【グラブル】火有利古戦場に向けて準備したいもの【マグナ向け】

 ランク(順位) 神Lv1(4368
 経験値  7,903
獲得バッジ
まとめ記事を10記事公開1記事で10万PV10週連続記事公開125記事達成2つのカテゴリーで10記事攻略記事を40記事公開

次回古戦場は火有利!


風有利は11月に飛ばされる形に
次回の古戦場は火有利、9月8日(水)から開催ということで、今回は早めに日程込みで発表されました。

準備期間は短くはあるものの、夏の半額CPにほとんど被っている状態の為、特にドロップや周回アイテムで装備を揃えていくマグナ勢は、この期間にやることがたくさん!どれだけ準備を進められたかで戦力に大きな差が出そうです。

ドロップ武器を中心に編成を作るマグナは、神石(アグニス)編成と違って、この装備を入れたいな、と思ってもすぐに作れないのがネック。直前で困らないように、準備はしっかりと進めておきましょう!

  1. 十天衆加入&最終、賢者加入を進めよう
  2. 高難易度武器は天司、終末、アスポン、ドラポン作成を優先
  3. 武器ドロップはニーラカンタ、オッケを狙おう

この記事は5分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね!

キャラの手持ちは最重要


所持しているキャラクターによって、できること、敵の倒し方(ムーブ)が大きく変わってくる古戦場。

何十万もの人がまったく同じ敵を殴り続けるため、装備に多少の違いがあったとしても、同じ所持キャラクターや所持石を用意できれば、マネできる動きは少なくありません。

その「敵を倒すための動き」で非常に重要となるキャラクターは、直前で必要となっても入手が不可能なケースが多く、できるだけ多く確保しておきたいところ。

夏は様々なキャンペーンが開催されていますので、日程をしっかりと把握し、ガチャ計画を立てるようにしましょう。

エッセルの強化も進めたい


最終上限解放をすることにより、10T目に超強力なバフをばら撒いてくれるエッセルは、過去の火古戦場で毎回大活躍しています。

8月には超越も予定されており、強化内容によっては最速編成に入る可能性もあるエッセルはできれば用意しておきたいところ。

未最終の場合、最終、超越で少なくともヒヒを2つ持っていかれるのは非常にツライところですが、もし準備が可能そうであれば、頑張って強化を進めていきたいキャラクターです。

超越140は全員の最終上限解放が条件


超越130の強化内容が非常に気になるところではありますが、それに加えて次回は超越140、150が同時開放です。準備することが非常に多いですね!

エッセルの超越を予定している人は、8/20にすぐ強化、レベリングに入れるよう、朽ち武器や星晶の欠片等の時間がかかりそうな素材を揃え、すぐにレベリングできるようにしておきましょう。

金月などの緊急レベリング手段が残っていない人は、経験値の美味しい5凸武器(ジョブ武器やマグナ武器など)を量産しておくといいかもしれません。

石の性能も考えるとアラナン加入も重要


味方全体に攻撃行動2回を付与できる召喚石サンと、強力なバフ、デバフ、味方全体にTA+追撃を付与できる賢者アラナンのシナジーは超強力。

バースト手段は多いほうがいいため、ぜひとも取得しておきたいですが、こちらも金剛晶や玉髄の要求があり素材は重めです。

金剛晶と玉髄両方の手持ちがあっても、直前にまとめて入手するのは難しい素材の要求があるため、加入予定の方は前倒しで進めておきましょう。

余裕があるならフラウの準備も


回復とアビリティダメージ、デバフといった役割がこなせる賢者フラウ。

彼女が前回の古戦場で大暴れした、という印象はないのですが、至賢の領域が実装され、武器の性能も面白いため注目が集まっている印象があります。

マグナで彼女、および礎武器を使いこなせるかどうかは疑問ではありますが、可能であれば加入、およびサンドボックスでの強化も進めていきたいですね。

ドロップ武器よりショップ入手武器を優先


様々な武器の為に周回を余儀なくされるマグナ編成ですが、ドロップ武器集めと並行して、ショップ交換や特殊武器強化を経由する強力な武器の入手・強化は早めに着手しておきたいです。

天司武器の強化


天司武器のSSR化、および4凸は最優先です。火力の伸び幅が違うので、必要な素材は必ず確認しておくようにしましょう。

終末武器の作成も計画的に!


天破の祈りが実装されたことにより、高難易度クエストのみでドロップする専用素材の入手難易度は、バブHLクリアが必要なアスポンより低くなりました。

第三スキルでマグナ編成と相性のいいチェイン系を付けたければベリアルHLのクリアが必要ではあるものの、汎用的かつ強力な渾身、背水スキルなどはルシHL討伐のみで入手できますので、ヒヒイロカネなど他素材が用意できるのであれば、積極的にチャレンジしましょう。

アストラルウェポンの作成


火属性のアスポンはTA時に追撃が付与される、というもので、火力に直結しやすく強力です。

ベルゼバブHLのクリアが必要になるものの、1度作ってしまえば終末と違ってスキルの付け替えが不要で、片面や両面関係なく、どの編成にも無理なく組み込むことができます。

火属性はドラポン作成も視野


終末武器と同時編成できないため、終末が作れる場合は素材や時間に余裕があれば、になってきそうですが、奥義効果が非常に強力なドラポン作成も選択肢のひとつ。

本戦中フルオートの時間が長くなりそうな層は、念のため用意しておきたいパーツだと思います。

ドロップ武器狙いの周回もコツコツやろう


私もここがネックになりそうです
シヴァからドロップする新レガリア武器、ニーラカンタは渾身大持ち。HPを上昇させる守護もついていることからぜひともドロップさせておきたいです。

ですが、新レガリア武器は非常に、非常にドロップが渋いのも特徴。毎日自発を忘れず続け、時間があるときは救援も参加していきましょう。

オッケはショップの交換も検討しよう


編成によっては4~5本要求されることもあるオッケは、ショップ交換も視野に入れてコツコツ増やしていきましょう。

上限解放のアニマも足止めになりやすいポイントなので、自発も忘れずに進めたいです。

シヴァ槍編成が話題


シヴァHLからドロップする武器「ブラフマントライデント」(通称シヴァ槍)を複数(4本)使用する1ポチ+ツープラ肉集め編成が話題です。

誘惑チェインを付けた終末+シヴァ槍4本+オメガ拳+虚空拳+ラインハルザのサポアビ+覚醒レベルを使用してTA確定まで持っていこう!というもの。

シオン未所持のマグナだとおそらくこの編成が早そうですね。

シヴァ槍4本を作っている人はほとんどいないと思うので、こういうのを見ると早めに肉集め編成を作っておくのも大事だなと思います。

アーカルム(砂箱)について


賢者加入後もやたらお世話になるアーカルム。

特に賢者の「至賢の領域」を進めるには、対応する礎武器の上限解放が必須です。

更に上限解放で至賢Lvを上げたとしても、更に領域開放時に素材を要求されるため、アーカルムもサンドボックスもどちらも周回を続けなくてはいけません。

APと別で毎日回復するアーカルムチケット、およびAAP分は消費できるようにしておきたいですね。

武器掘りはかなりの周回が必要


サンドボックス周回時にEXスキル付きのマグナ武器がドロップします。

このEXスキルが渾身3のコロ杖がドロップすれば大当たり!ぜひ使用しているコロ杖にスキルを継承してしまいましょう。

ただ、この渾身3スキルのみ狙って砂箱を周回するのはかなり辛いです。まともに武器がドロップしない上、どのEXスキルが付くかは運次第。

賢者取得や礎武器の強化などのついでに武器掘りが進められるといいですね。もちろん、終末などの武器強化、エッセルの超越素材用意や賢者の領域開放など、やることが終わって時間がある場合はぜひともチャレンジしたいです。

レベル上げ

【グラブル】キャラクターのレベル上げ方法と必要アイテム数

プレイヤーレベル300(カンスト)で、弱体成功のLBが獲得可能になることから、キャンペーン中はレベル上げも頑張りたいです。

十天衆の超越をするならそれ関連で各種クエストの周回もするでしょうし、忘れずに雫を炊くようにしましょう。

ミスト外すとタイムが全然違うので、これもキャンペーン中に頑張っていきたいです。

まとめ

やることが多すぎる古戦場準備、みなさんどんな感じでしょうか。

ベリアルHL実装で付与できるようになったチェインが非常に強力なので、神石、マグナ問わず終末武器の2本持ちも珍しくなくなってきましたね。

私は今回はマグナで古戦場に挑むことになりそうなので、チェインどれだけ使うかわからず、付け替え用に専用素材を幾つ確保しておくかも悩みどころ。

長いようで短い1か月ちょっとの準備期間、楽しみつつ頑張っていきましょう!

【土古戦場】グラブル2200万編成【神石編】

【イチ推し】世界中で大人気の本格RPG!
奥深い戦術性が中毒性バツグンの爽快コマンドバトルの傑作!

RAID:Shadow Legends

月に10本以上のゲームをプレイしている編集部が【おすすめのゲーム】をご紹介するコーナーです!

「Raid: Shadow Legends」は、基本プレイ無料の王道ターン制アクションRPG。

なんと、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

また声優陣も「Mass Effect」「ウィッチャー3」などで活躍するベテラン海外声優陣が担当!

Raid: Shadow Legendsのキャラクター達

300以上のプレイアブルキャラクターが登場し、それぞれスキルや属性、装備品などの組み合わせ方により全く違った戦闘スタイルへと変化できるのが特徴です。

そんな奥深いストーリーと育成要素、そして戦略的なコマンドバトルが見事に融合して生まれた本作。

課金要素もありますが、もちろん無料でも十分楽しめます!(私は無料派)

レビューも驚異の4.5(5.0満点)! 編集部もみんなでハマってます!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

レビューのご紹介

レビューレビュアー
キャラのデザインがカッコいいです。一年以上やっていますがまだまだ先が見えないほどやりこみ要素があります。
レビューレビュアー
課金が必要など書かれている方もいますが、優先順位を間違えなければ、非課金であっても十分楽しめますよ。 やり込んでないからわからないだけ、急ぎ過ぎなんですよ。日本のゲームみたいにインフレしないのが、このゲームの素晴らしい所。
レビューレビュアー
画や背景が綺麗ですし、やり込み要素もあるので ゆっくりやりたい人やジミジミやりたい人 にはオススメです。 課金もありますが、無課金でも程々に強いのも召喚で当たったりしました。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて! /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

美麗なキャラ達で彩られる重厚な世界感

Raid: Shadow Legendsのドラゴン

魅力的なキャラクターと重厚な世界観を美麗なグラフィックで表現した「Raid」。

ゲームを始めた直後から、無料ゲームとは思えないほど大迫力の演出が目白押しです!

ストーリー面については、少しダークなファンタジーで重厚な印象。

ただし、キャラクターが冗談を言いながら戦う姿は、アメコミのようなちょうど良い温度感のストーリー展開が私の好み!

しかも、ストーリーを手掛けたのは全米脚本家組合主催の賞にノミネートされ「アサシン クリード シンジケート」を制作した Paul C.R. Monk 氏

(どんどん沼っていく理由が分かりました…)

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

戦略性のある中毒性があるバトル!

Raid: Shadow Legendsの戦闘風景

何も考えずにクリアできる最近のゲームはつまらないと思っている方は必見!

戦闘はゲージが貯まった人から行動できるターン制バトルですが、よくある一般的なものではありません。

編集部のAさんは当初、適当にチームを編成してクエストに突撃したら、まさかの全滅!笑

戦闘で重要なのは、「属性」と「バフ・デバフ」の相性です。

クエストで出現する敵の情報を見て、有利属性、デバフやバフの組み合わせを考えながらチームを編成してきます。

また、自分の好きなように育てることもできる「育成」も戦略上、とても大事な要素になってきます。

そんな戦略性のあるバトルにとにかくハマること必至。

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

遊び尽くせないほどの豊富なコンテンツ

Raid: Shadow Legendsのコンテンツ

Raidは、「豊富なコンテンツ」が魅力のゲームです。

主なコンテンツは、この6つ!

  • ゲームのメインコンテンツ「キャンペーン」
  • 強化素材集めにピッタリ「ダンジョン」
  • 激しいクリプト争奪戦「ファクションウォー」
  • ライダルに打ち勝て「アリーナ」
  • 皆で強大なボスに挑む「クランボス」
  • 報酬を目指して駆け上がれ「ドゥームタワー」

特に、メインである「キャンペーン」のストーリー数だけでも、かなりの歯ごたえ。

編集部の私も、会社帰りや寝る前に毎日プレイしていますが、未だに飽きがきません

無料ゲームで、ここまでコンテンツ量が多いのはかなり珍しいと言えるデキ。

1つのゲームをじっくりプレイしたい方には「間違いなしの作品」です!

注※ PCからアクセスしてください。スマホからではページが開きません。

\ まずは試しにやってみて /

RAID: Shadow Legends 公式サイト

ライター紹介

大納言あずき
大納言あずき
グラブルとグラブルのお姉さんが大好き
やること多すぎて最近何から手を付けていいかグルグル。
整理がてら記事を上げていくので、見ていっていただけると嬉しいです。