【グラブル】水着イルノート性能チェック!【ぶっ壊れ】

 ランク(順位) 仙人(2379
 経験値  7,779
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開1記事で10万PV10週連続記事公開125記事達成2つのカテゴリーで10記事攻略記事を40記事公開

古戦場前最後のフェスです


古戦場ってどれだけ準備してきたかの発表会みたいなところがあると思うんですよ。

でも、前回のガチャにガレヲン追加、今回で水着イルノートってことで、これはちょっと流石にしんどいです運営さん。

というわけで、今回は水着イルノートさんの性能チェック回です!「パーツが揃ってない人には扱いが難しい」とも言われているようですが、実際どんな感じの性能なのか、一緒に見ていきましょう。

  1. 片面黄龍でお手軽ミムメモアラナン砲
  2. たった1ポチで下限、回復不可のデバフ付与
  3. 奥義でスロウ/ディスペル2連

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

フロント起用で開幕効果あり


水着イルノートさんは、フロント起用するだけで、バトル開始時に40%の奥義ゲージ補助があります。

つまり、団サポの30%と併せて全員が奥義ゲージ70%スタート。あと30%は、片面黄龍やツチノコで開幕100%にするもよし、長期戦想定で初動ウリエル召喚でもよし、(強いかはさておき)無凸マンモスとかで2番手に十天衆を置いて3チェ、なんてこともできますね。

奥義ゲージをポチなしで補助できる、というのはそれだけでも土の苛烈なフロント争いに加われるレベルです。

奥義ゲージを消費してTA+追撃


アラナンやフェリと同じ、味方全体の奥義ゲージを消費してTA+追撃をばらまくアビリティです。

効果も4ターンとアラナン、フェリと同じ。先ほど紹介した開始時ゲージ40%補助と併せ、ほんの少しの手間をかけるだけで開幕起動も容易です。

土はそもそも通常攻撃にアサシン効果を乗せられるクリスマスナルメアや、2回行動可能なフィオリト、ベアトリクスが存在。(ゼタラガやミレリゼは自前でTA確定できるので除く)

更にゴリラやマンモスといった追撃付与手段も豊富だったため、安定しない連撃率がネックな属性でした。

武器スキルやガレヲン、指輪、耳飾りの厳選やLBなどを使用してなんとか「DA確定」させたキャラクターをスタメンで使う、なんてこともザラだっただけに、キャラを1枠潰すとはいえ、任意のキャラクターに、奥義ゲージなんていう軽い代償のみで4ターンもTA+追撃を付与できるのはもう、ぶっ壊れれといってしまっていいのではないでしょうか。

水着イルノートさん引けたらもしかして方天とらなくていい?

肉集めにも採用可能


AT時はナルメア2ポチ、もしくはツープラのみで周回する勢以外は奥義軸を検討する必要があるATの肉集め編成。

ナルメア13での周回の場合も「カウンター込みで周回の場合は硬直が発生する」というのもあり、悩んでいた人も多かったはず。

このAT期間に2アビでゲージを全回収し、全員がTAで殴る、というムーブができるのは非常に手軽です。TA率を考慮せず、単純に追加ダメージのあるキャラや火力の高いキャラを採用できる他、ナルメア3も使うなら装備ハードルは大幅に下がります。

アビポチ1つでリセットされないデバフ下限


敵に防御力50%DOWN(下限/回復不可)を付与、というぶっ壊れアビリティ。

回復不可の防御50%Downの強さは、十賢者ニーアが戦闘不能時に敵味方に付与する残執効果で証明済みです。

特に対古戦場ボス戦においては、HPトリガーによるデバフリセットをどう対処するかが大きなポイントになってきます。

それを、1人で4ターンものあいだ、相手のデバフリセットを気にせず一方的に下限付与はあまりに強すぎではないでしょうか。

古戦場特攻の行動阻害性能


HPトリガーで付与される厄介なバフをはがせる「ディスペル」は、正直普段使いでは微妙ではあるものの、対古戦場ボス戦においては非常に特攻力の高い能力です。

昨年の土古戦場戦においても、150hell戦では奥義時にディスペル+スロウ効果を持つ水着シルヴァが採用されているケースが多くありました。私も非常にお世話になったことを覚えています。

更に被タゲするだけ、という軽い条件のみで2連発動も可能。アビリティには土属性攻撃効果もあるため、奥義時の追加ダメージソースとしても充分に期待できる性能です。

3アビの再発動不可や2アビのリキャストの長さから、両面ティタやティタ×ゴリラなどでは早めに退場してもらう運用になりそうではあるものの、片面黒麒麟を使用して2アビを再度使用する短期運用であれば、途中で踏み抜いたトリガー対策が1アビのみでできそうなのは大きいですね。

もちろん実際の敵の行動次第ではあるものの、敵通常が全体だった場合は確実に2連ディスペルが発動できそうなのは魅力的です。

2枚以上のディスペルが絶対に必要になりそうな敵であった場合、アナザーサンダルフォンとどちらを採用することになるかの選択にはなりそうです。どちらもフルオート向きではないので、あくまで手動での選択といったところでしょうか。

今後のガチャスケジュール

ガチャは計画的に!!

8月末の水着期間中、今回7月中盤の「グランデフェス」、古戦場後、7月末の「レジェンドフェス」、8月中盤の「グランデフェス」、例年水着ごちゃ混ぜ&リミピックアップ無しの「レジェンドフェス」と続きます。

無料ガチャ期間は今後も続きますし、例年通りであれば今年もまだまだ水着キャラクターは石の追加も控えているという、非常に悩ましいスケジュール。

私は走る予定の古戦場前最後のフェスだったこともあり回してしまいましたが、リミのピックアップは「ワールドエンド」と「セラステス」という癖のある武器ということもあり、万人にお勧めできるかは悩ましいガチャです。

古戦場を本気で走る人、アナザーサンダルフォンが欲しい人以外はスルーでいいかもしれません。

まとめ

古戦場直後のフェスで実装でもこの性能なら普通にガチャ回ったと思うんですけど、そこのところどうお考えですか運営さん。

使いにくい、装備やキャラが揃ってない人には扱いきれない、といった意見もあるようですが、私は比較的素直で扱いやすい性能だと感じました。

ベアトリクスを持っていればもっと楽しかったのかなーとは思いますが、むしろパーツや装備が揃っていない人、DAを確定させるためのイヤリングの厳選などが面倒な人向けではないでしょうか。

というわけで、皆さんもガチャは計画的に!私は引けなかったため、何とか水着シルヴァさんやTAキャラで代用して乗り越えたいと思います。眼鏡年上お姉さん、欲しかったぁ…。

【グラブル】石油武器って何?おすすめは?【スペリオルシリーズ】

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

大納言あずき
大納言あずき
グラブルとグラブルのお姉さんが大好き
やること多すぎて最近何から手を付けていいかグルグル。
整理がてら記事を上げていくので、見ていっていただけると嬉しいです。