【グラブル】クリティカルにも枠がある?重複の仕様について

 ランク(順位) 神Lv1(5388
 経験値  7,932
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開1記事で10万PV10週連続記事公開125記事達成2つのカテゴリーで10記事攻略記事を40記事公開

「確定クリ」編成でもクリバフに意味はある?

武器スキルのクリティカル効果(発動確率・倍率)が、神石、マグナ統合になったことから、広く使われるようになった確定クリティカル編成。

今回はそんなクリティカルの枠、仕組みについて解説していきたいと思います!

  1. 武器クリティカルは発動時50%固定
  2. キャラLBのクリティカル、発動率の考え方は?
  3. アビリティ(バフ)のクリティカルって意味あるの?

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

クリバフはどのタイミングでかかる?

ここからは、みんな大好きグラブルダメージ計算のお時間です。

といっても、出てくるのは「予測ダメージ」、「バフデバフ」、「ダメージ減衰(ダメージ上限)」、「防御値」の4つ。まだギリギリなんとかなる?でしょうか。

バフデバフや減衰の計算、防御値の計算などはどれも「掛け算」「割り算」なので、計算する順番を入れ替えても結果は変わりません。(与ダメ系は別ですが今回はクリティカルのお話なので割愛)

ただ、予測ダメージ→バフデバフ→減衰(上限)→防御値、の順で覚えておいた方が、考え方としてシンプルでわかりやすいかもしれないですね。

クリティカルは減衰・防御値の影響を受ける

技巧装備で発生させるクリティカルは、発動率を100%にした場合、予測ダメに反映されるようになりました。

なので、上の4枠でいうと、装備による確定クリティカルは予測ダメ、その他のバフやLBなどでのクリティカルはバフデバフに入ることになります。

いずれにせよ、他の攻刃スキルや渾身スキル等と同じく、ダメージ減衰やダメージ上限、および防御値の計算対象になります。

単純に最終ダメージを1.5倍してくれる!と思っている人がいますが、残念ながらちゃんと減衰には引っ掛かっちゃうのでご注意を。

クリティカルの発動率と発動倍率について

ここで簡単にクリティカルの仕様についておさらいです。

クリティカルには、何%の枠で発生するのか、という発動率と、発動した場合ダメージが何倍になるのか、という発動倍率があります。

武器クリティカルの仕様

武器の発動率についてはスキルの組み合わせによっていくらでも変えられますが、発動倍率については固定で50%を加算、つまり1.5倍になります。

ダメージ枠について

【グラブル】ダメージ計算の基本のしくみについて

ちなみにこのはどこの枠が1.5倍なの?攻刃?渾身?方陣?となる人のために補足しておくと、クリティカルはクリティカル枠です。つまり渾身などとは別枠です。

キャラLBのクリティカルについて

キャラLBは1つのアイコン(星3)ごとに、発動率25%、発動倍率25%です。

このキャラLB、武器のクリティカルとはだいぶ異なる仕様になっています。

発動率、発動倍率共に強化される

技巧武器の場合は、スキルレベルを上げたり、両面加護にしたり、武器を並べることで「発動率」のほうは強化されますが、発動した場合の倍率は50%固定です。

一方、キャラLBの場合は、発動率、発動倍率共に強化されていく仕様になっています。

キャラLBは、基本的に星1→星2→星3と上がるにつれ上昇する効果量が下がるため、攻撃LBなどはひとつに星3つ振るよりも、攻撃LB3つにそれぞれ星1ずつ振ったほうが良いのですが、クリティカルだけは3つ振り切りましょう。

キャラLBクリティカルの効果量

発動率、発動倍率
12%
★★20%
★★★25%

数値引用:グラブル攻略wiki

ちなみに発動率は「個別」判定となっていて、クリティカルLBを4つ★3にしたとしても、25×4で100%にはなりません。25%の抽選が4回行われるようになるだけです。

確定クリティカル編成でキャラLBを振る意味はある?

あります。

キャラLBのクリティカルと武器のクリティカルの「発動率」はそれぞれ個別で計算されます。両方発動すればその分ダメージが上がるので、ちゃんと意味はあります

両方発動した場合、クリティカルの発動倍率は加算されていくので、武器クリティカルとキャラLBクリティカルが両方発動した場合、以下のようになります。

武器クリティカル(発動率100%、倍率50%加算)とキャラLBの星3クリ(発動率25%、倍率25%加算)が同時に発動した場合、クリティカル倍率は50%+25%で75%になる。

予測ダメが1.5倍から1.75倍になる、と考えたほうがわかりやすいかもしれません。

クリティカルの発動抽選は星が降られている全キャラLBで行われるので、クリティカルLBを多く持つキャラクターは、ダメージが全部発動した場合、ダメージ倍率が非常に高くなります。

キャラクターLBの発動例

キャラLB限界まで盛れるキャラ代表水着メグちゃん

キャラLBを6枠持つ水着メグの場合、25%のキャラLBすべてが発動する確率と、ひとつも発動しない確率を計算してみます。

全部発動すると150%

キャラLBが6枠(最大)まであるキャラの場合、すべて発動する確率は0.02%とかなり低め。ただし、クリティカル発動自体の期待値は上げることが出来ます。

とはいえ6つ全部振っても17.8%でクリ無しになると考えると、クリティカル発動によって追加効果を持つキャラを採用する際は、ある程度武器やアビリティ等でクリティカルの発動率を補助したいですね。

奥義やアビリティのクリティカルは重複する?

します。

武器クリティカルやキャラLBクリティカルと、アビリティや奥義効果で付与できるクリティカルバフは重複して効果を得ることが可能です。

バフ同士の重複については「枠による」

よく同時に編成されるキャラで例をあげると、浴衣ザルハメリナとリミジャンヌの3アビが両方とも20%の確定クリティカルバフになっています。

こちらは両方とも「光属性キャラ」全体に撒くバフだからなのか、共存せず上書きされてしまいます。

一方で、奥義枠になるからなのか、対象が「味方全体」だからなのか、最終ソーンの奥義効果であるクリティカルバフは共存可能です。

「よくフロント採用されている複数キャラが、全体確定クリティカルのバフを撒ける」属性は現時点では光パだけだと思っているのですが、キャラが増えていくソシャゲの特性上、他属性でも今後発生はしていきそうなので、仕様自体は覚えておいて損はないと思います。

クリティカル重複の仕様まとめ

  • 武器クリティカルとキャラLBクリティカルは共存可能
  • クリティカルの発生率は個別判定
  • クリティカルの発生倍率(ダメージ率)は加算
  • 戦闘中のバフも武器、キャラLBのクリと共存可能
  • クリティカルのバフ同士は、枠が重なると上書き
  • クリティカルダメージも減衰(上限)の対象

技巧武器を取り入れる際は確定クリティカルにするのが主流になり、扱いやすいイメージも強いクリティカルダメージ。

ですが、本来はキャラLBや各キャラが持つクリティカルバフのように、発動が不安定でちょっとピーキーなスキルとなっています。

ダメージの期待値が大きく上昇するにも関わらず、古戦場などではキャラLBを外す人が多いのも、「ダメージがぶれて安定化させにくい」から。

キャラクリティカルのLBを使用する際は、どれくらいダメージがぶれるのか、等も考慮した上で編成を考えていけると楽しくなるかもしれませんよ。

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

大納言あずき
大納言あずき
グラブルとグラブルのお姉さんが大好き
やること多すぎて最近何から手を付けていいかグルグル。
整理がてら記事を上げていくので、見ていっていただけると嬉しいです。