【原神】映える!ソロでもフォトモードを使わないで上手く写真を撮る方法!

こんな写真が撮りたい!

みなさんは原神のこんな写真や

こんな写真を見たことがありますか?

でも、原神内のフォトモードを使うと「あれ?キャラ動かせないし武器が出せない!」「元素スキルも元素爆発もできない!」となって、思うように写真が撮れませんよね……

「こういった写真を撮るにはマルチで協力してもらうしかない?でも誰かを誘うのはちょっと……」

そういった方は必見!

この記事を読めば、ソロでも簡単に自由度の高い映える写真が撮れます!

この記事で紹介する写真はすべて、これから紹介する方法で、私が実際にソロで撮った写真です。

みなさんも、これから紹介する方法で映える!写真を撮りましょう!

ブラウザ版の紹介ですが、アプリ版、PS版もほぼ変わらないので、アプリ版、PS版の方もぜひ参考にしてください!

  1. ゲーム内アイテムを使おう!
  2. ソロで撮るときに押さえておきたいポイント
  3. 映えるスポットもご紹介!

写真を撮るためのゲーム内設定などもあわせて紹介します!

この記事は5分で読み終わりますので、ぜひ最後までお読みください!

ゲーム内アイテムを使おう!

使うアイテムはこちら。

世界任務「写真を撮ろう」(璃月港で発生)をクリアすることで貰えるアイテム「写真機」です。

このアイテムを装備します。

このアイテムを装備してzキーを押すと、

写真が撮れます。

保存を押して完了です。

保存先は「Genshin impact Game」で検索して

「ScreenShot」の欄をクリックすれば画像が出てきます。

このゲーム内アイテムは、秘境内と「座る」をしているときは使えません

それ以外であれば使えるので、バシャバシャ撮っちゃいましょう!

写真を撮るときのゲーム内設定

このままいざ、写真機を使って戦闘中の写真を撮ろうとしても、カメラが勝手に動いてなかなか上手く撮れません。

そのためにゲーム内設定をいじる必要があります。

オプション>操作>戦闘中カメラ自動調整を「OFF」(デフォルトはONになっています)

OFFにすると敵に合わせてカメラが調整されることがなくなって、写真が撮りやすくなります。

ですが、そのかわり、カメラ調整を全部自分ですることになるので、戦闘が難しくなります。

あわせて画質が「高」になっているかも確認しておきましょう!

画質を上げた場合は、一度再起動が必要です。

また、プレイ環境によってはゲームが重くなります。

ソロで撮りやすい写真、撮りにくい写真

次に、ソロで写真を撮るときの押さえておきたいポイントを紹介します!

ソロで写真を撮る際の特徴を押さえていれば、俄然、映える写真が撮りやすくなります!

  • キャラが絶対中央になる
  • ほかのアイテムを装備できない
  • 接写やローアングルで撮れる

これらの特徴についても解説していきます。

キャラが絶対中央になる

ソロだと真ん中にキャラが固定されるので、キャラを中心からずらした構図の写真は撮れません

構図を横や斜めに想定すると、思ったより余白が目立ちます。

(一枚目は全体的に右に寄っていて、見切れています。二枚目は斜めの構図を試したのですがなんだか惜しい仕上がりに……)

なので、敵とキャラが戦闘している様子を写真に収めたい場合、敵は一体ではなく、周囲に複数の敵がいた方が映えます。スキル等で隙間を埋めるのも効果的です。

(斜め構図ですが、スキルと敵の位置があわさって、めちゃくちゃ映えてます!)

敵が多い撮影の場合、ノックバックしやすく、戦闘不能状態になりやすいのでそこは注意!

キャラクターが中央から動かないことのメリットは、キャラが画面外に行くことは絶対にないことです。

「ロケーションはばっちりなのにキャラが写ってない!」なんてことにはならないので、そこは安心ですね。

ほかのアイテムを装備できない

これはソロゆえのデメリットです。

原神内アイテムには「写真機」以外にも「風吹きのライアー」や「鏡花の琴」など様々なゲーム内アイテムがあります。

ですが、アイテムは基本的に一つしか装備できません。

ゲーム内アイテムを使って写真を撮りたい場合は、マルチで撮るしかありません。

接写やローアングルで撮れる

ソロでの利点は、キャラをとにかく近くで撮りやすいのと、カメラのアングルを自分で簡単に操作できることだと思います。

カメラを限界にまで近づけて角度を操れば、キャラが主体のいい写真が撮りやすいです。

ですが、弓や法器のキャラだと攻撃モーションが後ろに下がっていくキャラが多いので、カメラがだんだん勝手に離れていきます。

両手剣、片手剣、長柄武器は敵に向かっていくので、戦闘中の接写は撮りやすいです。

ローアングルは全体が見れないので撮影タイミングが難しく、自分のタイミングで角度の微調整もしやすいソロが向いています。

ローアングルは映えるので、積極的に狙っていきましょう。

ローアングルの注意点として、地面が芝生だとキャラに草が被って写真が撮りにくいので、地面が土や水辺などの場所だと撮りやすいです。

(草が邪魔ですね……)

接写とローアングルを駆使すれば、こんな写真も撮れちゃいます!

上の三つの特徴を理解した上で利用していけば、あなたもソロで映える!写真がすぐに撮れます!

映えるスポットもご紹介!

みなさんの撮影の補助になるよう、映える撮影スポットを一つ紹介します。

海祇島のココが、戦闘中の写真を撮りやすいです!

フライムが二体いるのが目印です。

近づけばフライムが追加で三体出てきます。

フライムは宙に浮いているので、キャラクターの顔に敵が被ってしまう事故がおきにくいです。

氷元素のキャラクターだと、元素反応でさらに映える写真が撮りやすくなります。

ですが、雷属性のキャラクターだと、感電反応でノックバックしやすく、戦闘不能にもなりやすいので注意が必要です。

最後に

最後に、今までの要点をおさらいしましょう!

  • 「写真機」を装備
  • 設定を撮影用に変更
  • 敵やスキルで余白を埋める
  • 接写やローアングルを狙う
  • ローアングルを狙うときは芝生を避ける

これを守れば簡単に撮れちゃいます!

キャラクターのモーションを見て、どの角度、どの距離が映えるか予習しておくと、さらにうまく撮りやすくなりますよ!

いろんなキャラクター、シチュエーションを試して、練習して、映える!写真を目指しましょう!

「リアル」ウマ娘はじめませんか?

ウマ娘にハマっている方、必見です!

ウマ娘のあとは、本物の「競馬」はいかがでしょうか?

競馬は、まさに「リアル」ウマ娘との出会いになるかもしれません…!

青い空、芝の匂い、馬の足音、客の歓声…!

ウマ娘と同じ興奮がそこにあります!

ただ、競馬場に行くのは気が引ける…

という、そこのあなた!

オッズパークでは、スマホで家にいながら地方競馬の馬券が買えるのでご安心下さい!

そんな手軽さが、幅広い層にウケています!

入会費・年会費が無料のこの機会に、競馬にチャレンジしちゃいましょう!

\ まずは気軽にお試し /

オッズパーク公式ページはこちら