【原神】新聖遺物「追憶のしめ縄」はどのキャラクターが最適!?

新聖遺物「追憶のしめ縄」の性能とキャラクターへの相性についてご紹介します。(他の聖遺物については以下のリンクをご覧ください)。

関連:【原神】「聖遺物」紹介一覧 

Ver2.0の新聖遺物「追憶のしめ縄」について解説します。

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、Ver2.0で実装予定の新聖遺物である「追憶のしめ縄」についてざっくばらんにお話したいと思っています。

もう1つの新聖遺物である「絶縁の旗印」はわかりやすくガチ性能ですが、「追憶のしめ縄」はかなりテクニカルな性能となっております。

(特に4凸効果は、聖遺物初の「デメリット」持ちになっております。)

では、さっそく見ていきましょう。

  1. 新聖遺物「追憶のしめ縄」の性能
  2. 2セット効果「攻撃力(%)」について
  3. 4セット効果「通常攻撃・重撃・落下攻撃アップ」について
  4. 新聖遺物「追憶のしめ縄」4セットを装備すべきキャラクター紹介

この記事は3分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合いください。

新聖遺物「追憶のしめ縄」の性能

2セット効果は非常に使いやすい性能なのに対し、4セット効果はかなりトリッキーな性能となっております。

2セット効果は「攻撃力(%)」となっており、「剣闘士のフィナーレ」の2セットと同じ効果です。

一方、4セット効果は「元素エネルギーを消費することで、通常攻撃系アップ」となっております。

まずは2セット効果と4セット効果を分けて考えていきたいと思います。

2セット効果「攻撃力(%)」について

「追憶のしめ縄」の2セット効果は「攻撃力+18%」です。

どこかで見たことがある効果だと思いますが、実は「剣闘士のフィナーレ」の2セットと全く同じ効果となります。
効果が同じ聖遺物なんて要らないんじゃ・・・。
というご意見もあるかと思いますが、実はこの2つの聖遺物には大きな違いがあります。

それは、「厳選のしやすさ」です。

「剣闘士のフィナーレ」は基本的に週ボスや急凍樹などのモンスター討伐で入手できますが、挑戦に必要な樹脂量が大きいため、意図的に収集することが困難です。

一方、「追憶のしめ縄」は(おそらく)秘境から入手できるため、(比較的)聖遺物の入手が楽になります。

そのため、今までは運よく手に入れた「剣闘士のフィナーレ」を装備していたところを、ガッチリと聖遺物厳選ができるように(しなくてはならないように)なります。

4セット効果について

ちょっとややこしい内容の4セット効果ですが、要約すると以下のような感じとなります。

元素スキルを使うと元素エネルギーを消費し、自分にバフがかかる。

バフは通常攻撃系(通常攻撃・重撃・落下攻撃)ダメージ:+50%

これでもわかりにくいかもしれないため、更にざっくり書くと以下の感じです。

元素爆発が使えなくなるけど、通常攻撃・重撃・落下攻撃が強くなる。

つまり、「元素爆発」はそんなに使わないけど、「通常攻撃系」は多用するといった、一部の『メインアタッカー』に向いた武器と言えます。

「通常攻撃系バフ」の注意事項

「通常攻撃+○○%」という効果は、少々誤解を生じやすいため、補足で説明させていただきます。

『原神』のダメージ計算をざっくり説明すると以下のような計算式となります。

ダメージ量 = 「基礎攻撃力」 × 「攻撃力(%)」 × 「○属性ダメージ(%)」 × 「天賦倍率(%)」

『通常攻撃』の倍率は「天賦倍率(%)」で規定されているため、一見すると「通常攻撃+○○%」のバフは「天賦倍率(%)」に影響を与えるように見えます。

しかし、実際には「○属性ダメージ(%)」の方に効いてくるバフとなります。

(通常攻撃をした際には、全ての属性(物理属性も含む)の属性ダメージが上昇するという仕様です。)

どのみち「ダメージが増える」ことには変わりがないのですが、以下の点だけは頭の片隅に置いておいてもらえればと思います。

「通常攻撃+○○%」バフは、「○属性ダメージ(%)」を多く積んでいる時は相対的に効果が低く、少ない場合は効果が高い。

新聖遺物「追憶のしめ縄」4セットを装備すべきキャラクター紹介

神里綾華(かみさとあやか)

綾華の凸数が4未満の場合は、元素爆発はダメージ発生以外に効果がありません。

一方、重撃が氷属性の範囲攻撃となるため、元素爆発を捨てて、しめ縄の効果で重撃を強化するのは有効だと思われます。

特に、深境螺旋のように周囲から満遍なく敵が寄ってくるコンテンツでは、前方に飛ぶ元素爆発は当てづらく、重撃に頼った方がよさそうです。

エウルア

「元素爆発」が特徴的なキャラクターであるため、一見すると相性が悪いように感じるかもしれません。

一方、「元素爆発」は発動が非常に遅いため、雑魚戦やマップ上を動き回る敵にはなかなか当てることができず、腐ってしまうことが多いです。

そのようなコンテンツに対し、「元素爆発」を捨てて、「通常攻撃」に特化する動きは有効であると考えられます。

下のリンクの記事にもありますように、エウルアは「通常攻撃」が異様に強いキャラであるため、「元素爆発」無しでも活躍が期待できます。

関連:【原神】「メインアタッカー」ランキング!!各キャラクターの基礎攻撃力・固有ステータス・天賦倍率から客観的に計算します!! 

クレー

「元素爆発」も強いのですが、耐久性の低さから、効果時間を使い切らずに交代を余儀なくされることが多いです。

一方、「通常攻撃」や「重撃」が非常に強いキャラクターであるため、「元素爆発」を犠牲にしても、メリットがあると考えられます。

刻晴(コクセイ)

特に物理型の刻晴と相性が良いと思います。

物理型の場合は、相対的に(雷属性)である「元素爆発」の価値が下がるため、聖遺物4セットのデメリットが低くなると考えられます。

ただし、「物理属性ダメージ」のパラメータは「○属性ダメージ」よりも上げやすいため、「追憶のしめ縄」4セットでどこまでアドバンテージが稼げるのかは検証が必要だと思います。

また、物理型だと元素スキルの2段目を撃たないため、「そもそも元素エネルギーが足りるのか?」といった問題があります。

新聖遺物「追憶のしめ縄」のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。

本日は、Ver2.0で実装予定の新聖遺物である「追憶のしめ縄」についてざっくばらんにお話しさせていただきました。

一言(二言?)で表しますと、

2セット効果の「攻撃力+18(%)」は汎用性が高い上に、(剣闘士のフィナーレと比べて)厳選が楽。

4セット効果のデメリット付きバフは、(極端に)使用キャラクターを選ぶ(でも強力)。

ということになると思います。

恐らく、Ver2.xで実装される中に相性抜群なキャラクターがいると思われますが、既存キャラの「エウルア」、「クレー」、「刻晴」などとも相性が良いと思われるので、実装し次第、軽く厳選を始めても良いかもしれません。

(「剣闘士のフィナーレ」2セットを装備しているキャラクターはすぐにでも聖遺物厳選が始まるかもしれません。)

本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

他の聖遺物も詳しく知りたい方はこちら!

以下のページに、各聖遺物の紹介記事をまとめています。

各聖遺物の「セット効果」・「装備すべきキャラクター」・「聖遺物にまつわるストーリー」などを掲載していますので、是非チェックしてみてください!

関連:【原神】「聖遺物」紹介一覧

キャラクターについても詳しく知りたい方はこちら!

以下のページに、各キャラクターの紹介記事をまとめています。

各キャラの「育成」・「人物像」・「ガチャを引くかの判断」などについて載せてますので、是非チェックしてみてください!

関連:【原神】キャラクター紹介一覧

国内・海外で人気のパーティ編成に興味がある方はこちら!

以下のページに、国内・海外で人気のパーティ編成の紹介記事をまとめています。

パーティ編成に悩んでいる方は、ここで紹介されている編成をアレンジするところから始めてみてください!

関連:【原神】国内・海外で人気のパーティ編成のまとめ!!

ライター紹介

横島先生
横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
兼業で石綿(アスベスト)の対処に関する仕事をしております。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei