダメージ」となるため、4セット効果の「岩元素ダメージバフ」を活かすことができます。

一方、「防御力アップ」は直接火力には影響しませんが、凝光はメインアタッカーとして長時間フィールドに出続けることが多いため、この聖遺物により「防御力」を上げることにより、安定して戦うことができます。

特に、「鍾離(しょうり)」とパーティを組むことにより、「鍾離の能力」と「岩の元素共鳴」によって火力を飛躍的に上昇させつつ、この聖遺物と鍾離のシールドによって高い耐久性を実現することができます。

関連:【原神】凝光(ぎょうこう)についてブログ調に語りたい!! 

荒瀧一斗

詳細はわかりませんが、多分相性がよいでしょう。

聖遺物「華館夢醒形骸記」のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。

本日は、聖遺物「華館夢醒形骸記」についてざっくばらんにお話しさせていただきました。

一言(二言?)で表しますと、

2セット効果は、防御力に依存した効果をもったキャラクターに有効。

4セット効果は、岩元素キャラクターな中で、「防御力に依存した効果をもったキャラクター」または「メインアタッカー」と相性が良い。

ということになると思います。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

キャラクターについて詳しく知りたい方はこちら!

以下のページに、各キャラクターの紹介記事をまとめています。

各キャラの「育成」・「人物像」・「ガチャを引くかの判断」などについて載せてますので、是非チェックしてみてください!

関連:【原神】キャラクター紹介一覧

国内・海外で人気のパーティ編成に興味がある方はこちら!

以下のページに、国内・海外で人気のパーティ編成の紹介記事をまとめています。

パーティ編成に悩んでいる方は、ここで紹介されている編成をアレンジするところから始めてみてください!

関連:【原神】国内・海外で人気のパーティ編成のまとめ!!

聖遺物についても詳しく知りたい方はこちら!

以下のページに、各聖遺物の紹介記事をまとめています。

各聖遺物の「セット効果」・「装備すべきキャラクター」・「聖遺物にまつわるストーリー」などを掲載していますので、是非チェックしてみてください!

関連:【原神】「聖遺物」紹介一覧

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei