【グラブル】水属性『ソシエ』最終上限解放実装!性能は?

 ランク(順位) 傭兵(162388
 経験値  238
獲得バッジ

水属性『ソシエ』に最終上限解放実装!

4/9に水属性『ソシエ』の最終上限解放が実装されました!

加えて、基礎性能も一部修正が入ったことでかなり使いやすくなったと感じます。

基礎性能の修正前後含め、最終上限解放後の性能を紹介します!

  • 修正前はシンプルなアビリティ構成、フルオート適正が低いため、現環境ではスタメン入りが難しい
  • 修正後はフルオートにも対応可能、回復が自動発動に
  • 上限解放後は奥義回転率のさらなる加速に!

修正前の性能は?

水属性のソシエは回復・デバフの役割を持っています。

アビリティ構成がシンプルなため扱いやすいキャラクターでした。

回復・デバフに加え味方強化も可能

ソシエは味方支援・敵弱体化に特化したスキル構成です。

1アビの回復に加えて、味方へ攻撃バフの付与。

2アビ、3アビでは敵に対し、攻防ダウン、特殊技発動遅延が可能です。

修正後も大まかな性能に変わりはありません。

奥義発動で1アビが全体化

奥義ダメージについては平均的な性能をしています。

しかし、奥義発動後に前述した1アビを発動すると、効果対象がソシエ単体ではなくパーティー全体化へ変更します。

更にパーティーの生存率が上がる点に加え、味方全体に追撃効果を付与できるため火力アップにもつながります。

現環境ではスタメン入りはあまりなかった

キャラがそろっていない間は重宝されるキャラクターです。

しかし、現環境ではアビリティがシンプルすぎるがゆえにパーティーに入ることが少ないキャラクターの一人です。

スタメン入りしない大きな理由の一つとしてフルオートで扱いにくいという点があります。

フルオート周回ではアビリティ発動・攻撃をすべて自動で行ってくれます。

何かしらの作業や、他のゲームをやりながらグラブルをプレイできるため一部のユーザーには重宝されている機能です。

水属性ソシエの1アビは強化効果こそあれど、回復アビリティ扱いとなるためフルオート時発動しません。

現在、水属性の回復役としてフルオートで味方の回復ができるという点ではリリィの一強状態です。

強化効果やデバフについても他のキャラクターで事足りてしまうことが多いため、フルオート編成へ組み込むことが難しいのが現状です。

最終上限解放に合わせた基本性能の修正

最終上限解放による強化の準備として、基本性能にも修正が入りました。

素材が足りない等の理由でまだ上限解放できない場合でもかなり使いやすくなっています!

1アビの自動発動が可能に!

今まで、奥義発動後に1アビが全体化されていましたが、常時全体化へと修正されました。

修正後の追加要素として、奥義発動時に「夜凪の儀」という効果を得ます。

「夜凪の儀」が付与されているタイミングで敵が特殊技を発動すると、カウンターで1アビが発動するようになりました!

フルオートで使えない問題が解消され、回復役の候補として一気に名乗りをあげてきました。

サポアビも大幅な修正、奥義PTの編成候補に

修正前のサポアビは「味方の連撃率アップ」というとてもシンプルな効果でした。

初期実装キャラにありがちなサポアビである点と、武器編成や他キャラのアビリティで確率アップできる内容のためあまり恩恵を感じることはありませんでした。

しかし、修正後はガラリと内容が変化。

「敵が特殊技発動時に味方全体の奥義ゲージ20%アップ」へ変更されました。

ソシエ自身、奥義と1アビを合わせた自動回復がしやすくなります。

加えて、水属性には奥義ゲージ200%持ちのヴァジラがいます。

ヴァジラは奥義ゲージを溜めやすいキャラクターかつ、連発しやすくなりました。

最終上限解放後の性能は?

では、実際に最終上限解放後の性能を紹介します。

最終上限解放をすることで、レベルが80から100まであげることができます。

そのため、基本ステータスである攻撃力、HPの基礎値も上がります!

奥義効果に幻影が追加

最終上限解放後は奥義発動で味方全体に「幻影」効果を付与します。

「幻影」は敵のダメージを1回分無効化できます。

しかし、1回の攻撃が多段の場合、はじめの1回のみ無効化となるため注意が必要です。

多段ではなく、単発であれば防ぐことができるので、高火力の一撃を放つ敵に有効となりました。

攻防デバフがさらに強化

2アビが攻防ダウンのみの効果でしたが、2回目以降に発動すると別枠のデバフで敵を弱体化することができるようになります!

弱体化する数値が決まっている通常のデバフに加えて、重ねがけすることで徐々に弱体化していく効果が増えました。

敵によっては、通常の攻防ダウンは無効化するが、重ねがけする方の攻防ダウンは効く場合があります。

そのため、高難易度用PTにも組み込みやすくなりました。

特殊デバフ「狐火」の付与が可能に

3アビの水属性ダメージと敵のCTダウンに加えて、敵に「狐火」を付与できるようになりました。

敵に「狐火」を付与することで、敵の攻撃ミス、HP減少(スリップダメージ)させることができます。

他にも、特殊技ダメージ減少も付与できるため、PT生存率がさらに上がります。

サポアビも追加!

敵の特殊技発動時の奥義ゲージ20%に加えて、もう一つサポアビが追加されます。

先ほど紹介した「狐火」が付与されている敵に対して、味方全体の連撃率アップ・奥義ゲージ上昇量アップの効果が得られます。

「奥義ゲージ上昇量アップ」は通常攻撃時に得られる奥義ゲージ増加に一役買います。

加えて、アビリティや奥義による奥義ゲージ増加に対しても効果があります。

ソシエだけで、奥義ゲージ増加+奥義ゲージ上昇量の2つが賄うことができるようになりました!

最終上限解放前よりも味方全体の奥義発動回数がぐんっと上がります。

相性のいいキャラクターは?

PTは一人だけでは成り立ちません。

個人的に組み合わせると立ち回りがうまくなりそうだなというキャラクターを紹介します!

①ヴァジラ

サポアビ紹介で少し紹介しましたが、かなり相性が良いと思われます。

ヴァジラは奥義ゲージ200%持ちです。

ヴァジラ自身も奥義ゲージ増加のサポアビも持っています。

加えて、ヴァジラは奥義ゲージを消費することで1ターン中に2回行動、追加ダメージを与えるアビリティを持っています。

ヴァジラに対して、安定した奥義ゲージ配布ができるため、ヴァジラを軸に高火力なダメージを敵に与えることができます!

②ユエル(水属性)

ユエルは水属性以外にも実装済です。

ユエルも敵に対して「狐火」を付与できるアビリティを持っています。

手動で周回する場合は、ソシエとユエルで交互に「狐火」を敵に付与し、お互いのサポアビを長時間活かすことが可能です。

また、性能面から少し話はそれますが、グラブルは関係性のあるキャラクターを一緒に編成すると戦闘中に掛け合いボイスを聞くことができます。

ユエルとソシエは幼馴染なので、一緒に編成すると特殊ボイスがあります!

息の合った二人の連携で敵を倒すというのも楽しいので、ぜひ一緒にクエストへ連れまわしてください!

リリィ(最終上限解放後)

水属性の編成には高確率で入ってくるキャラクターです。

水属性はHPが多いほど火力が上がる渾身編成を組むことが多いので回復は重要となります。

リリィは自動発動の回復に加えて、味方全体の弱体効果解除、火属性ダメージ70%カットを持っています。

ソシエの自動発動回復と、奥義効果の幻影を用いることで、HPを維持しながら戦いやすくなります。

しかし、回復役ばかり入れてしまうとPT全体の火力が心許ないため、使い分けでどちらか一方にするのがおすすめです。

さいごに

初期実装のキャラクターは現環境で活躍しにくい状態になっています。

救済措置として、定期的なバランス調整(修正)や、こうして最終上限解放の実装が行われます。

つまり、レベル1のまま放置されているキャラクターも超強化される可能性があります!

レベル上げすることで多少のガチャ石ももらえるので、キャンペーン等利用してコツコツとレベル上げしてイベントに備えましょう!

【グラブル】ベルゼバブHL ソロ討伐おすすめ編成

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト