【原神】売り上げの推移と今後の予想

 ランク(順位) サイボーグ(1389
 経験値  60,306
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

この記事では、「原神」のサービス開始以降の売り上げの推移と、今後どのようになっていくのかの考察を行っております。

興味のある方はご覧いただければと思います。

世界でももっとも成功したゲームの1つになり上がった「原神」ですが・・・

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、大人気ゲームである「原神」の売り上げについて、ざっくばらんに検討していきたいと思っております。

インターネット上の噂などを元に記事を作成しておりますので、話半分にご覧いただければと思います。

ではさっそく詳細を見ていきましょう。

この記事は3分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合い頂ければうれしいです。

売り上げの推移

サービス開始時

「原神」は『2022年9月28日』にサービスを開始しました。

開発費は100億という規模であり、明らかに日本国内のゲームとはスケールが異なるほどの巨大なプロジェクトとなっておりました。

開発元の「miHoYo社」の社運を賭けたゲームであったと言えると思います。

このプロジェクトは成功をおさめ、多くのプレイヤーに支持されるゲームとなりました。

その結果、

・開発費(100億円)をサービス開始2週間で回収

という偉業を成し遂げることとなります。

サービス開始1年経過時

「原神」はリリース直後は、

・100億円という開発費

・美麗なグラフィック

・作り込まれたストーリー

・広大なオープンワールド

・スマートホン、コンシューマ機、パソコンのクロスプレイ

などが話題を呼び、世界中でヒットすることとなりました。

一方、スマートホン向けゲーム(いわゆるソシャゲ)は、サービス開始時が人気のピークであり、その後は時間の経過とともに売り上げが低下していくという特徴がありました。

(過去に成功しているゲームでも、売り上げが低下した末に、あるレベルで持ちこたえるといった状況でした。)

それに対し、原神はサービス開始1年が経過しても、多くのアクティブユーザーを維持することに成功しました。

その結果、Androidストアなどを除外した売り上げとして「20億ドル(当時の為替で2,000億円超)」を計上することとなりました。

これは、実質的には倍の「40億ドル(当時の為替で4,000億円)」を売り上げたことになります。

アクティブユーザーを維持できた理由としては、

① プレイヤーに対してコマメにアンケートを実施し、ゲーム自体を改善していった

② 90日毎に大型アップデートを行い、プレイヤーを飽きさせなかった

ということが大きな要因と考えられています。

特に②の影響が大きく、他の会社には真似のできないサービスとなっております。

そのため、

・原神と似たようなゲームを作ることはできても、同じようなサービスは持続できない

というオリジンリティを形成することに成功しております。

サービス開始1年半経過時

1年半を経過した段階で、Androidストアなどを除外した売り上げとして「30億ドル(当時の為替で3,900億円超)」に到達したと言われています。

このことからも勢いを維持してることがわかります。

(ドル単位でみると1.5倍であるのに、円換算すると2倍近くになっており、ここ1年間の円安の勢いも凄まじいものですが・・・。)

そして、サードパーティなども含めると「60億ドル(当時の為替で7,800億円超)」に到達している可能性があります。

サービス開始2年経過時の予想

「原神」は2022年9月28日にサービス開始2周年を迎えます。

売り上げ的には以上のような傾向があるため、2周年付近で全世界での売上「1兆円」に到達する可能性はあるのではないかと思われます。

(一部プレイヤーの間では、既に1兆円を超えているのではないかと噂されています。)

売り上げ「1兆円」はどのような金額なのか

ソシャゲ業界の利益率について

上場しているゲームメーカーは「利益率」を公表しております。

利益率とは、売り上げの中に「何割の利益があるか」という割合となります。

例えば、利益率が30%であれば、売り上げの30%が利益、残りの70%が経費と言うことになります。

計算式としては、

・「利益」=「売上高」×「利益率」

ということになります。

そして、主にソシャゲを製作している会社の利益率は、おおよそ「17%」程度のようです。

原神が「1兆円」の売り上げをあげていると仮定すると、

・1兆円 × 17% = 1,700億円

が利益となります。

また、そこから税金(法人税)が引かれますので、法人税を25%と仮定すると、

・1,700億円 × (100% – 25%) = 1,275億円

となります。

つまり、「原神」は会社に「1,275億円」の純利益をもたらしたことになります。

売り上げの推移と今後の予想のまとめ

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

本日は、大人気ゲームである「原神」の売り上げについて、ざっくばらんに検討させていただきました。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

関連記事:

 

【イチ推し】超本格リアルタイムストラテジーMMORPG!
世界で最も遊ばれている戦略アプリ!

ロードモバイル

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

今回は世界で最も遊ばれている戦略ゲームである「ロードモバイル」をご紹介します。

「ロードモバイル」は、基本プレイ無料の超本格的なリアルタイムストラテジーMMORPG。

なんと世界中に3億人を越えるプレイヤーがいる超人気ゲームタイトルです!

2016年には最高の戦略ゲームとして「Google Play Awards 」を受賞するなど、名誉ある賞を数多く受賞しており

世界で最も遊ばれている戦略アプリの1つになります!

ロードモバイルは、プレイヤー同士の戦争に勝つことを目的にしたスマホゲーム。

特に海外での人気が高く、ゲーム内はかなりの賑わいを見せています!

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.3(5.0満点)!数億のプレイヤーがいることから見ても驚きの点数です!編集部もみんなでハマってます!

\ まずは試しにやってみて /

ロードモバイル 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
頭をしっかり使って戦略を練るので、いい頭の体操になります!あと、いろんな要素があって飽きることがありませんね!
レビューレビュアー
壮大な物語で、やり応えがたっぷりです。また、それでいて初回からの方でもプレイしやすいと思いました!特にミニバトルも面白くて、こういうジャンルが初心者という人から、リアルなシミュレーションゲームをよくやるといった方まで満足できるゲームだと思います!
レビューレビュアー
簡単なクエストをこなしたり毎日ログインするだけで沢山アイテムが貰えます。割と優しいゲームですし、コツコツ作業する事が好きな人はハマるかと思います。無課金でもアイテム沢山貰えますし、かなり面白いです。今でもコツコツやっています笑

\ まずは試しにやってみて! /

ロードモバイル 公式サイト

多彩なヒーローたちを強化収集する楽しみ!

世界中のプレイヤーと対戦できるロードモバイル!勝利することでさらに面白さが跳ね上がります!

そこで重要なのが「ロード」や「ヒーロー」といったキャラクターの強化!

「ヒーロー」毎に特徴的な能力があり、どう編成するかはプレイヤーの戦略で大きく異なります。

手持ちの「ヒーロー」でどう相手を倒すかの戦略を練るのは楽しいですよね?さらに策がはまった時の爽快感は絶大です。

また「ヒーロー」の強化はレベルアップだけではなく、装備による強化もあり、その装備の製造や収集もおもしろポイントです!

そんな育成しがいのあるロードモバイルはハマること必至。

とにかくやり込み度が多い本作!要素が多く「面倒かも?」と思いがちですが、「オートバトル」や「オートクリア」などサポート機能が充実しているのでご安心を!

オートクリアは時間がなくて取り組めるので、アイテムもザクザク手に入り、とにかく楽しいです!

\ まずは試しにやってみて /

ロードモバイル 公式サイト

「楽しみながらコツコツ」こそロードモバイルの魅力

ロードモバイルは育成が魅力

ロードモバイルは、「ロードの育成」が最大の魅力です。

プレイヤー対プレイヤーの戦争がロードモバイルの目的です。

勝つ為には、強い王国にしていくことが重要で、強い王国は、必ずロードも強いです。

ロード以外のヒーロー達も、戦争以外の活躍の場が多いので、ついつい全体的に育てたくなっていまいます。

コツコツとロードやヒーローの育成をする事は、ロードモバイル全体を楽しむ事に繋がります。

ヒーロー育成は RPG 要素が強いですが、ロードモバイルのメインになる SLG や STG へ繋がっているというシステムは、とにかく面白いです。

是非、どっぷりと育成にハマってみてください!

\ まずは試しにやってみて /

ロードモバイル 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei