【原神】淵下宮のストーリーを超ざっくりと解説します!!

 ランク(順位) 海賊王(1388
 経験値  40,042
獲得バッジ
ライターランキング1位月間PV1位達成10週連続記事公開ランク「神」に到達375記事達成4つのカテゴリーで10記事30カテゴリーの記事公開攻略記事を40記事公開まとめ記事を20記事公開総獲得PVが「250万」PVに到達1記事で25万PV

この記事では、ver2.4で実装された「淵下宮」のストーリーを解説いたします。

淵下宮(えんかのみや)のストーリーが難解すぎるのですが・・・

みなさんこんにちは、「横島先生」です。

本日は、ver2.4で実装された淵下宮のストーリーを、超ざっくりと説明させていただきます。

淵下宮のストーリーって、頭に入ってこないんですよね・・・。

・地名や人名が難解な上に、馴染が浅い

・登場人物の言い回しが硬い

・前提で知っていなくてはならない知識を、大抵の人は忘れている(時間が経過しすぎている)

といったものが、理解を妨げる主な要因な気がします。

今回の記事は、淵下宮(えんかのみや)のストーリーを(ある程度適当に)わかりやすくご説明しようとする試みです。

ではさっそく、詳細を見ていきましょう。

  1. テイワットの歴史
  2. テイワットの現状
  3. 淵下宮のストーリーの解説

この記事は5分程度で読み終わりますので、さいごまでお付き合いいただければ幸いです。

テイワットの歴史

テイワットと元素の関係について

まずは大前提として、原神の世界である「テイワット」について簡単に説明させていただきます。

テイワットという世界は「元素」エネルギーによって成り立っている世界です。

一部の人間(存在?)は、元素を「操る」ことができます。

しかし、テイワットの住民は元素を「生み出す」ことができません。

ですので、元素は消費されるのみであり、いずれは枯渇することとなります。

元素を生み出せる存在について

ゲーム内の書籍から読み取れることですが、テイワットには定期的に「元素を供給する存在」が、外の世界から訪れていました。

そして、彼らは特定の元素を十分量供給した後、世界を去っていきました。

彼らが世界を去る理由は、テイワットに長居しすぎると、特定の元素が過剰供給されることになってしまうからです。

(例えば、氷元素の供給により、世界の全てが氷に覆われ始めるという現象が起きております。)

原神においては数多くの「神」が登場しますが、彼らはまさに「創造神」とも呼べる存在と言えます。

「創造神」の不在と「天理」の台頭

草・氷・炎・水・雷の元素供給が行われた後、テイワットに3人の女神が降り立ちます。

しかし、この3女神は姉妹喧嘩によって『大災禍』を発生し、世界に被害を与えた後に、任期途中で全滅しております。

このことにより「創造神」が不在の時代が到来します。

この隙を突いて、世界を簒奪したのが「天理」という存在となります。

長々とご説明してしまいましたが、覚えておいていただきたいのは、

・テイワットには、「創造神」によって統治されていた時代と、「天理」によって統治されていた時代の2つが存在する

という点です。

テイワットの現状

テイワットに存在する勢力について

前述の歴史により、テイワットには大きく分けて、以下の2つの勢力が存在します。

・現在の最大勢力である「天理」グループ(7神及びその統治国の住民はこちらに所属)

・「創造神」グループ(カーンルイア、アビス、(旧)淵下宮はこちらに所属)

世界のほとんどは簒奪者である「天理」勢力によって支配されていますが、7神ではなく「創造神」を信奉する「カーンルイア(そして、そのなれの果てであるアビス)」という勢力もあります。

ちょっとややこしい話ですが、「創造神(おそらく天理も)」は外の世界の存在ですが、それぞれに所属するメンバーは、いずれもテイワットの住民となります。

つまり、この2勢力の争いは、どちらの神を信奉するかという「宗教戦争」の様相を呈しております。

「天理」グループの動向

「創造神」から世界を簒奪した「天理」側の行動原理は非常に単純であり、

・世界を簒奪したことの隠蔽

となります。

つまり、世界はもとから「天理」が支配していたということにしたいわけです。

「創造神」グループの動向

「創造神」グループの行動原理についても非常に単純であり、

・世界の奪回

となります。

長めの前提説明となってしまいましたが、この点を把握していないと淵下宮のストーリーはチンプンカンプンとなってしまいます。

淵下宮のストーリーの解説

淵下宮とはどういう存在なのか

淵下宮は、

・天理が世界を簒奪する前に、世界から隔離された地域

となります。

(おそらく、3女神の姉妹喧嘩によって発生した『大災禍』によって地の底に沈んだものと思われます。)

淵下宮という地域自体はそこまで重要ではないのですが、

・(天理が世界を簒奪する前の)「創造神」が統治していた時代の痕跡が数多く残っている

という特徴があり、それが今回のストーリーに大きく影響してきます。

魔神「オロバシ」の登場

地の底に沈んでいた淵下宮ですが、陽も当たらないような状況であり、その住民は苦しい生活を強いられていました。

そこに登場したのが、魔神「オロバシ」となります。

オロバシは魔神戦争に敗れて、たまたま淵下宮に辿り着く(逃げ込む)こととなりました。

そこで、淵下宮の住民から神として崇められ、その住民を救うために地上へと導きます。

その場所が、現在の稲妻国の海神島となります。

「天理」によるオロバシの処刑

淵下宮の住民がオロバシと共に地上に出てくる時代には、既に「天理」による世界の簒奪は終了していました。

そして、前述のように天理の行動原理は、

世界を簒奪したことの隠蔽

となります。

そのため、「創造神」の時代の痕跡を残した淵下宮は、天理としては消し去りたい存在でした。

そこで、天理はオロバシに対し、

・淵下宮から、天理が世界を簒奪する前の世界の痕跡を消すこと

・天理が世界を簒奪する前の歴史を(淵下宮にあった資料により)知ってしまったオロバシが滅亡すること

を条件に、淵下宮の住民の鳴神島への移住を認めることとしました。

それを受け入れたオロバシは、淵下宮の歴史を葬るとともに、雷神に処刑される道を選びました。

表向きのストーリーについて

ストーリーにおいて、鳴神島の「露子」から、海祇御霊祭の準備の手伝いとして、淵下宮行きを依頼されます。

この海祇御霊祭というものが、

・鳴神島の住民が淵下宮にいたころの名残(オロバシが痕跡を消し忘れた)

なのか、

・何者かの明確な意思によるものなのか

は、現状わかりません。

今後明らかになってくると思いますが、今のところは、この表向きのストーリーはあまり重要ではないように感じます。

アビスの使徒の動向について

ver2.4のストーリーにおいては、こちらの方がクローズアップされていたように思います。

前述のように、「創造神」グループの行動原理は、

世界の奪回

となります。

そのため、「創造神」グループの一員であるアビス勢力は、

・世界はもともと「創造神」が統治していたものであり、「天理」は簒奪者である

という事実を、明らかにしたいと考えています。

ストーリーに登場した炎のアビスの使徒は、その証拠を探しに淵下宮にやってきたわけです。

(おそらく目的は、オロバシが見たと思われる太古の歴史資料だと思われます。)

淵下宮のストーリー解説のまとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

本日は、ver2.4で実装された淵下宮のストーリーを、超ざっくりと説明させていただきました。

では、本日はここまでとさせていただきます。

ではでは。

関連記事

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

横島先生
こんにちわ、『横島先生』と申します。
工学の博士号を持つ異色のゲームライターです。
ネットゲーム歴は長く、「Diabro2」や「Age of Empire2」などの海外ゲームから入り、国産ゲームでは「FF11」を長くプレイしておりました。
現在はmihoyo社の「原神」に出会い、熱中しております。
皆様に有意義な情報をお伝えしたいと考えておりますので、何卒、よろしくお願いします。
twitterアカウント:https://twitter.com/yokoshimasensei